『隣のずこずこ』(柿村将彦)_書評という名の読書感想文

『隣のずこずこ』柿村 将彦 新潮文庫 2020年12月1日発行

隣のずこずこ(新潮文庫)

帯に 「衝撃のディストピア・ファンタジー」 とあります。ディストピアを描いた話でありながらファンタジーとは、一体どういうことなんでしょう? この小説から何か学ぶことがあるのでしょうか。それとも、そんなこととは一切関係がないのでしょうか。

「村を壊します。あなたたちは丸呑みです。ごめんね」 二足歩行の巨大な狸とともにやってきたあかりさんはそう告げた。村を焼き、村人を呑み込む 〈権三郎狸〉 の伝説は、古くからこの地に語り継がれている。あれはただの昔話ではなかったのか。中学3年生の住谷はじめは、戸惑いながらも抗おうとするが - 。恩田陸、萩尾望都、森見登美彦が絶賛した、日本ファンタジーノベル大賞2017受賞作! (新潮文庫)

「権三郎狸の話」 はこの地方に伝わる昔話で、矢喜原で生まれ育った子供ならみんなが知っています。住谷はじめが聞かされたのは、祖父からでした。

むかしむかしあるところに」- というありきたりな前置きから、話は始まります。

あるところに小さな村があった。
村人は日々まじめに働き、おかげで村はそこそこ栄えていた。とりたてて裕福でもなかったが、その日の食べものに困るようなこともなく、それなりに幸せな毎日を送っていた。

そこへある時、一人の旅人が現れた。
旅人は若い女だった。街道沿いでもない山間の村に旅人が来ることなど滅多になく、しかもそれが若い女だというので、村人たちは大層珍しがった。
興味半分、訝り半分の村人たちを前に、女は言った。

私を、しばらくここにおいて欲しいのです
当然、村人はわけを訊ねた。でも女はそれは言えないという。

妖しがる村人に、女は懐からたくさんの金を取り出して見せた。
おいてくださるなら、これをみなさんにそっくり差し上げます
金に目が眩んだ村人たちは、すぐさま女の頼みを聞き入れた。

女は村にすぐなじんだ。器量の良い娘だったし、村人の野良仕事を手伝ったりもした。祭りのときには舞を舞って村人たちを見とれさせた。その上金までくれるというのだから、村人に文句があるはずもなかった。

しかし一ヶ月ほどが経ったころ、女は突然、村を出て行くと言い出した。
村人は必死になって止めた。もう金はいらないからと、なんとか村に留まってくれるよう女に頼んだ。一ヶ月の間に、女は村に欠かせない存在となっていたのだ。

でも村人から何を言われようと、女は首を縦に振らなかった。そして結局、村から去って行ってしまった。
女を見送った村人たちは悲しんだ。仕事も何も手につかなかった。男も女も老人も子供もみんな嘆き悲しんで、村中のあちこちに寝っ転がって泣いた。来る日も来る日も泣いて過ごし、仕事をしなかったので村はだんだんさびれ、やがて食べものも底をつき始めた。

するとある日、今度は一匹の狸が村に現れた。
ここへ女が来たでしょう
悲しみにくれる村人たちは、いかにもそうだと泣きながら答えた。

そしたら狸は急に山ほども大きくなって、泣き続ける村人を一人ずつつまみ上げては口へ投げ入れて呑み込んだ。村人をすっかり呑んでしまうと、狸は火を吐いて村の家々や田畑を焼いた。

村をたちまち焼け野原に変えてしまった狸は、やがて元と同じ大きさに戻って、女のあとを追うように、またどこかへ去って行った、とさ。
おしまいおしまい。
(P32 ~ 34)

- と、まあ凡そこんな話であるわけです。

さて、時は現代。(信じ難いことではありますが) 矢喜原ではそんな昔話に聞かされた厄災がそのままに、今まさに再現されようとしています。現に、あかりと名乗る美女の横には1メートル半はあろうかという、信楽焼の狸の置物にそっくりな、昔話に出てくる 〈権三郎狸〉 が座っています。

ならば - 、やがて矢喜原の人々は巨大化なった権三郎狸によって呑み込まれ全員が死に、家々は焼き尽くされ、集落ごときれいさっぱり消え失せてしまうことになります。そしてそれらは周囲の人の記憶からも消え、元から何もなかったようになります。

この本を読んでみてください係数 85/100

隣のずこずこ(新潮文庫)

◆柿村 将彦
1991年兵庫県生まれ。
大谷大学文学部卒業。

作品  2017年 「隣のずこずこ」 (「権三郎狸の話」 改題) で日本ファンタジーノベル大賞2017を受賞しデビュー。

関連記事

『すみなれたからだで』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『すみなれたからだで』窪 美澄 河出文庫 2020年7月20日初版 すみなれたからだで (河

記事を読む

『つやのよる』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『つやのよる』井上 荒野 新潮文庫 2012年12月1日発行 つやのよる 男ぐるいの女がひと

記事を読む

『櫛挽道守(くしひきちもり)』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『櫛挽道守(くしひきちもり)』木内 昇 集英社文庫 2016年11月25日第一刷 櫛挽道守 (

記事を読む

『陽だまりの彼女』(越谷オサム)_書評という名の読書感想文

『陽だまりの彼女』越谷 オサム 新潮文庫 2011年6月1日発行 陽だまりの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『罪の余白』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『罪の余白』芦沢 央 角川文庫 2015年4月25日初版 罪の余白 (角川文庫) どうしよう

記事を読む

『愛の夢とか』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『愛の夢とか』川上 未映子 講談社文庫 2016年4月15日第一刷 愛の夢とか (講談社文庫)

記事を読む

『絵が殺した』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『絵が殺した』黒川 博行 創元推理文庫 2004年9月30日初版 絵が殺した (創元推理文庫)

記事を読む

『月の満ち欠け』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『月の満ち欠け』佐藤 正午 岩波書店 2017年4月5日第一刷 月の満ち欠け 生きている

記事を読む

『アニーの冷たい朝』(黒川博行)_黒川最初期の作品。猟奇を味わう。

『アニーの冷たい朝』黒川 博行 角川文庫 2020年4月25日初版 アニーの冷たい朝 (角川

記事を読む

『終の住処』(磯崎憲一郎)_書評という名の読書感想文

『終の住処』磯崎 憲一郎 新潮社 2009年7月25日発行 終の住処 (新潮文庫) 妻はそれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『本性』(黒木渚)_書評という名の読書感想文

『本性』黒木 渚 講談社文庫 2020年12月15日第1刷 本

『庭』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『庭』小山田 浩子 新潮文庫 2021年1月1日発行 庭(新潮

『プリズム』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『プリズム』百田 尚樹 幻冬舎文庫 2014年4月25日初版

『ナキメサマ』(阿泉来堂)_書評という名の読書感想文

『ナキメサマ』阿泉 来堂 角川ホラー文庫 2020年12月25日初版

『諦めない女』(桂望実)_書評という名の読書感想文

『諦めない女』桂 望実 光文社文庫 2020年10月20日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑