『主よ、永遠の休息を』(誉田哲也)_せめても、祈らずにはいられない。

『主よ、永遠の休息を』誉田 哲也 中公文庫 2019年12月25日5刷

主よ、永遠の休息を (中公文庫)

「名無し少女 推定六歳 完全無修正」 - 共有通信の若き記者・鶴田は、暴力団事務所との接触から、ある誘拐殺人事件の犯行ビデオがネット配信されている事実を知る。真相を探る鶴田を影のように追う男、ほのかな恋情を交わすコンビニの店員・・・・・・・やがて十四年前の悪夢が甦る。大いなる不条理を見つめた慟哭のミステリー。(中公文庫)

14年前の8月21日月曜日、夜8時半頃。史奈ちゃんは親戚宅付近で行方不明になり、その夜のうちに捜索願が出されたが、発見には至らなかった。
しかし、史奈ちゃん失踪から19日が経った、9月9日の土曜日。その親戚宅から2キロほど離れた児童公園で、一人の男が警察に逮捕された。

男は、公園に遊びにきていた女児がトイレで用を足す様子をビデオカメラで撮影しようとし、だが犯行を、たまたま通りかかった公園管理組合員に目撃され、その場で取り押さえられた。通報を受けて駆けつけた警察官が事情を訊くと、男が盗撮しようとしたことを認めたため、現行犯逮捕となった。

その男の名が、稲垣満。当時24歳だった。
千葉県警木更津警察署は稲垣を取り調べ、さらに余罪を追及。すると稲垣は、まもなくとんでもない供述を始めた。8月の下旬に、家に遊びにきた女の子を暴行した上、殺害。家の裏の林に捨てた、と。
木更津署は県警捜査一課と捜査本部を設置。稲垣を死体遺棄容疑で再逮捕。のちに殺人容疑で再々逮捕。12月半ばに起訴。(P141.142)

つまりは、稲垣は史奈ちゃんを誘拐し、殺して棄てたのは自分だと全面的に認めたのであった。ところが、その翌年から始まった稲垣の裁判は、なんとも複雑な経過を辿ることになる。

時の 「稲垣の部屋」 の様子はというと -

写真は部屋の三方の壁を写しているが、そのどれもが本の背表紙や、ビデオのラベルらしきもので埋め尽くされている。床から天井まで、隙間なく並べられたタイトル、タイトル、タイトル。小さい写真なのでその一つひとつがなんなのかまでは分からないが、綺麗に整理整頓されている、という印象は少なくともない。隙間を見つけたらとにかく詰め込んで、詰め込む。そうやってできた、本とビデオの壁。趣味の砦。偏執狂的収集癖の洞窟。そんな眺めだ。

ただ、右側の壁の真ん中辺りには、ひと際大きな何かがはまり込んでいるのが見える。黒くて四角いもの。テレビ画面のようだ。そう思って改めて見ると、部屋の真ん中、かろうじて残っている床部分には布団が敷いてあり、黒い四角は、寝転がって観るのにちょうどいい場所に配置されているだと分かる。(P151)

あれ!? これって - 、以前テレビで見たような? 連日世間を騒がせた、幼女ばかりをつけ狙い、挙句捕まったあの男の部屋とそっくりではないかと。

布団、ときて、またあのブログの文面を思い出した。
映像の背景、無数に並んだビデオテープ、コミック、映っている少女、あの事件の、被害者。

激裏動画ドットコム で配信されていた映像とは、一体どういうものだったのだろう。この写真の部屋の、中央に敷かれた布団の上で、鈴木史奈という少女が、つまり凌辱される、まさにその場面だったというのか。(P151の続き)

この時点における鶴田の推理の半分は当っており、あとの半分は間違っている。彼が掴んだことは、まだ事件の真相のほんの端緒でしかない。隠された真実に迫るのは、さらに先のことである。

※ただ、事件は解決しても、誰も救われない。その不条理に、報われず無念のうちに息絶えた全ての人に、せめても 主よ、永遠の休息を と。

この本を読んでみてください係数  85/100

主よ、永遠の休息を (中公文庫)

◆誉田 哲也
1969年東京都生まれ。
学習院大学経済学部経営学科卒業。

作品 「妖の華」「アクセス」「ストロベリーナイト」「武士道セブンティーン」「ハング」「あなたが愛した記憶」「ケモノの城」「背中の蜘蛛」他多数

関連記事

『静かにしなさい、でないと』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『静かにしなさい、でないと』朝倉 かすみ 集英社文庫 2012年9月25日第1刷 静かにしな

記事を読む

『ミート・ザ・ビート』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『ミート・ザ・ビート』羽田 圭介 文春文庫 2015年9月10日第一刷 ミート・ザ・ビート (

記事を読む

『三面記事小説』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『三面記事小説』角田 光代 文芸春秋 2007年9月30日第一刷 三面記事小説 (文春文庫)

記事を読む

『それもまたちいさな光』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『それもまたちいさな光』角田 光代 文春文庫 2012年5月10日第一刷 それもまたちいさな光

記事を読む

『爪と目』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『爪と目』藤野 可織 新潮文庫 2016年1月1日発行 爪と目 (新潮文庫)  

記事を読む

『死刑にいたる病』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『死刑にいたる病』櫛木 理宇 早川書房 2017年10月25日発行 死刑にいたる病 (ハヤカワ

記事を読む

『鈴木ごっこ』(木下半太)_書評という名の読書感想文

『鈴木ごっこ』木下 半太 幻冬舎文庫 2015年6月10日初版 鈴木ごっこ (幻冬舎文庫)

記事を読む

『そこへ行くな』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『そこへ行くな』井上 荒野 集英社文庫 2014年9月16日第2刷 そこへ行くな (集英社文

記事を読む

『自覚/隠蔽捜査5.5』(今野敏)_書評という名の読書感想文

『自覚/隠蔽捜査5.5』今野 敏 新潮文庫 2017年5月1日発行 自覚: 隠蔽捜査5.5 (

記事を読む

『死んでいない者』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『死んでいない者』滝口 悠生 文芸春秋 2016年1月30日初版 死んでいない者 &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『貘の耳たぶ』(芦沢央)_取り替えた、母。取り替えられた、母。

『貘の耳たぶ』芦沢 央 幻冬舎文庫 2020年2月10日初版

『BUTTER』(柚木麻子)_梶井真奈子、通称カジマナという女

『BUTTER』柚木 麻子 新潮文庫 2020年2月1日発行

『ファーストラヴ』(島本理生)_彼女はなぜ、そうしなければならなかったのか。

『ファーストラヴ』島本 理生 文春文庫 2020年2月10日第1刷

『さまよえる脳髄』(逢坂剛)_あなたは脳梁断裂という言葉をご存じだろうか。

『さまよえる脳髄』逢坂 剛 集英社文庫 2019年11月6日第5刷

『終わりなき夜に生れつく』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『終わりなき夜に生れつく』恩田 陸 文春文庫 2020年1月10日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑