『鏡じかけの夢』(秋吉理香子)_書評という名の読書感想文

『鏡じかけの夢』秋吉 理香子 新潮文庫 2021年6月1日発行

鏡じかけの夢 (新潮文庫)

このゾクゾクがたまらない

その鏡は、磨く者の願いを叶えるという。会いたい、羨ましい、妬ましい、もっと欲しい、憎い・・・・・・・。願えば願うほど、心に秘めた黒い欲望は醜く膨れ上がり、全てを呑み込む。看護婦の羨望。鏡研ぎ師の嫉妬、踊り子と富豪の禁忌の愛。戦争孤児と奇術師の絆。ヴェネツィアの双子姉妹の過ち - 。鏡に魅入られた人々が陥る、束の間の甘美な愉悦と残酷な結末を描いた、五つの物語。解説・飯豊まりえ。(新潮文庫)

[目次]
1.泣きぼくろの鏡
2.ナルキッソスの鏡
3.スタアの鏡
4.奇術師の鏡
5.双生児の鏡

いつの時代の話なのかはわかりません。しかし、確かに昔何かで読んだことがあるような、どこか懐かしい感じがします。少年の頃、恐怖とエロスに慄きながら、息を潜めて読んだ江戸川乱歩の推理小説のような。それに似た気配が漂っています。

一枚の鏡をめぐる物語 - 全身が映るほどの大きさの、木枠に豪奢な装飾が施された古い一枚の鏡がありました。その鏡は、嘘か実か、磨く者の願いを叶えるといいます。

鏡はめぐりにめぐり、幾人もの人の手に渡ります。それと同時に、鏡にまつわる噂もめぐりにめぐり、鏡を手にした者は半ば疑いつつも、一縷の望みに賭けて、皆が熱心に鏡を磨きます。彼らには、そうするに足る “理由” がありました。

さて。

折々の持ち主たちが手にしたものとは、畢竟何だったのでしょう? 願いは叶い、事は思い通りに運んだのでしょうか? 

彼らが当初願ったことは、ほんの小さな夢でした。小さいながら、彼らにとってはそれこそが “夢” であり “願い” であったはずです。

何処で道を間違えたのでしょう? もしも、はじめ願った 「願いごと」 だけだったとしたら、それだけなら - ひょっとしたら、鏡なしでも叶えることができたかもしれません。

哀しいかな、やるせないかな、彼らはそれ以上のことまで願ったのでした。

そして 「魔性の鏡」 の虜となって、狂気の果てに、残酷なまでの結末を迎えることになります。そうなったのは、全部自分のせいだと、気付くことになります。

教訓:一度味を占めれば、大抵はもう元へは戻れません。「その鏡に、願ってはいけない」 - それは、端から承知のはずでした。甘い話には、必ず、罠があります。

※あくまで私の好みですが、「奇術師の鏡」 と 「双生児の鏡」 をお勧めします。(意外性) にあっと驚き、何気にホロっときます。

この本を読んでみてください係数  80/100

鏡じかけの夢 (新潮文庫)

◆秋吉 理香子
兵庫県育ち、大阪在住。
早稲田大学第一文学部卒業。カリフォルニア州ロヨラ・メリーマウント大学大学院にて、映画・TV番組制作修士号取得。

作品 「雪の花」「暗黒女子」「婚活中毒」「ジゼル」「サイレンス」他

関連記事

『モルヒネ』(安達千夏)_書評という名の読書感想文

『モルヒネ』安達 千夏 祥伝社文庫 2006年7月30日第一刷 モルヒネ (祥伝社文庫)

記事を読む

『にぎやかな湾に背負われた船』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『にぎやかな湾に背負われた船』小野 正嗣 朝日新聞社 2002年7月1日第一刷 にぎやかな湾に背負

記事を読む

『彼女がその名を知らない鳥たち』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『彼女がその名を知らない鳥たち』沼田 まほかる 幻冬舎文庫 2009年10月10日初版 彼女が

記事を読む

『真夜中のマーチ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『真夜中のマーチ』奥田 英朗 集英社文庫 2019年6月8日第12刷 真夜中のマーチ (集英

記事を読む

『天国までの百マイル 新装版』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『天国までの百マイル 新装版』浅田 次郎 朝日文庫 2021年4月30日第1刷 天国までの百

記事を読む

『5時過ぎランチ』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『5時過ぎランチ』羽田 圭介 実業之日本社文庫 2021年10月15日初版第1刷 5時過ぎラ

記事を読む

『Mの女』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『Mの女』浦賀 和宏 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 Mの女 (幻冬舎文庫) ミステ

記事を読む

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷 薬指の標本(新潮文庫)

記事を読む

『いつかの人質』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『いつかの人質』芦沢 央 角川文庫 2018年2月25日初版 いつかの人質 (角川文庫) 宮

記事を読む

『生きる』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『生きる』乙川 優三郎 文春文庫 2005年1月10日第一刷 生きる (文春文庫) 亡き藩主

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷

『腐葉土』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『腐葉土』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第6刷

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発

『ハレルヤ』(保坂和志)_書評という名の読書感想文

『ハレルヤ』保坂 和志 新潮文庫 2022年5月1日発行

『鞠子はすてきな役立たず』(山崎ナオコーラ)_書評という名の読書感想文

『鞠子はすてきな役立たず』山崎 ナオコーラ 河出文庫 2021年8月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑