『物語のおわり』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『物語のおわり』湊 かなえ 朝日文庫 2018年1月30日第一刷


物語のおわり (朝日文庫)

妊娠三ヶ月で癌が発覚した女性、父親の死を契機にプロカメラマンになる夢をあきらめようとする男性・・・・・・・ 様々な人生の岐路に立たされた人々が北海道へひとり旅をするなかで受け取るのはひとつの紙の束。それは、「空の彼方」という結末の書かれていない物語だった。
山間の田舎町にあるパン屋の娘、絵美は、学生時代から小説を書くのが好きで周りからも実力を認められていた。ある時、客としてきていた青年と出会い、婚約することになるのだが、憧れていた作家の元で修業をしないかと誘いを受ける。婚約を破棄して東京へ行くか、それとも作家の夢をあきらめるのか・・・・・・・ ここで途切れている「空の彼方」という物語を受け取った人々は、その結末に思いを巡らせ、自分の人生の決断へと一歩踏み出す。湊かなえが描く、人生の苦悩と救い - 。(朝日文庫付録/応援ペーパーより)

相変わらず売れているらしい。が、意外や意外、読むとこれまでの湊作品ではないのがわかります。慈愛に満ちた展開と、北の大地が織りなすあまたの景色が相まって、違う世界が広がっています。

小樽、美瑛、旭川、摩周湖、洞爺湖、札幌・・・・・・・ 将来に不安や迷いを抱えた幾人もの主人公たちは、それぞれの理由を元に、北の大地・北海道へと旅に出ます。

智子は妊娠三ヶ月で癌が発覚し、子どもをあきらめ、手術するか否かで悩んでいます。

拓真は実家のかまぼこ工場を継ぐことを迫られ、プロカメラマンになる夢をあきらめようとしています。

綾子は、志望したテレビ番組の制作会社に内定が決まったものの、自分には才能がないと自信が持てずに悩んでいます。

夢に向かってアメリカ行きを切望する娘に対し、木水はそれに反対しています。

あかねは愛する人と訣別し、仕事一筋に証券会社で働いてきたのでした。

旅先で偶然知り合い、拓真は智子から、綾子は拓真からと、二十枚ほどの紙の束を預けられます。それは、A4を横長に使ったコピー用紙に綴られた「空の彼方」という結末のない物語 -

託された者たちは、短く、終わりのない物語の続きに、知らず知らずのうちに自分の行く末を重ね合わせてみたりします。物語の主人公・絵美の人生に自分を重ね、彼女の運命に自分の将来を重ね合わせて、ありたいと願う自分の未来を描いてみたりします。

景色の変化とともに、誰のものかはわからない終わりのない物語がまるで知らない人と人とを繋いでゆきます。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


物語のおわり (朝日文庫)

◆湊 かなえ
1973年広島県因島市中庄町(現・尾道市因島中庄町)生まれ。
武庫川女子大学家政学部卒業。

作品 「告白」「少女」「贖罪」「Nのために」「夜行観覧車」「望郷」「豆の上で眠る」「境遇」「往復書簡」「サファイア」「母性」「絶唱」「リバース」「ユートピア」他多数

関連記事

『羊と鋼の森』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『羊と鋼の森』宮下 奈都 文春文庫 2018年2月10日第一刷 羊と鋼の森 (文春文庫) 高

記事を読む

『田舎の紳士服店のモデルの妻』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『田舎の紳士服店のモデルの妻』宮下 奈都 文春文庫 2013年6月10日第一刷 田舎の紳士服店

記事を読む

『告白』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『告白』湊 かなえ 双葉文庫 2010年4月11日第一刷 告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み

記事を読む

『生きてるだけで、愛。』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『生きてるだけで、愛。』本谷 有希子 新潮文庫 2009年3月1日発行 生きてるだけで、愛。

記事を読む

『また、同じ夢を見ていた』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『また、同じ夢を見ていた』住野 よる 双葉文庫 2018年7月15日第一刷 また、同じ夢を見て

記事を読む

『熊金家のひとり娘』(まさきとしか)_生きるか死ぬか。嫌な男に抱かれるか。

『熊金家のひとり娘』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年4月10日初版 熊金家のひとり娘

記事を読む

『ふたり狂い』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『ふたり狂い』真梨 幸子 早川書房 2011年11月15日発行 ふたり狂い (ハヤカワ文庫JA

記事を読む

『豆の上で眠る』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『豆の上で眠る』湊 かなえ 新潮文庫 2017年7月1日発行 豆の上で眠る (新潮文庫) 小

記事を読む

『異類婚姻譚』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『異類婚姻譚』本谷 有希子 講談社 2016年1月20日初版 異類婚姻譚  

記事を読む

『静かな雨』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『静かな雨』宮下 奈都 文春文庫 2019年6月10日第1刷 静かな雨 (文春文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑