『くっすん大黒』(町田康)_書評という名の読書感想文

『くっすん大黒』町田 康 文春文庫 2002年5月10日第一刷


くっすん大黒 (文春文庫)

三年前、ふと働くのが嫌になって仕事を辞め、毎日酒を飲んでぶらぶらしていたら妻が家を出て行った。誰もいない部屋に転がる不愉快きわまりない金属の大黒、今日こそ捨ててこます - 日本にパンクを実在させた町田康が文学の新世紀を切り拓き、作家としても熱狂的な支持を得た鮮烈のデビュー作。(文春文庫)

この小説が『文學界』に掲載されたのは1996年。町田康、34歳のときのことです。処女作にして(とてもそんな感じの作品ではないのですが)、翌年には第7回 Bunkamura ドゥマゴ文学賞、第19回野間文芸新人賞を受賞。芥川賞、三島賞の候補にもなっています。

どんな内容かといいますと - 奇妙なこだわりが強いあまり自堕落にならざるを得ない不器用な男が、自省・自制しないまま意味を放棄して脱力気味に疾走する様を独自の文体で描いた作品(wikipedia)- というような、わかったようなわからぬような話で、

平たく言うと、江戸落語に登場する〈八つぁん熊さん〉のような二人が、金もないのにまともに働きもせず、酒を飲み、愚にもつかない事をやるだけやってそれでおしまい、みたいな感じで進み、最後は「豆腐屋になろう」と決心して終わる、といった内容なわけです。

主人公である「楠木正行」なる人物は絵に描いたようなダメ男で、(本人曰く、元々はたいそう美男であったのですが) 三年前のある日、ふと、働くのは嫌だな、毎日ぶらぶら遊んで暮らしたいな、と思い立ち、思い立ったが吉日、ってんで、

その瞬間から仕事を辞め、それからというもの自分は、くる日もくる日も酒を飲んでぶらぶらしたのであるが、また別の日、ただ、ぶらぶらしているのも芸がない、なにか、無心になって打ち込めるもの、いわゆる趣味をもとう、と思い立ち・・・・、

たまたま朝刊に挟まっていたチラシを見て、彼は「写経」を始めます。ところが、やってみると、これがちっとも楽しくありません。二時間ばかり歯を食いしばって頑張ったにも拘わらず、やっぱり駄目で、しょうがないので写経をやめ、

趣味なんて考えた自分が馬鹿だった。やはり、なにもしないのが一番だと、反省し、この三年というもの、毎日、酒を飲んでぶらぶらしていたのである。

そんな時、たまに顔でも洗ってみるかと洗面所の鏡を見ると、たらふく飲んだ酒のせいで、

かつて、紅顔の美少年、地獄の玉三郎などと称揚された自分の顔が、酒ぶくれ水ぶくれに脹れ上がり、(中略)なんとも浅ましい珍妙な面つきとなり果てているのである。なんとも面白い顔であるよなあ。まるであの大黒様のようだ。はは。と、しばらく鏡を見て笑っていたのであるが、・・・・

ここにきて、彼は今まで全く訳が分からないでいた、家を出て行ったきり帰ってこない妻の行動の意味にようやく気付きます。自分でもこんな顔を見て暮らすのは嫌なのに、生真面目な妻なら尚更そうに違いない。なるほど、やっと分かった。と彼は得心します。
・・・・・・・・・
現金、通帳はいうに及ばず、宝石、株券等、妻は金目のものは洗いざらい持ち出しています。ぶらぶらしていただけの彼は、妻が出て行った今、ただの百円も持っていません。

飲みたい酒が飲めないでいると、苛々と心が落ち着かず、とても切ない気分で、寝るしかないので寝転がってはみるものの、ちっとも眠くなりません。おまけに、むかむかと怒りがこみ上げてきます。

彼は、(ぶらぶらするばかりではなく)寝床でぐずぐずするのも好む性分で、枕元の周辺にはいつも雑多な生活用具が散乱しています。さらにそれらに混じって、なぜ枕元にそれがあるのかよく分からないもの - ねじ回し、彩色していないこけし、島根県全図、うんすんかるた、電池などがあり、

そのよく分からないものの中に、五寸ばかりの金属製の大黒様があって、先前からむかついているのは、この大黒様、いや、こんなやつに、様、などつける必要はない、大黒で十分である、大黒のせいなのである。

以前から捨てよう捨てようと思って捨てられないでいる、座りの悪い小さな大黒様を、彼は今日こそ捨てると決心し家を出ます。

ところが、(何だかんだと不都合が続き)彼はなかなか大黒様を捨て置くことができません。その内彼は、年少の友人、菊池元吉のことを思い出します。楠本曰く、菊池は岩手県出身の親から仕送りをもらっている大学生であるが、そのくせ、ちっとも大学に行かず、

かといって遊んでいるわけでもなく、なんとなくぶらぶらしているという、まったくもって言語道断の人間の道理もわきまえぬふざけた野郎で、その生活ぶりは楠本のそれと酷似しており、類は友を呼んで、日頃から親しく交際している、数少ない友人です。

彼(楠本)は、その菊池に大黒様を委ね、あわよくば菊池の家で酒を飲み、飯を喰おうとしています。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


くっすん大黒 (文春文庫)

◆町田 康
1962年大阪府堺市生まれ。
大阪府立今宮高等学校卒業。

作品 「きれぎれ」「土間の四十八滝」「権現の踊り子」「告白」「宿屋めぐり」他多数

関連記事

『空中ブランコ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『空中ブランコ』奥田 英朗 文芸春秋 2004年4月25日第一刷 空中ブランコ (文春文庫)

記事を読む

『きのうの神さま』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『きのうの神さま』西川 美和 ポプラ文庫 2012年8月5日初版 きのうの神さま (ポプラ文庫

記事を読む

『けむたい後輩』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『けむたい後輩』柚木 麻子 幻冬舎文庫 2014年12月5日初版 けむたい後輩 &nbs

記事を読む

『金曜のバカ』(越谷オサム)_書評という名の読書感想文

『金曜のバカ』越谷 オサム 角川文庫 2012年11月25日初版 金曜のバカ (角川文庫)

記事を読む

『しろいろの街の、その骨の体温の』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『しろいろの街の、その骨の体温の』村田 沙耶香 朝日文庫 2015年7月30日第一刷 しろいろ

記事を読む

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷 太陽の塔(新潮文庫) 私

記事を読む

『螻蛄(けら)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『螻蛄(けら)』黒川 博行 新潮社 2009年7月25日発行 螻蛄 (角川文庫) &nb

記事を読む

『携帯の無い青春』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『携帯の無い青春』酒井 順子 幻冬舎文庫 2011年6月10日初版   携帯の

記事を読む

『格闘する者に◯(まる)』三浦しをん_書評という名の読書感想文

『格闘する者に◯(まる)』 三浦 しをん 新潮文庫 2005年3月1日発行 格闘する者に○ (

記事を読む

『きみの町で』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きみの町で』重松 清 新潮文庫 2019年7月1日発行 きみの町で (新潮文庫) あ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

『破局』(遠野遙)_書評という名の読書感想文

『破局』遠野 遙 河出書房新社 2020年7月30日初版 破局

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑