『他人事』(平山夢明)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『他人事』(平山夢明), 作家別(は行), 平山夢明, 書評(は行)

『他人事』平山 夢明 集英社文庫 2022年11月14日第13刷

本当の恐怖はすぐそばにある 
絶望と狂気こそが最高のエンターテインメント 不気味で無意味な心の闇を覗く全14編!

交通事故に遭った男女を襲う “無関心” という恐怖を描く表題作、引きこもりの果てに家庭内暴力に走った息子の殺害を企てる夫婦の絶望 (「倅解体」)。孤独に暮らす女性にふりかかる理不尽な災禍 (「仔猫と天然ガス」)。定年を迎えたその日、同僚たちに手のひら返しの仕打ちを受ける男のおののき (「定年忌」) ほか、理解不能な他人たちに囲まれているという日常的不安が生み出す悪夢を描く14編。(集英社文庫)

あむんぜん』 (集英社文庫) を読み、この本を知りました。とにもかくにも読みたいと、すぐに本屋へ行きました。

それが私の何を刺激したのかはわかりませんが、読む気を誘う “よからぬ” 予感がありました。不穏であるとか不条理だとか、無意味だとか非道だとか - 人の弱みにつけ込んで、相手の立場を一切顧みないであるとかの、人が 「人としてどうかと思う」 あれやこれが描かれています。

表題作 「他人事」 は、不慮の事故で崖から転落し、瀕死の重傷を負って車内に閉じ込められた男女と、助けを求める彼らの必死の願いをのらりくらりとはぐらかしていく男との、不条理な会話から成り立っている。生と死、紙一重の境目で生き延びようとする者と、あきらめた者。両者の間でやり取りされる言葉が、少しずつズレていく感じがたまらない。

一方が懇願する合理的な解決を、一方が少しずつずらしていってジリジリと時間が経ち、最後に全てが取り払われる。絶望の果てに訪れる無意味な死。あきらめた人間ほど怖いものはないという、そんな恐怖がひしひしと伝わる傑作である。

この短編集全体を通じていえることでもあるのだが、何もかもあきらめた状態の中で噴出する黒い部分、人間としてあってはならない黒い部分をこうして活字として読めたことが、僕にはものすごく刺激的だった。

そして、十四編の中で僕の一番のお気に入りが、「仔猫と天然ガス」。これを読んで、今夜はここでやめようと思い、次の作品もすごいストーリーだったらもったいないからと本を閉じたのだ。まさしく平山作品の真骨頂。もしかしたらこんな展開になるのかな・・・・・・・などと考えながら読みつつ、しかし結局はオチなど全くない、こういう小説が僕は大好きだ。

説明できる恐怖なら、いくらでも描けるが、無意味で何の合理的な説明もつかない不条理な恐怖というのは、描けそうで描けないものなのである。少なくとも僕には、なかなかできることではないので、こういう作品には心惹かれる。(冨樫義博・漫画家/解説より)

こんな本には滅多と出会えません。「あってはならないことがすぐそばで、実は現実に起こっているという恐怖」 を、包み隠さず赤裸々に、ぼかすことなく鮮明に描写してみせています。偶然とはいえ、こんな本に出会えたことを感謝したいと思います。

[目次]
他人事
倅解体
たったひとくちで・・・・・・・
おふくろと歯車
仔猫と天然ガス
定年忌
恐怖症召還
伝書猫
しょっぱいBBQ
れざれはおそろしい
クレイジーハニー
ダーウィンとべとなむの西瓜
人間失格
虎の肉球は消音器   以上14編

この本を読んでみてください係数 85/100

◆平山 夢明
1961年神奈川県川崎市生まれ。
法政大学中退。

作品 「異常快楽殺人」「SINKER - 沈むもの」「メルキオールの惨劇」「独白するユニバーサル横メルカトル」「ダイナー」「あむんぜん」他多数

関連記事

『走ル』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『走ル』羽田 圭介 河出文庫 2010年11月20日初版 なんとなく授業をさぼって国道4号線を

記事を読む

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮文庫 2021年7月1日発行

記事を読む

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版 〈没後15年記念〉 

記事を読む

『カエルの楽園』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園』百田 尚樹 新潮文庫 2017年9月1日発行 平和な地を求め旅に出たアマガエルのソ

記事を読む

『星に願いを、そして手を。』(青羽悠)_書評という名の読書感想文

『星に願いを、そして手を。』青羽 悠 集英社文庫 2019年2月25日第一刷 大人

記事を読む

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2021年12月25日初版

記事を読む

『白い夏の墓標』(帚木蓬生)_書評という名の読書感想文

『白い夏の墓標』帚木 蓬生 新潮文庫 2023年7月10日25刷 (昭和58年1月25日発行)

記事を読む

『橋を渡る』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『橋を渡る』吉田 修一 文春文庫 2019年2月10日第一刷 ビール会社の営業課長

記事を読む

『徘徊タクシー』(坂口恭平)_書評という名の読書感想文

『徘徊タクシー』坂口 恭平 新潮文庫 2017年3月1日発行 徘徊癖をもつ90歳の曾祖母が、故郷熊

記事を読む

『さいはての彼女』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『さいはての彼女』原田 マハ 角川文庫 2013年1月25日初版 25歳で起業した敏腕若手女性

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑