『たそがれどきに見つけたもの』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『たそがれどきに見つけたもの』朝倉 かすみ 講談社文庫 2019年10月16日第1刷

たそがれどきに見つけたもの (講談社文庫)

(第一話) たそがれどきに見つけたもの

海野伊智子と別れたあと、割り算をした。
人生八十年とし、それを四で割ってみた。四は四季の四である。
二十ずつ区切った年齢に春夏秋冬をあてはめた。二十歳までが
、四十までが 。還暦まではとして、それより先をとした。
今年五十のわたしは、秋の真んなかにいた。
ほほう、と感心するように驚いた。そうか、わたしは実りの秋の真んなかにいたのであったか。
腕の振りが大きくなった。颯爽、というふうに夜道を歩く。わりあい暗い夜道である。

夫は高校の同級生。卒業後十数年ぶりに再会し、結婚した。けれどある日、高校時代の友人の口から、かつて好きだった卯月くんの名前が出て - 。

多田くんは高校の同級生だった。そのころから、色が白くて、線が細かった。髪の毛も目の色も茶色っぽくて、全体的に薄いのだった。
太陽にあたらない葉っぱの裏みたいだと、伊智子とこっそり笑い合ったものだ。当時、多田くんの親友で、だいたいいつも一緒にいた卯月くんが、葉っぱのおもてのようなタイプだったので、余計にそう感じたのかもしれないが、わたしはそういうイメージを多田くんに持ちつづけていた。(P11)

朱美が好きだったのは卯月くんでした。ところが、卯月くんは朱美にまるで関心がありません。多田くんが朱美を好きだと知っていたからです。当時、多田くんは一方的に朱美を好きになり、朱美はあくまで 「葉っぱのおもてのような」 卯月くんが好きなのでした。

卯月くんと伊智子の二人に乗せられて、朱美は (不本意ながら) 一度は多田くんと付き合ってはみるのですが、結局うまくいきません。「そういうふうには好きになれないと思う」- 朱美が多田くんにそう告げたのは、二学期の始業式のあとのことでした。

ところが、ところが。

高校生のころは気づかなかったが、三十半ばになってみたら、多田くんは多田くんでようすのいい男性だった。
おとなしげなところは変わっていないが、物腰が柔らかく、口調も性質もおだやかだった。わたしが視線をはずしたときでも、わたしを見ているようだった。そうして視線が合うと、一瞬にして顔がほころび、その表情のままゆっくりと目をふせた。
十七歳だったときに、うとましいと思ったことが、三十四歳になったら好ましいものに反転した。安心感といってよかった。葉っぱの裏のようなひとの隣にいれば、強い日射しをよけられるし、強風にさらされることもないし、雨もしのげる。(P33.34)

なので - 十数年ぶりに再会した翌年、二人は結婚したのでした。
それから十五年が経っています。今年五十になった朱美は春夏秋冬で言うと、まだまだ 「秋」 の真っただ中にいます。

今度は八十を二十四で割った。寿命を一日の時間で割ってみたのだった。余りが出たので、およそ三ということにした。
零時から午前一時を三歳まで、午前一時から二時を六歳まで、と考えていったら、五十歳は、午後四時と午後五時のあいだだった。
わたしが今生きている時間は、一日に喩えると、午後四時半ころのようである。
ほほう、と、またなにかに感心するように驚いてから、歩き始めた。そうか、秋真っ盛りの夕方か。そこにわたしは立っているのか。
いっそ早く昏れてくれ、と思うような部分があった。早く静かな夜になればいいのに。
(P21)

と思いきや、

ごくたまにだが、どうしても卯月くんにひと目会いたい、という衝動に駆られる瞬間が、わたしにはある。どんなことをしてでも卯月くんともう一度話がしたい、と全身で思い詰めるときがあった。葉っぱの裏みたいな夫には、ほとんど不満はないけれど、満足もしていないというような、ぶすぶすと燻るものがわたしのなかにあって、ごくごくたまになのだが、突然炎を上げるのだった。(P43)

わかります? わかりますよね。相応に歳を取ったあなたなら、きっとわかるはずです。「大人の心に寄り添う、切なく優しい短編集」 - 文庫の裏にはそんな惹句が載せてあります。

この本を読んでみてください係数 85/100

たそがれどきに見つけたもの (講談社文庫)

◆朝倉 かすみ
1960年北海道小樽市生まれ。
北海道武蔵女子短期大学教養学科卒業。

作品 「肝、焼ける」「田村はまだか」「夏目家順路」「玩具の言い分」「ロコモーション」「恋に焦がれて吉田の上京」「静かにしなさい、でないと」「満潮」「平場の月」他

関連記事

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版 藤色の記憶 (角川文庫)

記事を読む

『地獄への近道』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『地獄への近道』逢坂 剛 集英社文庫 2021年5月25日第1刷 地獄への近道 (集英社文庫

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 オロロ畑でつかまえて

記事を読む

『だから荒野』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『だから荒野』桐野 夏生 文春文庫 2016年11月10日第一刷 だから荒野 (文春文庫)

記事を読む

『罪の名前』(木原音瀬)_書評という名の読書感想文

『罪の名前』木原 音瀬 講談社文庫 2020年9月15日第1刷 罪の名前 (講談社文庫)

記事を読む

『月の満ち欠け』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『月の満ち欠け』佐藤 正午 岩波書店 2017年4月5日第一刷 月の満ち欠け 生きている

記事を読む

『翼がなくても』(中山七里)_ミステリーの先にある感動をあなたに

『翼がなくても』中山 七里 双葉文庫 2019年12月15日第1刷 翼がなくても (双葉文庫

記事を読む

『田村はまだか』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『田村はまだか』朝倉 かすみ 光文社 2008年2月25日第一刷 田村はまだか (光文社文庫)

記事を読む

『図書室』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『図書室』岸 政彦 新潮社 2019年6月25日発行 図書室 あの冬の日、大阪・淀川の

記事を読む

『ドアの向こうに』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『ドアの向こうに』黒川 博行 創元推理文庫 2004年7月23日初版 ドアの向こうに (創元推

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『名前も呼べない』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『名前も呼べない』伊藤 朱里 ちくま文庫 2022年9月10日第1刷

『Yuming Tribute Stories』(桐野夏生、綿矢りさ他)_書評という名の読書感想文

『Yuming Tribute Stories』桐野夏生、綿矢りさ他

『シュガータイム』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『シュガータイム』小川 洋子 中公文庫 2022年7月30日21刷発

『ぼくの死体をよろしくたのむ』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ぼくの死体をよろしくたのむ』川上 弘美 新潮文庫 2022年9月1

『老警』(古野まほろ)_書評という名の読書感想文

『老警』古野 まほろ 角川文庫 2022年8月25日初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑