『ボラード病』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/12 『ボラード病』(吉村萬壱), 作家別(や行), 吉村萬壱, 書評(は行)

『ボラード病』吉村 萬壱 文春文庫 2017年2月10日第一刷

B県海塚市は、過去の災厄から蘇りつつある復興の町。皆が心を一つに強く結び合って「海塚讃歌」を歌い、新鮮な地元の魚や野菜を食べ、港の清掃活動に励み、同級生が次々と死んでいく - 。集団心理の歪み、蔓延る同調圧力の不穏さを、少女の回想でつづり、読む者を震撼させたディストピア小説の傑作。◎解説・いとうせいこう(文春文庫)

・・・・しかし本当に病気なのはあなた方のほうです。せいぜいそうやって、どこまでも仮想現実を生きていけばいいんだ。もう何十年も経ってしまったから、戻れないんでしょう? 今更誰が「この世界は捏造だ」と言えますか?

言えるのは私や母のような人間だけです。父や藤村先生は、それを言ったから捕まったんですよね。そして私たちも捕まった。そうやって隔離して、結局は抹殺するのですね。三つ葉化学の炉で焼くのですか?

私の代わりなんてまた幾らでも出てきますからね。勝手にやればいいでしょう。もうこんな体、見たくもないのです。そこの隅っこの便器のパイプに映るんです。見たくないのに、見てしまうんですよ。こんな顔でも、あなた方には美人に見えているんでしょう?

だったら抱いてみろよ臆病者。

B県の海塚市が何処なのか、そこで起こる「災厄」とは何なのか。それについては如何ほども語られてはいません。しかし、(すべからく家屋が倒壊し消え果てたことは事実で)そこでは復興に向けて皆が一心に、まるで何事もなかったかのようにして暮らしています。

団結のための歌を歌い、何より美味しいと地元の野菜や魚を率先して食べ、浜辺をきれいに戻そうと清掃のボランティア活動に励んでいます。そのうち、(原因や理由は明かされないまま)ぽつぽつと、人が死んでゆきます。

人は、何も言いません。町で起こるすべての出来事は、ただあるままに過ぎ去ってゆきます。何か言おうとしても、強く拒む力が働きます。町の姿勢を批判する人、皆がするのにしないでいる人たちは、疎外され、思いのほか惨い仕打ちを受けることになります。

母がそうなら、当時小学5年生の恭子もそうでした。恭子はさほど勉強ができる子ではなかったのですが、自分が抱く違和感については、とても敏感な少女だったといえます。

幼いときの恭子は、母をひどく怖れます。母は恭子の振る舞いの一々に注文を付け、気に喰わないと容赦なく彼女を諌めます。食事はカップ麺や冷凍食品で賄い、肉や野菜も買うには買いますが、施設の人に寄付するのだと言い、何があっても食べようとはしません。

異常なほどの潔癖症で、部屋の隅々を気が済むまで繰り返し掃除をします。恭子が学校から預かっているうさぎの毛を見つけると、うるさいくらいに始末しろと言います。手洗いとうがいは当然で、恭子の持ち物を、母は全部把握し管理しています。

保健室の先生や児童相談の先生らに呼ばれ話をするうちに、恭子は、もしかすると自分は病気なのかもしれないと思うようになります。そういえば、もっと前からそうであったような。そして、母もまた、自分と同じ病気なのではないかと・・・・

・・・・残念ながら、私に書けるのはここまで。あとは、小説を読んで、あなた自身が味わってみてください。ひりひりして、読むと必ず、忘れられなくなります。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆吉村 萬壱(本名:吉村浩一)
1961年愛媛県松山市生まれ。大阪府大阪市・枚方市育ち。
京都教育大学教育学部第一社会科学科卒業。

作品 「ハリガネムシ」「クチュクチュバーン」「バースト・ゾーン」「ヤイトスエッド」「独居45」「臣女」他

関連記事

『デッドエンドの思い出』(よしもとばなな)_書評という名の読書感想文

『デッドエンドの思い出』よしもと ばなな 文春文庫 2006年7月10日第一刷 以下は、アマゾン

記事を読む

『偏愛読書館/つかみどころのない話』(林雄司)_書評という名の読書感想文

『偏愛読書館/つかみどころのない話』林 雄司 本の話WEB 2016年5月12日配信 http:/

記事を読む

『ふたたび嗤う淑女』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ふたたび嗤う淑女』中山 七里 実業之日本社文庫 2021年8月15日初版第1刷

記事を読む

『ハラサキ』(野城亮)_書評という名の読書感想文

『ハラサキ』野城 亮 角川ホラー文庫 2017年10月25日初版 第24回日本ホラー小説大賞読者

記事を読む

『色彩の息子』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『色彩の息子』山田 詠美 集英社文庫 2014年11月25日初版 唐突ですが、例えば、ほとん

記事を読む

『はるか/HAL – CA』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『はるか/HAL - CA』宿野 かほる 新潮文庫 2021年10月1日発行 「再

記事を読む

『ヒポクラテスの憂鬱』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ヒポクラテスの憂鬱』中山 七里 祥伝社文庫 2019年6月20日初版第1刷 全て

記事を読む

『白昼夢の森の少女』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

『白昼夢の森の少女』恒川 光太郎 角川ホラー文庫 2022年5月25日初版 地獄を

記事を読む

『ぼくとおれ』(朝倉かすみ)_たったひとつの選択が人生を変える。ってかあ!?

『ぼくとおれ』朝倉 かすみ 実業之日本社文庫 2020年2月15日初版 1972年

記事を読む

『廃墟の白墨』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『廃墟の白墨』遠田 潤子 光文社文庫 2022年3月20日初版 今夜 「王国」 に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑