『夫の骨』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『夫の骨』矢樹 純 祥伝社文庫 2019年4月20日初版

夫の骨 (祥伝社文庫)

昨年、夫の孝之が事故死した。まるで二年前に他界した義母佳子の魂の緒に搦め捕られたように。血縁のない母を 「佳子さん」 と呼び、他人行儀な態度を崩さなかった夫。その遺品を整理するうち、私は小さな桐箱の中に乳児の骨を見つける。夫の死は本当に事故だったのか、その骨は誰の子のものなのか。猜疑心に囚われた私は・・・・・・・ (「夫の骨」)。家族の軋みを鋭く捉えた九編。(祥伝社文庫)

●夫は突然逝ってしまった。物置に正体不明の “” を遺して・・・・・(表題作 「夫の骨」 第73回日本推理作家協会賞 〈短編部門〉 受賞作)

●恋人すら奪う姉が許せない・・・・・幸せのため絶対に守りたい “大切な人” (「朽ちない花」)

●厚顔な娘に知られてはならない・・・・・可愛い孫に送金する祖母の “献身” (「柔らかな背」)

●妹に劣等感を持つ姉には、隠し続ける秘密が・・・・・その “歪な関係” (「ひずんだ鏡」)

●中学受験に挑む娘と、支える母。”最後の一行” (P172) に秘めた想い (「絵馬の赦し」)

●隣家の犬小屋に閉じ込められた女性が気付いた “遠吠えの理由” (「虚ろの檻」)

●亡父の四十九日の夜、なぜか屋根に上った母が “探していたもの” (「鼠の家」)

●離婚した父と引きこもりだった娘。二人がダムに “捨てたかったもの” (「ダムの底」)

●死んでもらわないと・・・・・ふがいない夫に堪えかねた妻の “殺人計画” (「かけがえのないあなた」)

以上の、すべてがどんでん返し。9つの家族が抱える、9つの秘密“ が描かれています。

(帯に) 決して覗いてはいけない 家族の秘密想像を超える結末、お約束します。 とあります。

若干解せない箇所があるにはありますが、全体としてはよく出来た作品で、この程度のおぞましさ、辛辣さの加減が私は好きです。受賞作だからというわけではありませんが、やはり冒頭の作品 「夫の骨」 がピカ一だと思います。この人が書いた他の作品を、もっと読みたいと思いました。

この本を読んでみてください係数 85/100

夫の骨 (祥伝社文庫)

◆矢樹 純
1976年青森県青森市生まれ。
弘前大学人文学科卒業。

作品 「Sのための覚え書き かごめ荘連続殺人事件」「がらくた少女と人喰い煙突」漫画原作に 「あいの結婚相談所」「バカレイドッグス」等

関連記事

『アンダーリポート/ブルー』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『アンダーリポート/ブルー』佐藤 正午 小学館文庫 2015年9月13日初版 アンダーリポート

記事を読む

『義弟 (おとうと)』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『義弟 (おとうと)』永井 するみ 集英社文庫 2019年5月25日第1刷 義弟 (集英社文

記事を読む

『影踏み』(横山秀夫)_書評という名の読書感想文

『影踏み』横山 秀夫 祥伝社 2003年11月20日初版 影踏み (祥伝社文庫) 三月二

記事を読む

『本と鍵の季節』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『本と鍵の季節』米澤 穂信 集英社 2018年12月20日第一刷 本と鍵の季節 (単行本)

記事を読む

『おめでとう』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『おめでとう』川上 弘美 新潮文庫 2003年7月1日発行 おめでとう (新潮文庫)

記事を読む

『愛の夢とか』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『愛の夢とか』川上 未映子 講談社文庫 2016年4月15日第一刷 愛の夢とか (講談社文庫)

記事を読む

『絵が殺した』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『絵が殺した』黒川 博行 創元推理文庫 2004年9月30日初版 絵が殺した (創元推理文庫)

記事を読む

『ある男』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『ある男』平野 啓一郎 文藝春秋 2018年9月30日第一刷 ある男 [あらすじ] 弁

記事を読む

『元職員』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『元職員』吉田 修一 講談社 2008年11月1日初版 元職員 (100周年書き下ろし)

記事を読む

『魚神(いおがみ)』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『魚神(いおがみ)』千早 茜 集英社文庫 2012年1月25日第一刷 魚神(いおがみ) (集英

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑