『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6刷

入らずの森 (祥伝社文庫)

陰惨な歴史が残る四国山中の集落・尾峨に赴任した中学教師・金沢には、競技中の事故で陸上を諦めた疵があった。彼の教え子になった金髪の転校生・杏奈には、田舎を嫌う根深い鬱屈が。一方、疎外感に苛まれるIターン就農者・松岡は、そんな杏奈を苦々しく見ていた。一見、無関係な三人。だが、彼らが平家の落人伝説も残る不入森で交錯した時、地の底で何かが蠢き始める・・・・・・・。(祥伝社文庫)

プロローグ (全文)

それは常闇から浮かび上がった。
茫洋たる海の中をたゆたうように空ろな仮眠はとぎれ、つながり、また続く。
小さな萌しがそれを揺り動かす。
まぼろしの世界の中のたったひとつの生々しいもの - 飢餓。
それは飢えていた。

森の底 - 土の中。
湿潤で寒々しいその場所で、それははっきりと覚醒する。
岸を打つ波のような原初のリズムにしばらく身をまかせた後、それは動きだす。
模糊とした形象のまま森の底を這い進む。
霧が屍衣のようにそれを覆っている。
やがて明るく開けた場所に到達する。
振動が伝わってきた。何かが近寄ってくる。生体が生み出す一定のリズムを感じ取って、それは頭をもたげた。
時がきたのだ。それは身を凝らせる。
何かがすぐそばにやって来た。

明るい林の中で少女は立ち止まった。金色に染めた髪の毛に木洩れ日が降り注ぐ。
何十本もの榾木がお互いに寄りかかるように組まれたその間。
何かが腐乱する直前の、甘く爛れた匂いが漂っている。
少女は時折腰をかがめては、そこに生えたシイタケを摘み取って、手元のカゴに入れている。ひそかに寄せた眉根、きっと固く結んだ口元が、彼女の不機嫌さを表している。それでも機械的に指がシイタケをもぎ取る。
乱暴にシイタケをもぎ取ったその反動で、少女の指が榾木の表面に貼り付いていた物体に触れた。固まった皮膚のような肌色をしたその破片は、ぱりんと砕けて下に落ちた。

記憶の波が押し寄せる。
甘く温かく腐乱した餌の匂い・・・・・・・それにまとわりついて離れることのない匂い。
体の内奥で、滞っていたものが煮えたぎり、流れ出す。

少女はふっと顔を上げた。
辺りの様子を窺っているようだ。鼻をひくつかせる。
「何、この匂い? 」
少女はますます不機嫌な表情になる。

それは再びひりつくような飢えを感じる。

「杏奈! 」
榾木の連なりの向こうで老婆が身を起こした。
「何をぐずぐずしとんじゃ! 」
少女はカゴを持ち直すと歩きだした。
甘いような酸いような、死体を思わせる腐臭がふわりと立ち昇る。
それきり森の中は静まり返った。

第一章 幻夢
第二章 不入森
(いらずのもり)
第三章 骸花 (むくろばな)
第四章 曼荼羅 (まんだら)
第五章 斉唱
エピローグ

新米教師の圭介。金髪の少女・杏奈。そしてIターン就農者の松岡。三人はそれぞれに縁があり、たまたま尾峨にやって来たのでした。それだけならよかったものの、三人はまたそれぞれに、心に深い傷を負っています。気付かぬうちに、人を強く怨んでいます。

そのことが、やがて 〈それ〉 を目覚めさせることになります。〈それ〉 は生きてはいますが、人ではありません。意思があるかないかもわかりません。

この本を読んでみてください係数 80/100

入らずの森 (祥伝社文庫)

◆宇佐美 まこと
1957年愛媛県松山市生まれ。
松山商科大学人文学部卒業。

作品 「るんびにの子供」「愚者の毒」「虹色の童話」「角の生えた帽子」「死はすぐそこの影の中」「熟れた月」「ボニン浄土」他多数

関連記事

『百舌の叫ぶ夜』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌の叫ぶ夜』 逢坂 剛 集英社 1986年2月25日第一刷 百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ)

記事を読む

『リバース&リバース』(奥田亜希子)_書評という名の読書感想文

『リバース&リバース』奥田 亜希子 新潮文庫 2021年4月1日発行 リバース&リバース(新

記事を読む

『姫君を喰う話/宇能鴻一郎傑作短編集』(宇能鴻一郎)_書評という名の読書感想文

『姫君を喰う話/宇能鴻一郎傑作短編集』宇能 鴻一郎 新潮文庫 2021年8月1日発行 姫君を

記事を読む

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版 ボニン浄土 刺客は、思

記事を読む

『田舎でロックンロール』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『田舎でロックンロール』奥田 英朗 角川書店 2014年10月30日初版 田舎でロックンロール

記事を読む

『殺戮にいたる病』(我孫子武丸)_書評という名の読書感想文

『殺戮にいたる病』我孫子 武丸 講談社文庫 2013年10月13日第一刷 新装版 殺戮にいたる

記事を読む

『噂の女』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『噂の女』奥田 英朗 新潮文庫 2015年6月1日発行 噂の女 (新潮文庫)  

記事を読む

『墓標なき街』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『墓標なき街』逢坂 剛 集英社文庫 2018年2月25日初版 墓標なき街 (集英社文庫)

記事を読む

『てらさふ』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『てらさふ』朝倉 かすみ 文春文庫 2016年8月10日第一刷 てらさふ (文春文庫)

記事を読む

『ほかに誰がいる』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ほかに誰がいる』朝倉 かすみ 幻冬舎文庫 2011年7月25日5版 ほかに誰がいる (幻冬

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『向日葵の咲かない夏』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『向日葵の咲かない夏』道尾 秀介 新潮文庫 2019年4月30日59

『ミシンと金魚』(永井みみ)_書評という名の読書感想文

『ミシンと金魚』永井 みみ 集英社 2022年4月6日第4刷発行

『夏の陰』(岩井圭也)_書評という名の読書感想文

『夏の陰』岩井 圭也 角川文庫 2022年4月25日初版

『パイナップルの彼方』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『パイナップルの彼方』山本 文緒 角川文庫 2022年1月25日改版

『死にゆく者の祈り』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『死にゆく者の祈り』中山 七里 新潮文庫 2022年4月15日2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑