『ドクター・デスの遺産』(中山七里)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2023/09/11 『ドクター・デスの遺産』(中山七里), 中山七里, 作家別(な行), 書評(た行)

『ドクター・デスの遺産』中山 七里 角川文庫 2020年5月15日4版発行

警視庁に入った1人の少年からの通報。突然自宅にやって来た見知らぬ医師に父親が注射を打たれ、直後に息を引き取ったという。捜査一課の犬養刑事は少年の母親が 「ドクター・デス」 を名乗る人物が開設するサイトにアクセスしていたことを突き止める。安らかで苦痛のない死を20万円で提供するという医師は、一体何者なのか。難航する捜査を嘲笑うかのように、日本各地で類似の事件が次々と発生する・・・・・・・。人気シリーズ第4弾! (角川文庫)

ドクター・デスの遺産は、難病を抱える娘を持つ捜査一課・犬養隼人刑事が、部下の高千穂明日香とともに、末期患者らの安楽死を二十万円で請け負うドクター・デスの逮捕劇を描いた中山七里氏の 刑事犬養隼人 シリーズ第四弾だ。その闇の人物とは誰なのか。悪魔、それとも聖人か。

犬養は、一人の刑事、そして一人の父親として、死を間近に控える患者の尊厳に立ちはだかり、葛藤する。それと同時に読者も、これまでとは異なる視点で安楽死を見つめ直すに違いない。
中山氏は、警察と安楽死依頼者たちの倫理的ギャップを緻密に映し出し、スリリングな見せ場とともに法を超えた人間の尊厳について、問題提起しているように見える。つまり、「生きる権利だけに目を向けがちな現代社会で、個人が望む死ぬ権利を法が支配できるのか、という問いかけのようでもある。(解説より/宮下洋一・ジャーナリスト)

「死ぬ権利」 という言葉で、父を思い出しました。父が亡くなったのは、長患いの末のことでした。

食事は流動食で鼻からになり、口もきけなくなっていました。一切の反応がなく、ただ眠っている (ように見える) だけの毎日でした。緊急入院して、二年四ヵ月になろうとしていました。それが私の父の最期の日々でした。

「鼻からの食事は痰が詰まりやすいので、そろそろ胃瘻に切り替えましょう」 と先生から言われました。「そんなんだ」 と思い、「はい」 と答えました。治る見込みはないにせよ、治療の順番からいうとそういうことなんだろうと自分を納得させました。

しかし、「親父は、本当はもう死にたいんだろうな」 心の中でそう呟いたのは、病室から先生が出て行ったあとのことです。

正体不明の犯人が特定されてからのクライマックスは、凄まじい。なぜ、その闇の人物が安楽死を繰り返すのか。その背景には、戦地で悶絶する重傷者たちの生死をコントロールしてきた過去に由来した。

国や状況によっては、安楽死を正義と見なしたり、殺人と見なしたりする。戦争という舞台を織り交ぜることで、日本における 「死ねない患者」 たちこそが、尊厳のない戦傷者たちに等しいことを、著者は揶揄しているのかもしれない。(解説の続き)

その頃、(私も妻も不勉強で) 延命治療について、どこまでが “普通” の範囲で、どこからが “延命” のための治療なのかが、よくは理解できていませんでした。病院の先生の言いなりに、とりあえずはそうするしかないと思っていました。

ただ呼吸をしているだけの父でしたが、先生に対し、「もう何もしなくていいです」 とはどうしても言えませんでした。父が亡くなったのは、発病してから四年三ヶ月後のことです。満76歳でした。

※この作品は、極上のエンターテインメントでありながら、その枠組みを凌駕して、我々読者に対し、生々しい、それ故易々とは答えの出ない究極の質問を投げかけています。

死ぬか、生きるか。それは誰が決めるのでしょう? 死にたいと思い、なお死に切れない場合、他人の手を借りて死のうとするのを、あなたは責めることができますか? それとも、見て見ぬふりをするのでしょうか・・・・・・・

この本を読んでみてください係数 85/100

◆中山 七里
1961年岐阜県生まれ。
花園大学文学部国文科卒業。

作品 「切り裂きジャックの告白」「七色の毒」「さよならドビュッシー」「闘う君の唄を」「嗤う淑女」「魔女は甦る」「悪徳の輪舞曲(ロンド)」「連続殺人鬼カエル男」他多数

関連記事

『通天閣』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『通天閣』西 加奈子 ちくま文庫 2009年12月10日第一刷 織田作之助賞受賞作だと聞くと

記事を読む

『私に付け足されるもの』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『私に付け足されるもの』長嶋 有 徳間書店 2018年12月31日初版 芥川賞、大

記事を読む

『ドアの向こうに』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『ドアの向こうに』黒川 博行 創元推理文庫 2004年7月23日初版 大阪南東部の橋梁工事現場

記事を読む

『十七八より』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『十七八より』乗代 雄介 講談社文庫 2022年1月14日 第1刷発行 注目の芥川賞候補作家

記事を読む

『ぼくは落ち着きがない』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『ぼくは落ち着きがない』長嶋 有 光文社文庫 2011年5月20日初版 両開きのドアを押して入

記事を読む

『窓の魚』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『窓の魚』西 加奈子 新潮文庫 2011年1月1日発行 温泉宿で一夜をすごす、2組の恋人たち。

記事を読む

『ただいまが、聞きたくて』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『ただいまが、聞きたくて』坂井 希久子 角川文庫 2017年3月25日発行 埼玉県大宮の一軒家に暮

記事を読む

『たそがれどきに見つけたもの』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『たそがれどきに見つけたもの』朝倉 かすみ 講談社文庫 2019年10月16日第1刷

記事を読む

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第1刷 女性の困窮と憤怒を

記事を読む

『ダブル』(永井するみ)_極上のサスペンスは日常から生まれる

『ダブル』永井 するみ 双葉文庫 2020年2月15日第1刷 被害者女性の特異な容

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑