『夜明けの縁をさ迷う人々』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『夜明けの縁をさ迷う人々』小川 洋子 角川文庫 2010年6月25日初版


夜明けの縁をさ迷う人々 (角川文庫)

 

私にとっては、ちょっと書き倦ねていた感のある人です。元来ドロドロ系で、生身の人間の体臭に噎せ返るような小説が好きな私にとっては、小川洋子が書く小説はまさにその真逆にあるものです。読んではいましたが、上手く消化できていたとは言えません。

大げさなクライマックスやドラマチックな結末がなく、文章はあくまでも抑制が効いています。悪意や毒気があっても、けっして生々しいものではありません。イメージが優先した、透明で美しい・・・、そうです、小川洋子の小説は、とても美しい小説なのです。

上手く言えませんが、天から降ってくる声をそのまま文字にしているような感じ、ですか。どこかで読んだことがあるのですが、この人は書く前にきっちり予定を立てない人で、予定通りに結末を迎えるような作品は失敗作であるとさえ言っています。

それほどに自分の感性に従順で、信じて揺るぎがないのです。だからこそ、時折どこからこんな発想が出てきたんだろうと思うような話もあるわけです。

「お探しの物件」のチェス館やリリアン邸然り、「銀山の狩猟小屋」の訳のわからない獣・サンバカツギだってそうですし、あんな「再試合」なんてあり得ないのです。「ラ・ヴェール嬢」が如何なる意図をもって書かれたのかなんて、正直私には分からないのです。

それらに対して、「曲芸と野球」や「イービーのかなわぬ望み」、「パラソルチョコレート」なんかは比較的書きたい主体が分かりやすくて、私でも安心して読むことができます。但し、そこから何か教訓めいたものを無理やり見つけ出そうとするような読み方は、あまり上品な読み方ではないのでしょう。小川洋子さんには、そう言われるような気がします。

(村田喜代子の)解説に書いてあるのですが、一番好きな本は何かと問われたとき、彼女は、好きな本は答えようがないけれど一番好きな題名の本ならすぐに答えられると言い、ジョン・マグレガーの『奇跡も語るものがいなければ』という本を挙げたそうです。

登場人物の一人が一斉に飛び立つ鳩の群れを指して、鳥同士がぶつからないのを見たかい、と娘に言います。こういうことは気をつけていないと気づかずに終わってしまう、特別なことなのだと教えます。奇跡も語るものがいなければ、どうしてそれを奇跡と呼ぶことができるだろう・・・、と。

彼女は、この本の背表紙を見るたびに、小説を書く意味を、誰かが耳元でささやいてくれているような気分になれると言い、改めて小説を書こうと強く決意するのです。

鳥が一羽もぶつからずに飛び立ってゆく奇跡を書き記し、題名をつけて保存するのが自分の役割なのだと思うのです。

『夜明けの縁をさ迷う人々』は、9編の物語が収められた短編集です。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


夜明けの縁をさ迷う人々 (角川文庫)

◆小川 洋子
1962年岡山県岡山市生まれ。
早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。

作品 「揚羽蝶が壊れる時」「妊娠カレンダー」「博士の愛した数式」「ブラフマンの埋葬」「海」「ミーナの行進」「ことり」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
おかげさまでランキング上位が近づいてきました!嬉しい限りです!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『六番目の小夜子』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『六番目の小夜子』恩田 陸 新潮文庫 2001年2月1日発行 六番目の小夜子 (新潮文庫)

記事を読む

『公園』(荻世いをら)_書評という名の読書感想文

『公園』荻世 いをら 河出書房新社 2006年11月30日初版 公園  

記事を読む

『二千七百の夏と冬』(上下)(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『二千七百の夏と冬』(上下)荻原 浩 双葉文庫 2017年6月18日第一刷 二千七百の夏と冬(

記事を読む

『残穢』(小野不由美)_書評という名の読書感想文

『残穢』小野 不由美 新潮文庫 2015年8月1日発行 残穢 (新潮文庫) この家は、どこか

記事を読む

『4TEEN/フォーティーン』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『4TEEN/フォーティーン』石田 衣良 新潮文庫 2005年12月1日発行 4TEEN (新

記事を読む

『阿蘭陀西鶴』(朝井まかて)_書評という名の読書感想文

『阿蘭陀西鶴』朝井 まかて 講談社文庫 2016年11月15日第一刷 阿蘭陀西鶴 (講談社文庫

記事を読む

『てらさふ』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『てらさふ』朝倉 かすみ 文春文庫 2016年8月10日第一刷 てらさふ (文春文庫)

記事を読む

『ことり』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ことり』小川 洋子 朝日文庫 2016年1月30日第一刷 ことり (朝日文庫) &nb

記事を読む

『乙女の家』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『乙女の家』朝倉 かすみ 新潮文庫 2017年9月1日発行 乙女の家 (新潮文庫) 内縁関係

記事を読む

『ある一日』(いしいしんじ)_書評という名の読書感想文

『ある一日』いしい しんじ 新潮文庫 2014年8月1日発行 ある一日  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (

『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『彼女は頭が悪いから』姫野 カオルコ 文藝春秋 2018年7月20日第

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 抱く女

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑