『密やかな結晶 新装版』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『密やかな結晶 新装版』小川 洋子 講談社文庫 2020年12月15日第1刷

密やかな結晶 新装版 (講談社文庫)

記憶狩りによって消滅が進む島。人々は大切な物を、そして自分自身を、失っていった。

その島では、記憶が少しずつ消滅していく。鳥、フェリー、香水、そして左足。何が消滅しても、島の人々は適応し、淡々と事実を受け入れていく。小説を書くことを生業とするわたしも、例外ではなかった。ある日、島から小説が消えるまでは・・・・・・・。刊行から25年以上経った今もなお世界で評価され続ける、不朽の名作。(講談社文庫)

2019年全米図書賞翻訳部門最終候補作
2020年ブッカー国際賞 最終候補作

小川洋子の小説にはよくあることですが、それがどこの国の、どんな島のことかはわかりません。行われる 「消滅」 は、明らかに 「はく奪」 を意味します。あらゆるものが消滅し、それが現にあったという記憶までもが消滅します。

密やかな結晶は架空の島が舞台となっている。この島の人々は島にいる限り、心の中のものを順番に、一つずつ失くしていかなくてはならない。消滅が静かに進んでいく島の物語はまったくの虚構でありながら、どこか懐かしく、いつか見た風景に似ている。遠い過去の、ほの明るい記憶に似ている。たとえば、秘密警察への協力を拒み、隠れ家に逃れようとする乾家族との別れ、主人公の わたしが乾家の八歳の男の子の爪を切る場面。

永遠の別れになる予感を孕みながら、ひととき、彼らはささやかな時間を共有する。夜の静寂の中でパチパチと響く爪切りの音が、僕の耳底に聞こえてくる。そして、僕は僕の過去の記憶を呼び覚ます。子どものころ、父が僕の爪を切ってくれたことを思い出す。廃品回収業を営んで、日々の暮らしに追われていた父がその時、なんで僕の爪を切ってくれたのか記憶が定かではない。けれど、父が僕の指を傷つけないよう注意深く、爪を切る横顔を鮮明に記憶している。爪切りのパチパチ響く音を覚えている。あれもたしか静かな夜だった・・・・・・・。

密やかな結晶 は消滅の物語であるけれど、同時に消滅できない者の物語でもある。わたしが思いを寄せる編集者の R氏は、わたし の母と同じく消滅したものを記憶する者、忘れることのできない者である。彼らは記憶しているがゆえに、迫害され、粛清される。

そこにユダヤ人差別やホロコーストの影を、在日韓国人である僕はどうしても色濃く見てしまう。小川洋子さん自身もアンネの日記 を愛読していたことが、密やかな結晶を書くきっかけであったと明言している。(鄭義信/解説より抜粋)

ある日、身近にあった物々が忽然と消えてなくなる。それと同時に人の記憶からも消えてしまう。つまりは、(そんなものは) 端からなかったことになります。

時の為政者にとって不都合な人間は容赦なく排除され、やがて消滅は、一律に、人体に及ぶことになります。足が消え、声が出なくなります。

あなたにとって、消滅しても、消滅しても、なお消滅しない、心の中にある、何より大事なものは何ですか。モノですか、人ですか。何かの記憶ですか?

声ですか? ことば、ですか?

この本を読んでみてください係数 85/100

密やかな結晶 新装版 (講談社文庫)

◆小川 洋子
1962年岡山県岡山市生まれ。
早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。

作品 「揚羽蝶が壊れる時」「妊娠カレンダー」「博士の愛した数式」「沈黙博物館」「貴婦人Aの蘇生」「ことり」「ホテル・アイリス」「ブラフマンの埋葬」「ミーナの行進」他多数

関連記事

『地下鉄に乗って〈新装版〉』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『地下鉄に乗って〈新装版〉』浅田 次郎 講談社文庫 2020年10月15日第1刷 地下鉄に乗

記事を読む

『恋に焦がれて吉田の上京』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『恋に焦がれて吉田の上京』朝倉 かすみ 新潮文庫 2015年10月1日発行 恋に焦がれて吉田の

記事を読む

『赤へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『赤へ』井上 荒野 祥伝社 2016年6月20日初版 赤へ ふいに思い知る。すぐそこにあるこ

記事を読む

『花の鎖』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『花の鎖』湊 かなえ 文春文庫 2018年8月1日19刷 花の鎖 (文春文庫) 両親を亡くし

記事を読む

『許されようとは思いません』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『許されようとは思いません』芦沢 央 新潮文庫 2019年6月1日発行 許されようとは思いま

記事を読む

『夢に抱かれて見る闇は』(岡部えつ)_書評という名の読書感想文

『夢に抱かれて見る闇は』岡部 えつ 角川ホラー文庫 2018年5月25日初版 夢に抱かれて見る

記事を読む

『百舌落とし』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌落とし』逢坂 剛 集英社 2019年8月30日第1刷 百舌落とし 後頭部を千枚通

記事を読む

『橋を渡る』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『橋を渡る』吉田 修一 文春文庫 2019年2月10日第一刷 橋を渡る (文春文庫)

記事を読む

『誰にも書ける一冊の本』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『誰にも書ける一冊の本』荻原 浩 光文社 2011年6月25日初版 誰にも書ける一冊の本 光文

記事を読む

『あちらにいる鬼』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あちらにいる鬼』井上 荒野 朝日新聞出版 2019年2月28日第1刷 あちらにいる鬼

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『5時過ぎランチ』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『5時過ぎランチ』羽田 圭介 実業之日本社文庫 2021年10月15

『きみはだれかのどうでもいい人』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『きみはだれかのどうでもいい人』伊藤 朱里 小学館文庫 2021年9

『はるか/HAL – CA』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『はるか/HAL - CA』宿野 かほる 新潮文庫 2021年10月

『変な家』(雨穴)_書評という名の読書感想文

『変な家』雨穴 飛鳥新社 2021年9月10日第8刷発行 変な

『でえれえ、やっちもねえ』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『でえれえ、やっちもねえ』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2021年6

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑