『家族の言い訳』(森浩美)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2019/02/15 『家族の言い訳』(森浩美), 作家別(ま行), 書評(か行), 森浩美

『家族の言い訳』森 浩美 双葉文庫 2018年12月17日36刷

家族の言い訳 (双葉文庫)

帯に大きく - 上を向いて読んでください 涙がこぼれてしまいます。- とあります。

家族に悩まされ、家族に助けられている。誰の人生だってたくさんの痛み、苦しみ、そして喜びに溢れている - 。作詞家・森浩美がその筆才を小説に振るい、リアルな設定の上に 「大人の純粋さ」 を浮かび上がらせた。『ホタルの熱』 『おかあちゃんの口紅』 はラジオドラマや入試問題にもなった出色の感動作。あなたの中の 「いい人」 にきっと出会える、まっすぐな人生小説をお届けします。(双葉文庫)

荻野目洋子のシングル 『Dance Beat は夜明けまで』 が初登場で4位を記録。その後、森川由加里の 『SHOW ME』 や田原俊彦の 『抱きしめてTONIGHT』 などのヒットが続き、SMAPに至ってはデビュー曲の 『C’ant Stop!! – LOVIG – 』 をはじめとして『青いイナズマ』 『SHAKE』 『ダイナマイト』 など、数多くの歌詞を手掛けた人物 - といえばどうでしょう? 

作詞家で脚本家の森浩美(男性) は、近年 「家族」 をテーマとする多くの小説を上梓しています。本作 『家族の言い訳』 はそのとっかかり、いっとう最初の作品集です。(初出は2006年、双葉社より)

文庫で36刷、販売部数は20万部を突破。売れているのは確かなようで、だから読んでみようと。

ただ、「上を向いて読んでください 涙がこぼれてしまいます。」 とは如何にも大袈裟で、本当だろうか? というのはちょっとありました。ことによると読者を甘く見ているような、そんな予感があるにはありました。

(私が) 泣いたかどうか? それは書かないでおきます。

みなさんなら、どうなのでしょう。試しに 『ホタルの熱』 『おかあちゃんの口紅』 の二つだけでも読んでみてください。

収録作品
1.ホタルの熱
2.乾いた声でも
3.星空への寄り道
4.カレーの匂い
5.柿の代わり
6.おかあちゃんの口紅
7.イブのクレヨン
8.粉雪のキャッチボール

この本を読んでみてください係数  70/100

家族の言い訳 (双葉文庫)

◆森 浩美
放送作家を経て、1983年より作詞家として活躍。

作品 「家族小説」シリーズ、「夏を拾いに」「ひとごと」「家族連写」「終の日までの」他多数

関連記事

『感染領域』(くろきすがや)_書評という名の読書感想文

『感染領域』くろき すがや 宝島社文庫 2018年2月20日第一刷 【2018年・第16回「こ

記事を読む

『肝、焼ける』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『肝、焼ける』朝倉 かすみ 講談社文庫 2009年5月15日第1刷 肝、焼ける (講談社文庫

記事を読む

『ユートピア』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『ユートピア』湊 かなえ 集英社文庫 2018年6月30日第一刷 ユートピア (集英社文庫)

記事を読む

『♯拡散忌望』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『♯拡散忌望』最東 対地 角川ホラー文庫 2017年6月25日初版 拡散忌望 (角川ホラー文庫

記事を読む

『羊と鋼の森』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『羊と鋼の森』宮下 奈都 文春文庫 2018年2月10日第一刷 羊と鋼の森 (文春文庫) 高

記事を読む

『走れ! タカハシ』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『走れ! タカハシ』村上龍 講談社 1986年5月20日第一刷 走れ,タカハシ! (講談社文庫

記事を読む

『君のいない町が白く染まる』(安倍雄太郎)_書評という名の読書感想文

『君のいない町が白く染まる』安倍 雄太郎 小学館文庫 2018年2月27日初版 君のいない町が

記事を読む

『鍵のない夢を見る』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『鍵のない夢を見る』辻村 深月 文春文庫 2015年7月10日第一刷 鍵のない夢を見る (文春

記事を読む

『硝子の葦』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『硝子の葦』桜木 紫乃 新潮文庫 2014年6月1日発行 硝子の葦 (新潮文庫) &nb

記事を読む

『かたみ歌』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『かたみ歌』 朱川 湊人 新潮文庫 2008年2月1日第一刷 かたみ歌 (新潮文庫) &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『四月になれば彼女は』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『四月になれば彼女は』川村 元気 文春文庫 2019年7月10日第1

『今昔百鬼拾遺 河童』(京極夏彦)_書評という名の読書感想文

『今昔百鬼拾遺 河童』京極 夏彦 角川文庫 2019年6月15日再版

『きみの町で』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きみの町で』重松 清 新潮文庫 2019年7月1日発行 きみ

『逢魔が時に会いましょう』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『逢魔が時に会いましょう』荻原 浩 集英社文庫 2018年11月7日

『人間失格』(太宰治)_書評という名の読書感想文

『人間失格』太宰 治 新潮文庫 2019年4月25日202刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑