『ひなた弁当』(山本甲士)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2019/04/30 『ひなた弁当』(山本甲士), 作家別(や行), 山本甲士, 書評(は行)

『ひなた弁当』山本 甲士 小学館文庫 2019年3月20日第9刷

ひなた弁当 (小学館文庫)

人員削減を行うことになった勤務先で、五十歳目前の芦溝良郎は、上司に騙され出向を受け入れる。紹介先の人材派遣会社では名前を登録されただけで、きつい仕事ばかりを紹介され長続きしない。家族からはこれまで通りにしてくれと言われ、スーツ姿で朝から出ていく。やがて心の病を自ら疑うようになった頃、以前の派遣社員の新たな姿に励まされ、公園で見かけたのがドングリだった。そこでの思いつきが、良郎の運命を大きく変えていく・・・・・・・。追いつめられた先に、本人も気づかなかった潜在能力を発揮し始め、逞しく変貌していく主人公を描いた感動の長編小説! (小学館文庫)

“happy reading” にはもってこいの一冊。

但し、あなたに “合う” かどうかはわかりません。 難癖を付けようと思えばいくらでも付けられます。

土手や空き地に勝手に生えてる野草と自分が釣った魚でオリジナルな弁当を作り、(自分が食べるだけならまだしも) それを商売にしようなぞとは、

五十にもなって - そんな奴あ、いないだろう - とか、

んなこと出来るわけないだろうに、とか。

それくらいには突飛な話であるわけです。「リストラ」 はあまりに切実な問題ですが、当事者である主人公の良郎がとった行動は、切実過ぎる現実を前にして、突き抜けて現実離れしたものだったといえます。

しかしです。敢えて、ここでそのことは問うべきではない、と思うのです。少なくとも私はそんな思いで読みました。

炒ればドングリは美味いし、まるで天敵みたいに嫌われているブラックバスやブルーギルの白身は、それと言わなければ絶対に気付きません。癖がなく淡泊な味は、いくら食べても飽きることがありません。

その発見こそを、善しとしようではありませんか。

(ネットで見かけた感想を二つほど)
・私自身、自分は仕事が出来るとは思ったことは有りませんし、いつクビになるか暗い顔でヒヤヒヤしながら職場にいる人間です・・・・。が、何となく (本当に何となくですが・・・・) 本人が思っている以上に世の中は何とかなるのではないか? と、思わせてしまう、ある意味、私にとっては夢を見せて頂いたお話でした・・・・。(ヒムアキョさん 2019/02/01)

・リストラされた、何の取り柄も特技もないくたびれたサラリーマンが、どん底から一発逆転するスカッと話。確かにドングリ以降は胸がすく展開だけど、前半の方がリアリティはあったな。ロクに料理もした事がないのに、万人の舌を納得させる弁当をサラッと作ってしまうとか、リストラ以後関わる人がおしなべて良い人だとか・・・・・・・なんて細かい点をあげつらうのは無粋かな。ここは明るい気持ちになれる、ビタミン剤のような小説という事で良いのかも。(kujimamiさん 2018/11/16)

まあまあ、こんな感じで読んでもらえればと。

この本を読んでみてください係数 80/100

ひなた弁当 (小学館文庫)

◆山本 甲士
1963年滋賀県大津市生まれ。
北九州大学法学部卒業。

作品 「ノーペイン、ノーゲイン」「どろ」「かび」「とげ」「ひろいもの」「あたり-魚信」「運命のひと」他多数

関連記事

『ビタミンF』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ビタミンF』重松 清 新潮社 2000年8月20日発行 ビタミンF (新潮文庫) &n

記事を読む

『JR上野駅公園口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR上野駅公園口』柳 美里 河出文庫 2017年2月20日初版 JR上野駅公園口 (河出文庫

記事を読む

『花の鎖』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『花の鎖』湊 かなえ 文春文庫 2018年8月1日19刷 花の鎖 (文春文庫) 両親を亡くし

記事を読む

『珠玉の短編』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『珠玉の短編』山田 詠美 講談社文庫 2018年6月14日第一刷 珠玉の短編 (講談社文庫)

記事を読む

『俳優・亀岡拓次』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『俳優・亀岡拓次』戌井 昭人 文春文庫 2015年11月10日第一刷 俳優・亀岡拓次 (文春文

記事を読む

『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』山田 詠美 幻冬舎文庫 1997年6月25日初版

記事を読む

『子供の領分』(吉行淳之介)_書評という名の読書感想文

『子供の領分』吉行 淳之介 番町書房 1975年12月1日初版 子供の領分 (集英社文庫)

記事を読む

『ぼぎわんが、来る』(澤村伊智)_書評という名の読書感想文

『ぼぎわんが、来る』澤村 伊智 角川ホラー文庫 2018年2月25日初版 ぼぎわんが、来る (

記事を読む

『ぼくは悪党になりたい』(笹生陽子)_書評という名の読書感想文

『ぼくは悪党になりたい』笹生 陽子 角川書店 2004年6月30日初版 ぼくは悪党になりたい

記事を読む

『北斗/ある殺人者の回心』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『北斗/ある殺人者の回心』石田 衣良 集英社 2012年10月30日第一刷 北斗 ある殺人者の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『四月になれば彼女は』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『四月になれば彼女は』川村 元気 文春文庫 2019年7月10日第1

『今昔百鬼拾遺 河童』(京極夏彦)_書評という名の読書感想文

『今昔百鬼拾遺 河童』京極 夏彦 角川文庫 2019年6月15日再版

『きみの町で』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きみの町で』重松 清 新潮文庫 2019年7月1日発行 きみ

『逢魔が時に会いましょう』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『逢魔が時に会いましょう』荻原 浩 集英社文庫 2018年11月7日

『人間失格』(太宰治)_書評という名の読書感想文

『人間失格』太宰 治 新潮文庫 2019年4月25日202刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑