『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『雪が降る』(藤原伊織), 作家別(は行), 書評(や行), 藤原伊織

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

没後15年記念〉 史上初の乱歩賞&直木賞のW受賞を成し遂げた、不出世の偉才・藤原伊織による至高の短編集。

ギャンブルに溺れ、自堕落な日々を過ごす会社員・志村。彼の元に、1通のメールが届く。〈母を殺したのは、志村さん、あなたですね〉 メールの送り主は、かつて愛した女性・陽子の息子だった - 。訪ねてきた少年とともに、志村は目を背け続けてきた彼女との記憶を辿り始める。その末に明らかになる、あまりにも切ない真実とは (「雪が降る」)。不朽の名作 『テロリストのパラソル』 の著者による、6編を収録した短編集。解説・黒川博行 (角川文庫)

目次
台風
雪が降る
銀の塩
トマト
紅の樹
ダリアの夏

帯に大きく、黒川博行氏絶賛!!  と書いてあります。「とにかく巧い。これは掛け値なしの感想だ。」 と。もしも 「黒川博行」 ではなかったら、たぶん私はこの本を買わなかったと思います。

藤原伊織をわたしは “イオリン” と呼ぶ。イオリンはわたしよりひとつ年上だが、わたしのことを “おっちゃん” と呼ぶ。イオリンの本名は利一といい、これをアルファベットで書いて文字を並べかえると、”IORI” になるのだと、本人はいう。”RIICHI” には “O” がないやんけ、と思うのだが、わたしも五十をすぎたオトナだから、あえて反論はしない。

わたしがイオリンと知りあったのは、彼が 『テロリストのパラソル』 で江戸川乱歩賞と直木賞をダブル受賞したあとだった。イオリンがなにかのエッセイに、「乱歩賞という満貫を自模ったら裏ドラがのって、直木賞という倍満になった」 というふうに書いていたのを読んで、これはそうとうの麻雀好きやな、と、わたしは手ぐすねをひき、担当編集者を通して対戦を申し込んだのである。

イオリンと親しくなって、共通するところがたくさんあると分かった。彼は大阪生まれで市内の高津高校という進学校に入り、美術部に所属して油絵を描いていた。コンクールに何度も入賞するほどの腕だったという。当時のクラブ顧問のS先生はわたしの羽曳野市の家のすぐ近くに住んでいて、いまはわたしのよめはんといっしょに毎週、デッサン会をしている。わたしとよめはんは京都芸大の出身だが、高津高校からも多くの学生が入学し、イオリンを知っている連中も何人かいた。イオリンは頭がよすぎたために芸大には行けず、東大に入って学生運動と麻雀にのめりこんだらしい。ちなみにわたしは、頭の形はいいのだが中身がともなわず、芸大にしか行けなくて競馬と麻雀にのめりこんだ。

今回の角川文庫の前に発行された講談社版に載った黒川氏の解説のうち、直接小説とは関係ない部分をあえて選んで紹介しています。(こっちの方が断然面白い! )

でも、安心してください。作品それぞれの解説は、後にきちんと書いてあります。表題作のみ、紹介しておきたいと思います。※ややネタバレぎみですが、そこはご了承を。

雪が降る』- 企業小説といえるだろう。人間模様にイオリンが勤めている広告代理店の知識が生かされている。小さな起伏に大きなドラマがある。
陽子の残した未発信のメール。〈志村さん。このまえは、あなたと最初からいっしょに 「ランニング・オン・エンプティー」 を見たかった。そしてきょう、もし会えれば最高のセックスをしたい。してみたい。したかった。してください。これから私は横浜にいきます〉
ここがいい。めちゃくちゃいい。
ビデオショップでリバー・フェニックスの 『ランニング・オン・エンプティー』 をレンタルしよう。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆藤原 伊織
1948年大阪生まれ。2007年、食道癌のため59歳で永眠。
東京大学文学部仏文科卒業。

作品 「ダックスフントのワープ」「テロリストのパラソル」「てのひらの闇」「ダナエ」「シリウスの道」「ひまわりの祝祭」等

関連記事

『夜よ鼠たちのために』(連城三紀彦)_書評という名の読書感想文

『夜よ鼠たちのために』(復刻名作1位)連城 三紀彦 宝島社 2014年9月18日第一刷 年末

記事を読む

『凍てつく太陽』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『凍てつく太陽』葉真中 顕 幻冬舎 2019年1月31日第2版 昭和二十年 - 終

記事を読む

『妖の掟』(誉田哲也)_書評という名の読書感想文

『妖の掟』誉田 哲也 文春文庫 2022年12月10日第1刷 ヤクザ×警察×吸血鬼

記事を読む

『ミスター・グッド・ドクターをさがして』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『ミスター・グッド・ドクターをさがして』東山 彰良 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版 医

記事を読む

『さいはての彼女』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『さいはての彼女』原田 マハ 角川文庫 2013年1月25日初版 25歳で起業した敏腕若手女性

記事を読む

『笑う山崎』(花村萬月)_書評という名の読書感想文

『笑う山崎』花村 萬月 祥伝社 1994年3月15日第一刷 「山崎は横田の手を握ったまま、無表情に

記事を読む

『よるのふくらみ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『よるのふくらみ』窪 美澄 新潮文庫 2016年10月1日発行 以下はすべてが解説からの抜粋です

記事を読む

『ユートピア』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『ユートピア』湊 かなえ 集英社文庫 2018年6月30日第一刷 第29回 山本周五郎賞受賞作

記事を読む

『ひゃくはち』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『ひゃくはち』早見 和真 集英社文庫 2011年6月30日第一刷 地方への転勤辞令が出た青野雅人は

記事を読む

『夜は終わらない』上下 (星野智幸)_書評という名の読書感想文

『夜は終わらない』上下 星野 智幸 講談社文庫 2018年2月15日第一刷 「婚約者が自殺した」と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑