『青くて痛くて脆い』(住野よる)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/10 『青くて痛くて脆い』(住野よる), 住野よる, 作家別(さ行), 書評(あ行)

『青くて痛くて脆い』住野 よる 角川書店 2018年3月2日初版

『君の膵臓をたべたい』 著者が放つ、最旬青春小説!

人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学1年生の春、僕は秋好寿乃に出会った。空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いていて、けれど誰よりも純粋だった彼女。秋好の理想と情熱に感化され、僕たちは二人で「モアイ」という秘密結社を結成した。
それから3年。あのとき将来の夢を語り合った秋好はもういない。僕の心には、彼女がついた嘘が棘のように刺さっていた。

僕が、秋好の残した嘘を、本当に変える
それは僕にとって、世間への叛逆を意味していた - 。(角川書店)

秋好は、「(大学) 四年間でなりたい自分になる」と宣言します。

僕(田端楓)は、秋好の言う 「青臭く、イタい」 理想に半ば呆れつつ、しかし結局は彼女の熱意に負けて、二人して秘密のサークル「モアイ」を結成します。

「モアイ」は思いのほか速いテンポで仲間を増やし、やがて楓のイメージとは裏腹に、およそ違うものへと変貌を遂げます。

かつていた秋好はいなくなり、楓は「モアイ」を辞めようと決意します。楓にとり、その頃の「モアイ」の活動は、就職を目論む学生たちが目当ての企業に擦り寄るだけの「就活サークル」としか思えなくなっていました。

※彼にはこうと決めた自分なりの「規範」があります。楓は、

あらゆる自分の行動には相手を不快にさせてしまう可能性がある。しかるに、人に不用意に近づきすぎないこと。誰かの意見に反する意見を出来るだけ口に出さないこと。

そうしていれば少なくとも自分から誰かを不快にさせる機会は減らせるし、そうして不快になった誰かから傷つけられる機会も減らせる、と考えています。
・・・・・・・・・
楓は、秋好が「嘘をついた」と思っています。思いもしない彼女の「変節」を、楓は(自分で決めた「自分」を忘れたように)強く非難します。何としても認めようとしません。

あらぶる楓に対し、秋好は - 叶えたいものに辿り着くために、手段と努力と方法がいるの。それを、考えてやってきた。- と主張します。

互いの思いはすれ違い、二人は二度と交わりません。秋好は傷つき、楓は、秋好よりもなお深い傷を負います。脆く、頽れた青春に、

僕たちは、あの頃なりたかった自分になれたのだろうか。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆住野 よる
1990年生まれの28歳(らしい)。大阪府在住。男性。

作品 「また、同じ夢を見ていた」「よるのばけもの」「か「」く「」し「」ご「」と「」「君の膵臓をたべたい」など

関連記事

『夫のちんぽが入らない』(こだま)_書評という名の読書感想文

『夫のちんぽが入らない』こだま 講談社文庫 2018年9月14日第一刷 "夫のちんぽが入らない"

記事を読む

『ファーストラヴ』(島本理生)_彼女はなぜ、そうしなければならなかったのか。

『ファーストラヴ』島本 理生 文春文庫 2020年2月10日第1刷 第159回直木賞

記事を読む

『存在のすべてを』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『存在のすべてを』塩田 武士 朝日新聞出版 2024年2月15日第5刷発行 本の雑誌が選ぶ2

記事を読む

『いつかの人質』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『いつかの人質』芦沢 央 角川文庫 2018年2月25日初版 宮下愛子は幼いころ、ショッピングモー

記事を読む

『悪徳の輪舞曲(ロンド)』(中山七里)_シリーズ最高傑作を見逃すな!

『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山 七里 講談社文庫 2019年11月14日第1刷 報

記事を読む

『おとぎのかけら/新釈西洋童話集』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『おとぎのかけら/新釈西洋童話集』千早 茜 集英社文庫 2013年8月25日第一刷 母親から育児放

記事を読む

『また、桜の国で』(須賀しのぶ)_これが現役高校生が選んだ直木賞だ!

『また、桜の国で』須賀 しのぶ 祥伝社文庫 2019年12月20日初版 1938年

記事を読む

『大人になれない』(まさきとしか)_歌子は滅多に語らない。

『大人になれない』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年12月5日初版 学校から帰

記事を読む

『EPITAPH東京』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『EPITAPH東京』恩田 陸 朝日文庫 2018年4月30日第一刷 東日本大震災を経て、刻々と変

記事を読む

『絵が殺した』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『絵が殺した』黒川 博行 創元推理文庫 2004年9月30日初版 富田林市佐備の竹林。竹の子採り

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑