『鯨の岬』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2022/12/16 『鯨の岬』(河崎秋子), 作家別(か行), 書評(か行), 河﨑秋子

『鯨の岬』河﨑 秋子 集英社文庫 2022年6月25日第1刷

札幌の主婦奈津子は、鯨が腐敗爆発する動画を見て臭いを思い出す。後日、釧路の母を訪ねる途中、捕鯨の町にいた幼い頃が蘇ってくる。記憶の扉を開けた彼女は・・・・・・・「鯨の岬」。江戸後期の蝦夷地野付に資源調査のため赴任した平左衛門。死と隣り合わせの過酷な自然の中で、下働きの家族と親しくなり・・・・・・・「東陬遺事」(北海道新聞文学賞受賞作)。命を見つめ喪失と向き合う人々の凄絶な北の大地の物語。全二編。(集英社文庫)

つよく猛々しく、共感を拒絶する思考」 - 桜木紫乃

昭和の中期、「文学の陽は僻地から昇る」 と言った人がいた。
ずいぶんと若い頃に耳にした言葉だが、年を重ねて 「なるほど」 と思うことがあった。
河﨑秋子との出会いがそうだ。

初めて会ったのは、2013年だったと記憶している。藤堂志津子さんの声かけで、北海道内の書き手が札幌に集まり会食した日だった。北海道新聞文学賞を受賞されて間もない頃ではなかったろうか。

今でもはっきりと覚えているひとことがある。いったいどんな話の流れでそんな言葉が飛び出したのか、それすらも霞むほどの衝撃だった。

鯨以外の哺乳類はすべて絞めることができます
初対面の挨拶の流れにしてはハードなひとことだったが、返した言葉が人間も?。こちらの質問に彼女は ええ、たぶんと答えたと記憶している。

そのあと彼女は落ち着き払った仕種で、声で、哺乳類を絞める方法を語っていた。
当時の彼女の生業は羊飼いで、生家では牛馬の世話もしているという。いつ原稿を書いているのか、との問いには
牛舎に出る前ですと答えた。

「東陬遺事」 により河﨑秋子を見いだした北海道新聞文学賞の選考委員が口を揃えて言うのが 「別格だった」 のひとこと。いま、その選考委員の末席で、次の河﨑秋子を探しているのだが、なかなか 「別格」 には出会えないでいる。

解説の冒頭に記したひとことは、道東で文学をこよなく愛し、原田康子著 『挽歌』 をガリ版で世に出した鳥井省三のものだ。出来ることなら、彼に河﨑秋子の作品を読んで欲しかった。自身の手で探し、見つけたかったろう普遍を持った才能だ。

出会えたら、どんなに喜んだことだろう。
必ずや 「文学の陽が僻地から昇った」 と言うに違いないのだ。
「見つけたぞ」 と。(解説より)

※「東陬遺事」 の舞台となった 「野付」 という土地を、あなたはご存知だろうか。今は観光名所となった野付半島の - 色のない、墓場のようなあの光景を、見たことがあるだろうか。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆河﨑 秋子
1979年北海道別海町生まれ。
北海学園大学経済学部卒業。

作品 「颶風の王」「肉弾」「土に贖う」他

関連記事

『大きな鳥にさらわれないよう』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『大きな鳥にさらわれないよう』川上 弘美 講談社文庫 2019年10月16日第1刷 大きな鳥

記事を読む

『路上のX』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『路上のX』桐野 夏生 朝日新聞出版 2018年2月28日第一刷 路上のX こんなに叫ん

記事を読む

『妖談』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『妖談』車谷 長吉 文春文庫 2013年7月10日第一刷 妖談 (文春文庫)  

記事を読む

『熊金家のひとり娘』(まさきとしか)_生きるか死ぬか。嫌な男に抱かれるか。

『熊金家のひとり娘』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年4月10日初版 熊金家のひとり娘

記事を読む

『ぬるくゆるやかに流れる黒い川』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『ぬるくゆるやかに流れる黒い川』櫛木 理宇 双葉文庫 2021年9月12日第1刷 ぬるくゆる

記事を読む

『ここは私たちのいない場所』(白石一文)_あいつが死んで5時間後の世界

『ここは私たちのいない場所』白石 一文 新潮文庫 2019年9月1日発行 ここは私たちのいな

記事を読む

『検事の信義』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の信義』柚月 裕子 角川書店 2019年4月20日初版 検事の信義 累計40万部

記事を読む

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第1刷 やわらかな足で人魚

記事を読む

『タイガー理髪店心中』(小暮夕紀子)_わたしの血は、よもや青くなってはないだろうな。

『タイガー理髪店心中』小暮 夕紀子 朝日新聞出版 2020年1月30日第1刷 タイガー理髪店

記事を読む

『神様からひと言』(荻原浩)_昔わたしが、わざとしたこと

『神様からひと言』荻原 浩 光文社文庫 2020年2月25日43刷 神様からひと言 (光文社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『プリズム』(貫井徳郎)_書評という名の読書感想文

『プリズム』貫井 徳郎 実業之日本社文庫 2022年8月9日初版第2

『自転しながら公転する』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『自転しながら公転する』山本 文緒 新潮文庫 2022年11月1日発

『呪い人形』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『呪い人形』望月 諒子 集英社文庫 2022年12月25日第1刷

『騒がしい楽園』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『騒がしい楽園』中山 七里 朝日文庫 2022年12月30日第1刷発

『モナドの領域』(筒井康隆)_書評という名の読書感想文

『モナドの領域』筒井 康隆 新潮文庫 2023年1月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑