『僕はロボットごしの君に恋をする』(山田悠介)_幾つであろうと仕方ない。切ないものは切ない。

『僕はロボットごしの君に恋をする』山田 悠介 河出文庫 2020年4月30日初版

僕はロボットごしの君に恋をする (河出文庫)

あまりに切ない2人の恋の行方は?
ラストに驚愕必至の著者最高傑作、待望の文庫化! 文庫限定 「3年後の物語」 追加スピンオフでついに感動の完結!
(帯文より)

2060年、東京は3度目のオリンピックを控えており治安維持のために遠隔操作ロボットを使おうという政策がたてられた。この計画はAIロボットの研究所と警察庁が共同して行われるものであった。
主人公の 「大沢健」 はプロジェクトチームの一員である。オリンピック開催においてテロ予告を受けた会社の警護にあたる。その会社は健の初恋の人である 「天野咲」 が勤めており、今回の任務をきっかけに健は自分専用の遠隔操作ロボット 「翼」 を通して少しずつ咲との距離を縮めていく。そんな日々がしばらく続くが、オリンピック当日、事件は起きる。その後、予想外の事実が次々と明かされていく。

大沢健 (おおさわたける)
主人公。28歳。AIロボット研究所のプロジェクトメンバーの1人で咲の勤める会社の警護にあたる。小学生の頃、いじめられていたときに咲が兄の陽一郎とともに助けてくれたことをきっかけに彼女のことを好きになる。健が高校三年生のとき、事故に遭い若くして亡くなった陽一郎の両親の葬儀に出席する。その時健の前で泣き出した咲を見て 「彼女を一生守ろう」 と決意する。ネガティブな性格で仕事でミスをしてしまうことが多いが、感情が豊かな優しい青年。何をやっても完璧な陽一郎に劣等感を抱いている。

天野咲 (あまのさき)
23歳。オリンピックのテロを予告されているアテナ社に勤めている。陽一郎の妹。スポーツの実績が高い大学を卒業しており、大学では陸上部に所属していた。幼い頃に両親を亡くしており、陽一郎に育てられてきたため2人はカップルのように仲が良い。(wikipedia参照)

途中まではそれなりに順調だったのですが、何だかだあり、挙句こんなことになります。

容疑者は大沢健二十八歳。AIロボット技術研究所の職員で人質を一名取って逃亡中。指名手配され各幹線道路での検問がはじまっている模様です

健は運転席に座りながら状況が呑みこめず呆然としていた。
僕はAIロボット技術研究所の職員でロボットを使って東京の治安維持に当たる極秘プロジェクトメンバーだ。東京オリンピックを狙ったテロを防ぐために特殊任務を与えられて活動してきた。
しかしついさっきテロが起きてしまった。しかも高価なロボットをまた破損させてしまった。
もちろんそれだけでも重大な過失だ。さらに職務規定を破り四号が警備する現場にやってきてしまった。それなりの重い罰は覚悟していたつもりだ。※四号:健専用ロボット 「翼」 のこと
それでも・・・・・・・ちょっと待て。僕がテロの犯人? 咲ちゃんを人質にして逃亡中!? 
どうしてそうなるんだ。しかも全国に指名手配されたという。運転席のモニターに映し出されたニュースでは健の顔写真までもがはっきりと放送されていた。(本文より)

健には、何のことだかさっぱりわかりません。わかるのは、自分はいま確かに追われている、ということ。しかも、あろうことか愛する咲を人質にして。

物語はどこへ向かっていくのでしょう? そしてこの先、健の咲に対する想いは成就するのでしょうか。 

前半、思いもかけず健の邪魔をするのは、相棒のロボット 「翼」 の存在です。後半では、思いもしない人物が、健の前に大きく立ちはだかることになります。

この本を読んでみてください係数 80/100

僕はロボットごしの君に恋をする (河出文庫)

◆山田 悠介
1981年東京都生まれ。
神奈川県の大和市立南林間中学校と平塚学園高等学校卒業。

作品 「リアル鬼ごっこ」「親指さがし」「ブレーキ」「名のないシシャ」「奥の奥の森の奥に、いる。」「貴族と奴隷」「天使が怪獣になる前に」他多数

関連記事

『ジェントルマン』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ジェントルマン』山田 詠美 講談社文庫 2014年7月15日第一刷 ジェントルマン (講談社

記事を読む

『4TEEN/フォーティーン』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『4TEEN/フォーティーン』石田 衣良 新潮文庫 2005年12月1日発行 4TEEN (新

記事を読む

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行 ホワイトラビット(新潮文

記事を読む

『夏の庭 The Friends 』(湯本香樹実)_書評という名の読書感想文

『夏の庭 The Friends 』湯本 香樹実 新潮文庫 1994年2月25日発行 夏の庭―

記事を読む

『妻は忘れない』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『妻は忘れない』矢樹 純 新潮文庫 2020年11月1日発行 妻は忘れない(新潮文庫)

記事を読む

『フォルトゥナの瞳』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『フォルトゥナの瞳』百田 尚樹 新潮文庫 2015年12月1日発行 フォルトゥナの瞳 (新潮文

記事を読む

『氷菓 The niece of time』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『氷菓 The niece of time』米澤穂信 角川文庫 2001年11月1日初版 氷菓

記事を読む

『バラカ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『バラカ』桐野 夏生 集英社 2016年2月29日第一刷 バラカ   ア

記事を読む

『ぼくは悪党になりたい』(笹生陽子)_書評という名の読書感想文

『ぼくは悪党になりたい』笹生 陽子 角川書店 2004年6月30日初版 ぼくは悪党になりたい

記事を読む

『人のセックスを笑うな』(山崎ナオコーラ)_書評という名の読書感想文

『人のセックスを笑うな』山崎 ナオコーラ 河出書房新社 2004年11月30日初版 人のセック

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑