『GIVER/復讐の贈与者』(日野草)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2018/06/29 『GIVER/復讐の贈与者』(日野草), 作家別(は行), 日野草, 書評(か行)

『GIVER/復讐の贈与者』日野 草 角川文庫 2016年8月25日初版


GIVER 復讐の贈与者 (角川文庫)

雨の降り続く日、訪ねてきた女に俺は仰天する。彼女は数時間前、俺に殺され、浴室で冷たくなっているはずだ - 。過去に負い目を抱えた人々に巧みに迫る、正体不明の復讐代行業者。彼らはある「最終目的」を胸に、恨む人、恨まれる人を予想外の結末に導く。人間の心を丸裸にする、6つの恐るべき復讐計画とは - 。再読必至の新感覚リベンジ・ミステリ! (角川文庫)

これは、ある復讐代行業者の、恐ろしくも切ない軌跡 -『おすすめ文庫王国2017』(本の雑誌社)国内ミステリー部門第1位に輝く、驚きのリベンジ・ミステリ!  とあります。

時間を遡るようにして6つの連作があり、最後になって、最初あった(『00 シークエル』と題された)プロローグが如何なる状況で語られているかがわかる仕掛けになっています。(しかも、かなり驚くような顛末を伴って)

魅力という点で言うなら、(筋書きよりむしろ)全編を通じて登場する 「義波」 という名の青年 - 彼のキャラクターにこそ負うところが大きいように思います。

彼は名前を言うとき、「義務の義に波と書いて、義波(ぎば)」「正義の義に波と書いて、義波」、あるいは「仁義」や「忠義の義に波と書いて義波、といった具合に自己紹介します。

義波 = GIVER(ギバー)贈与者。 復讐を与える者として、恨む人、恨まれる人の前に現れては裁きを行う裏稼業、「復讐代行業者」としての仮の名前で、もとより「義波」は当て字であるわけです。

この青年にはおよそ「感情」というものがありません。普通ある感情を失ったかのような平静さでもって事を成します。

「お金で誰かの恨みを晴らしてやる」とは、まさに現代版「必殺仕事人」。動機はともかくも、彼はことさらスマートに事を運びます。極めて非情に思える反面、彼には、ある特別な事情があります。それがもとで、彼は「義波」の仕事を請け負っています。

細かな説明はしないでおきたいと思います。この手の本については、なるべくなら、何も知らない状態で読んだ方がいい。そう思うからです。

他人が面白いというから必ず面白いのかというと、そんなことはありません。逆に、あまり評判のよくない本を読んで、とても面白いと感じることがあります。ミステリーやホラーといった類いの本は、特にそうなのではないかと思います。

それぞれ、こんなにも感じ方は違うのかと、あとからよく思うことがあるからです。ですから、とにかく読んでみてください。とだけ言っておきましょう。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


GIVER 復讐の贈与者 (角川文庫)

 

◆日野 草
1977年東京都生まれ。

作品 「ワナビー」「BABEL」「恋愛採集士」「ウェディング・マン」など

関連記事

『きりこについて』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『きりこについて』西 加奈子 角川書店 2011年10月25日初版 きりこについて (角川文庫

記事を読む

『煙霞』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『煙霞』黒川 博行 文芸春秋 2009年1月30日第一刷 煙霞 (文春文庫)  

記事を読む

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷 薬指の標本(新潮文庫)

記事を読む

『空中ブランコ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『空中ブランコ』奥田 英朗 文芸春秋 2004年4月25日第一刷 空中ブランコ (文春文庫)

記事を読む

『野良犬の値段』上・下 (百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『野良犬の値段』上・下 百田 尚樹 幻冬舎文庫 2022年5月15日初版 稀代のエ

記事を読む

『コンビニ人間』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『コンビニ人間』村田 沙耶香 文藝春秋 2016年7月30日第一刷 コンビニ人間 36歳未婚

記事を読む

『さいはての彼女』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『さいはての彼女』原田 マハ 角川文庫 2013年1月25日初版 さいはての彼女 (角川文庫)

記事を読む

『漁港の肉子ちゃん』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『漁港の肉子ちゃん』西 加奈子 幻冬舎文庫 2014年4月10日初版 漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文

記事を読む

『カエルの楽園 2020』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園 2020』百田 尚樹 新潮文庫 2020年6月10日発行 カエルの楽園202

記事を読む

『銀河鉄道の父』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『銀河鉄道の父』門井 慶喜 講談社 2017年9月12日第一刷 銀河鉄道の父 第158回直木賞

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『死者の奢り・飼育』(大江健三郎)_書評という名の読書感想文

『死者の奢り・飼育』大江 健三郎 新潮文庫 2022年11月25日8

『メタボラ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『メタボラ』桐野 夏生 文春文庫 2023年3月10日新装版第1刷

『遠巷説百物語』(京極夏彦)_書評という名の読書感想文

『遠巷説百物語』京極 夏彦 角川文庫 2023年2月25日初版発行

『最後の記憶 〈新装版〉』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『最後の記憶 〈新装版〉』望月 諒子 徳間文庫 2023年2月15日

『しろがねの葉』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『しろがねの葉』千早 茜 新潮社 2023年1月25日3刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑