『地先』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『地先』(乙川優三郎), 乙川優三郎, 作家別(あ行), 書評(た行)

『地先』乙川 優三郎 徳間文庫 2022年12月15日初刷

通り過ぎた歳月。その重さ。思いがけない出来事に揺れる男女。
あまたの文学賞を総なめにした名手が贈る至高の短篇集。

絵描きになる夢をあきらめ、平凡な主婦生活を送っていた幸代。娘の作品が美術展に入賞したので上野に連れ立って出かけた。そこで青春時代、芸術家としての才能を信じ、尽くしきった男が、街頭で絵を売っている姿をみる。動揺する幸代が帰宅して描くのは・・・・・・・。(「言葉さえ知っていたら」) 他、御宿を舞台にした 「海の縁」 「地先」 など、苦しみの果てにのぞく希望を繊麗な筆致で描く八篇! (徳間文庫)

作品を通して感じられるのは、たとえていうと海が凪いだような穏やかさ、幾多の起伏を越えて今ある人生の静寂、あるいは諦念、とでもいったものでしょうか。若かった日の取り返しのつかなさと、人はどう折り合いをつけて生きていくのでしょう。その先、再度希望は訪れるのでしょうか。そんなことを考えました。

燃えるような恋心でも刺すような欲望でもない。かすかに疼き、たとえ疼きのまま終わったとしても、羽ばたきのように過ぎて、なんの執着ものこさない。いつか記憶を揺らすことはあっても、激しい痛苦をともなうものではないだろう。
そんな恋愛小説を読みたいですか? 私は読みたい。刹那のうちに充足し、その充足が明日の糧になるわけでもないそんな恋愛を、よく知っているように思うからだ。
(温水ゆかり/解説より)

目次
・海の縁
・まるで砂糖菓子
・ジョジョは二十九歳
・言葉さえ知っていたら
・そうね
・おりこうなお馬鹿さん
・すてきな要素
・地先

御 宿 (おんじゅく)
作品に登場する印象深い土地の名前。千葉県の南東、房総半島の東に位置する小さな町。海岸には約2キロに渡る真っ白な砂浜が広がり、童謡 「月の沙漠」 発祥の地として知られています。

ある日 失わずにすむもの 本作の一年前に発表された短編集。戦争という大きな物語に巻き込まれる前の小さな日常を、ボストン、バンクーバー、バルセロナ近郊の小村、マニラのスラム、パラオと、地球を横断するように点描したもの。(本作とはまるで関係ありません。ただ、中にこれに似た話があり、強く印象に残っています) それが -

ジョジョは二十九歳 実は本作八篇の中に一篇、やや趣きの異なる作品が混ざっています。それが第三話 「ジョジョは二十九歳」。フィリピン人ジョジョの儚い運命を描いたもので、戦争とはまるで関係ないのですが、先に記した 「ある日 失わずにすむもの」 の中の一篇のようで、ジョジョの人生の辛苦や叶わぬ希望を思うと、涙なしでは読めません。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆乙川 優三郎
1953年東京都生まれ。
千葉県立国府台高校卒業。

作品 「五年の梅」「生きる」「蔓の端々」「脊梁山脈」「ロゴスの市」「太陽は気を失う」「トワイライトシャッフル」「ある日 失わずにすむもの」他多数

関連記事

『向田理髪店』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『向田理髪店』奥田 英朗 光文社 2016年4月20日初版 帯に[過疎の町のから騒ぎ]とあり

記事を読む

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』浦賀 和宏 角川文庫 2020年7月5日再版 ひと

記事を読む

『蝶々の纏足・風葬の教室』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『蝶々の纏足・風葬の教室』山田 詠美 新潮社 1997年3月1日発行 「風葬の教室」(平林た

記事を読む

『誰もいない夜に咲く』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『誰もいない夜に咲く』桜木 紫乃 角川文庫 2013年1月25日初版 7つの短編は、過疎、嫁

記事を読む

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版 富裕層の入居者に

記事を読む

『結婚』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『結婚』井上 荒野 角川文庫 2016年1月25日初版 東京の事務員・亜佐子、佐世保の歌手・マ

記事を読む

『たまさか人形堂それから』(津原泰水)_書評という名の読書感想文

『たまさか人形堂それから』津原 泰水 創元推理文庫 2022年7月29日初版 人形

記事を読む

『どこから行っても遠い町』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『どこから行っても遠い町』川上 弘美 新潮文庫 2013年9月1日発行 久しぶりに川上弘美の

記事を読む

『十一月に死んだ悪魔』(愛川晶)_書評という名の読書感想文

『十一月に死んだ悪魔』愛川 晶 文春文庫 2016年11月10日第一刷 売れない小説家「碧井聖」こ

記事を読む

『きみのためのバラ』(池澤夏樹)_書評という名の読書感想文

『きみのためのバラ』池澤 夏樹 新潮文庫 2010年9月1日発行 予約ミスで足止めされた空港の空白

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑