『往復書簡』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『往復書簡』湊 かなえ 幻冬舎文庫 2012年8月5日初版


往復書簡 (幻冬舎文庫)

高校教師の敦史は、小学校時代の恩師の依頼で、彼女のかつての教え子六人に会いに行く。六人と先生は二十年前の不幸な事故で繋がっていた。それぞれの空白を手紙で報告する敦史だったが、六人目となかなか会う事ができない(「二十年後の宿題」)。過去の「事件」の真相が、手紙のやりとりで明かされる、感動と驚きに満ちた、書簡形式の連作ミステリ。(幻冬舎文庫)

収録されているのは、①十年後の卒業文集 ②二十年後の宿題 ③十五年後の補習 に加え、ごくごく短い作品 ④一年後の連絡網 の4作品。①②③は、連作というよりもそれぞれが独立した短篇。④は、③のおまけ。

- 余談ですが、②の「二十年後の宿題」は映画『北のカナリアたち』の原案らしく、どうりで巻末には吉永小百合の「文庫化によせて」という一文(というかインタビュー記事)が載せてあります。

で、中で一番パンチが効いているのが③の「十五年後の補習」。優し目がいい方は①②、刺激がないとという方には③がおススメ。

③ 岡野万里子と永田純一の場合

九月十日頃だったと思う。放課後の自転車置き場で、康孝くんが一樹くんに殴られていて、それを二十人くらいの同級生、特に男の子が取り囲んで黙って見ていた。柔道で県の強化選手に選ばれるくらい強い一樹くんが、華奢で本ばかり読んでいる康孝くんを殴り倒して、わき腹を蹴り続けていた。目を覆いたくなるような光景だった。

あなたに声をかけたのは、まずは、わたしの自転車の前にあなたがいたから。そして、あなたならなんとかしてくれるんじゃないかと思ったから。康孝くんや一樹くんと同じ地区に住んでいて、どちらとも仲がよさそうだったので、仲裁してくれるんじゃないかと思ったし、あなたは正しいと思ったことを実行できる人だと思っていたから。そして、わたしがそう思っていることに、気付いてほしかったから。

でも、あなたは止めに入ってくれなかった。

もう、村の学校での授業は始まっていますか? 5×0 = 0 。環境も文化も違う子どもたちに、あなたはそれをどんなふうに教えるのでしょう。どんな数字でも0をかけると答えは0。それをそういうものだとは認識しているけれど、0をかける、とはどういうことなのか正直よくわかりません。全部無しにするってことですか?

そのときピンと閃いた。きみは裸。パンツの数は0枚。では、きみが百人になると、パンツの数はいくつでしょう。答えは0。

ったく、何、バカなことを書いてるんだか。だが、こういうことだ。0をかけるというのは、もともとあるものをなくしてしまうのではなく、もともとないものはいくら集めてもないままだということ。

あの事件にきみの非はない。どれだけ事実を探り集めても、きみの非がないことは変わらない。きみが認めてくれるなら、僕にもないと思いたい。0+0もまた0だ。

国際ボランティア隊に応募したのは、きみから逃れるためだ。派遣国が治安の悪いところだと知ったときは、俺にぴったりじゃないかと笑ってしまったくらいだ。それなのに、まさか、手紙に事件のことを書かれるとは。しかも、うまく嘘をつき通せたと思ったところに、記憶が戻り、予想外の目撃情報だ。

命を奪ったという重い罪に、嘘をかけても、なかったことにはならないということか。0をかけるとはそういうことじゃないと、きみに説明したばかりなのに、僕自身が理解していなかったとは、愚かなものだ。

すべては15年前、中二の二学期のことです。学校の自転車置き場で起きた出来事は、やがて一樹と康孝、二人の運命を大きく変える事態へと繋がってゆきます。それがもとで万里子と純一は、嘘とかりそめの恋とを塗り込めた往復書簡を交わすことになります。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


往復書簡 (幻冬舎文庫)

◆湊 かなえ
1973年広島県因島市中庄町(現・尾道市因島中庄町)生まれ。
武庫川女子大学家政学部卒業。

作品 「告白」「少女」「贖罪」「Nのために」「夜行観覧車」「望郷」「豆の上で眠る」「境遇」「サファイア」「母性」「絶唱」「リバース」「ユートピア」他多数

関連記事

『すべて忘れてしまうから』(燃え殻)_書評という名の読書感想文

『すべて忘れてしまうから』燃え殻 扶桑社 2020年8月10日第3刷 すべて忘れてしまうから

記事を読む

『私が失敗した理由は』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『私が失敗した理由は』真梨 幸子 講談社文庫 2019年9月13日第1刷 私が失敗した理由は

記事を読む

『俺はまだ本気出してないだけ』(丹沢まなぶ)_書評という名の読書感想文

『俺はまだ本気出してないだけ』丹沢 まなぶ 小学館文庫 2013年4月10日第一刷 小説 俺は

記事を読む

『甘いお菓子は食べません』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『甘いお菓子は食べません』田中 兆子 新潮文庫 2016年10月1日発行 甘いお菓子は食べませ

記事を読む

『家族の言い訳』(森浩美)_書評という名の読書感想文

『家族の言い訳』森 浩美 双葉文庫 2018年12月17日36刷 家族の言い訳 (双葉文庫)

記事を読む

『おまえじゃなきゃだめなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『おまえじゃなきゃだめなんだ』角田 光代 文春文庫 2015年1月10日第一刷 おまえじゃなきゃだ

記事を読む

『高校入試』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『高校入試』湊 かなえ 角川文庫 2016年3月10日初版 高校入試 (角川文庫) &n

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 オロロ畑でつかまえて

記事を読む

『R.S.ヴィラセリョール』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『R.S.ヴィラセリョール』乙川 優三郎 新潮社 2017年3月30日発行 R.S.ヴィラセニ

記事を読む

『格闘する者に◯(まる)』三浦しをん_書評という名の読書感想文

『格闘する者に◯(まる)』 三浦 しをん 新潮文庫 2005年3月1日発行 格闘する者に○ (

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『坂の上の赤い屋根』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『坂の上の赤い屋根』真梨 幸子 徳間文庫 2022年7月15日初刷

『青い鳥』(重松清)_書評という名の読書感想文

『青い鳥』重松 清 新潮文庫 2021年6月15日22刷

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷

『腐葉土』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『腐葉土』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第6刷

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑