『野良犬の値段』上・下 (百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『野良犬の値段』上・下 百田 尚樹 幻冬舎文庫 2022年5月15日初版

稀代のエンタメ作家・百田尚樹が、とうとう ミステリー を書いた。誘拐されたのは、6人のみすぼらしいホームレス。身寄りのない彼らを攫った犯人の目的とは -

突如ネット上に現れた謎の 「誘拐サイト」。誘拐されたのは、身寄りのない6人のみすぼらしいホームレスだった。果たしてこれは事件なのか、イタズラなのか。半信半疑の警察、メディア、ネット住民たちを尻目に 「誘拐サイト」 はなんと、被害者たちとは何の関係もない、大手メディアに身代金を要求する。前代未聞の 「劇場型」 誘拐事件が幕を開ける! (上巻/幻冬舎文庫)

ホームレスを人質に、犯人が要求した身代金の金額は法外なものでした。そして、それにも増して驚かされたのは、総額20億円にも上る身代金の、その相手先でした。これは正気の沙汰か、それとも狂言か? 半信半疑の中、事態は徐々に明らかになっていきます。

単行本発売とほぼ同時に本作を手に取った私は、冒頭から突如としてネット上に現れた謎の 「誘拐サイト」 という奇想天外な設定に引き込まれてしまった。

私たちはある人物を誘拐しました。近日、この人物を使って、実験を行います。これは冗談やいたずらではありません

そんな文章とともに、やがては日本中を巻き込む劇場型犯罪の幕が開く。そして、

私たちが誘拐したのは以下の人物です

と、無精ひげに髪の毛もぼさぼさの6人のホームレスがサイトに登場するのである。

読者は思わず “どういうこと?” と首を捻るだろう。誘拐事件とは、誘拐される人間が 「価値ある人間」 でなければ、そもそも成立しないものだからだ。
誘拐犯罪に伴う金銭取引は、たとえば親子関係や雇用関係など、多額のお金を払っても 「取り戻したい存在」 でなければ最初から相手にされない。

しかし、著者は誘拐被害者が 「ホームレス」 という設定から、常識では考えようがない物語に読者を引きずり込んでいく。

最初、これが事件なのか、それともイタズラなのか、何が問題になっていくのか、まったく想像もつかないところから始まっているだけに、読者は頭の整理がつかないまま、ここで一度、立ち止まる。

どうすれば、まったく関係のないホームレスの身代金を要求できるのか。そして、いったい誰に? どういう条件なら、ホームレスへの身代金を払う人間、あるいは組織が出てくるんだろう、ということである。

この誘拐サイトの最初の発見者となったのは、28歳のごく平凡なツイッターが好きな定食屋の店員だ。彼の視点で物語は動き始める。(解説より)

スマートフォンをスワイプすると、現れたのは6人の男たちの顔写真でした。写真の下にはそれぞれに、名前と年齢が書いてあります。

松下和夫(まつした・かずお 60歳)
田中修(たなか・おさむ 58歳)
影山貞雄(かげやま・さだお 57歳)
高井田康(たかいだ・やすし 54歳)
大友孝光(おおとも・たかみつ 53歳)
石垣勝男(いしがき・かつお 45歳)

わずかに写っている服はよれよれで、顔も年齢以上に老けています。どう見ても、普通の社会人とは思えません。

※多くの謎は、第二部(下巻) で明らかになります。果たして犯人の本当の目的は何なのか? 事件は驚くべき結末を迎えます。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆百田 尚樹
1956年大阪府大阪市生まれ。
同志社大学中退。

作品 「永遠の0」「海賊とよばれた男」「夢を売る男」「影法師」「フォルトゥナの瞳」「カエルの楽園」「夏の騎士」「カエルの楽園 2020」他多数

関連記事

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(下巻)伊集院 静 講談社文庫 2016年1月15日第一刷

記事を読む

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第1刷 夏の終わりの時間割

記事を読む

『ブエノスアイレス午前零時』(藤沢周)_書評という名の読書感想文

『ブエノスアイレス午前零時』藤沢 周 河出書房新社 1998年8月1日初版 ブエノスアイレス午

記事を読む

『笑う山崎』(花村萬月)_書評という名の読書感想文

『笑う山崎』花村 萬月 祥伝社 1994年3月15日第一刷 笑う山崎 (ノン・ポシェット) 「山崎

記事を読む

『人間タワー』(朝比奈あすか)_書評という名の読書感想文

『人間タワー』朝比奈 あすか 文春文庫 2020年11月10日第1刷 人間タワー (文春文庫

記事を読む

『夏目家順路』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『夏目家順路』朝倉 かすみ 文春文庫 2013年4月10日第一刷 夏目家順路  

記事を読む

『優しくって少しばか』(原田宗典)_書評という名の読書感想文

『優しくって少しばか』原田 宗典 1986年9月10日第一刷 優しくって少しばか (集英社文庫)

記事を読む

『イモータル』(萩耿介)_書評という名の読書感想文

『イモータル』萩 耿介 中公文庫 2014年11月25日初版 イモータル (中公文庫) イン

記事を読む

『庭』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『庭』小山田 浩子 新潮文庫 2021年1月1日発行 庭(新潮文庫) 夫。どじょう。ク

記事を読む

『スメル男 (新装版)』(原田宗典)_書評という名の読書感想文

『スメル男 (新装版)』原田 宗典 講談社文庫 2021年1月15日第1刷 スメル男 新装版

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ポラリスが降り注ぐ夜』(李琴峰)_書評という名の読書感想文

『ポラリスが降り注ぐ夜』李 琴峰 ちくま文庫 2022年6月10日第

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』中山 七里 角川文庫 2022年6月2

『カゲロボ』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『カゲロボ』木皿 泉 新潮文庫 2022年6月1日発行

『あたしたち、海へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あたしたち、海へ』井上 荒野 新潮文庫 2022年6月1日発行

『白昼夢の森の少女』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

『白昼夢の森の少女』恒川 光太郎 角川ホラー文庫 2022年5月25

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑