『舎人の部屋』(花村萬月)_書評という名の読書感想文

『舎人の部屋』花村 萬月 双葉文庫 2018年1月14日第一刷


舎人の部屋 (双葉文庫)

過食嘔吐を繰り返す小説家志望の自称モデル・宮島弥生を描いた前作『浄夜』の登場人物だった舎人憲人。果たして彼は弥生の想念のなかから生みだされた妄想なのか、それとも・・・・・・・。虚構と現実を行き来する舎人の”M”を描いた哲学的小説。(双葉文庫)

物語は、筋金入りのマゾヒストである舎人憲人(とねり・のりと)が、一人称で語る小説という形で進行する。インテリかつ有能でありながら、あえて倉庫番として働く傍ら、妻の冴子とセックスをし、さらには他の女も抱いている舎人。彼の言動は、すべて虐められ、蔑まれることに収斂していく。自分を車で撥ねた女と寝るのも、会社の女を盗ったと逆恨みする社員にリンチされるのも、自分のマゾヒズムを満足させるためなのだ。しかし、中盤になって、いきなり『浄夜』の主人公の女性作家・宮島弥生が現れると、物語のトーンが微妙に変化。そして終盤に至り、読者は予想外の着地点へと、引きずり込まれてしまうのであった。(ブックレビュー:小説推理2015年1月号より抜粋)

簾頭の四十男で何の取り柄も無さそうにみえる舎人憲人は、実は生粋のマゾヒストである。無類のセックス好きで、妻の冴子とは週に3、4回。それだけに止まっているのは他に相手があるからだ、というのだから凄い。

変態で絶倫、には違いないのですが、舎人の言い分はこうです。

私の性交は、射精が目的ではありません。

- もちろんささやかな御褒美として射精を許してもらえると、それはそれで嬉しいのですが。でも、それよりもなによりも爆ぜそうで爆ぜそうで、爆ぜるぎりぎりまで追い込まれたあげく、射精に対する認可を与えられず、そのまま放置されたりしたら、私、悲しくて、切なくて、股間に痼(しこ)った苛立ちを抱きしめて - 嬉しがるでしょう。しかもその嬉しさに対してなんらかのかたちで強烈な抑圧を押しつけられたりしたら、もういけません。私、その抑圧を与えてくれた方の奴隷になります。

私、あなたに虐めてほしい。私、あなたに虐められたい。  私は、虐められたいのです。

もうこれ、変態濃度100%の小説です。

これ以上は書きません。なぜなら、書けば書くほど舎人憲人の思う壺なのですから。読むと理由がわかるのですが、できれば読まずにおくことをおすすめします。読めば読むほど舎人憲人を、なお助長させることになります。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


舎人の部屋 (双葉文庫)

◆花村 萬月
1955年東京都生まれ。
サレジオ中学卒業後、寝袋ひとつで全国を放浪、さまざまな職業を経験する。

作品 「ゴッド・ブレイス物語」「笑う山崎」「ゲルマニウムの夜」「ブルース」「ぢん・ぢん・ぢん」「二進法の犬」「王国記」「百万遍 青の時代」「沖縄を撃つ!」「武蔵」他多数

関連記事

『逃亡者』(中村文則)_山峰健次という男。その存在の意味

『逃亡者』中村 文則 幻冬舎 2020年4月15日第1刷 逃亡者 「一週間後、君が生き

記事を読む

『どこから行っても遠い町』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『どこから行っても遠い町』川上 弘美 新潮文庫 2013年9月1日発行 どこから行っても遠い町

記事を読む

『誰? 』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『誰? 』明野 照葉 徳間文庫 2020年8月15日初刷 誰? (徳間文庫) 嵌められ

記事を読む

『カルマ真仙教事件(中)』(濱嘉之)_書評という名の読書感想文

『カルマ真仙教事件(中)』濱 嘉之 講談社文庫 2017年8月9日第一刷 カルマ真仙教事件(中

記事を読む

『太陽は気を失う』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『太陽は気を失う』乙川 優三郎 文芸春秋 2015年7月5日第一刷 太陽は気を失う &n

記事を読む

『たった、それだけ』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『たった、それだけ』宮下 奈都 双葉文庫 2017年1月15日第一刷 たった、それだけ (双葉

記事を読む

『罪の轍』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『罪の轍』奥田 英朗 新潮社 2019年8月20日発行 罪の轍 奥田英朗の新刊 『罪の

記事を読む

『プリズム』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『プリズム』百田 尚樹 幻冬舎文庫 2014年4月25日初版 プリズム (幻冬舎文庫)

記事を読む

『電球交換士の憂鬱』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『電球交換士の憂鬱』吉田 篤弘 徳間文庫 2018年8月15日初刷 電球交換士の憂鬱 (徳間文

記事を読む

『杳子・妻隠』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『杳子・妻隠』古井 由吉 新潮文庫 1979年12月25日発行 杳子・妻隠(つまごみ) (新潮文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ポラリスが降り注ぐ夜』(李琴峰)_書評という名の読書感想文

『ポラリスが降り注ぐ夜』李 琴峰 ちくま文庫 2022年6月10日第

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』中山 七里 角川文庫 2022年6月2

『カゲロボ』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『カゲロボ』木皿 泉 新潮文庫 2022年6月1日発行

『あたしたち、海へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あたしたち、海へ』井上 荒野 新潮文庫 2022年6月1日発行

『白昼夢の森の少女』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

『白昼夢の森の少女』恒川 光太郎 角川ホラー文庫 2022年5月25

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑