『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ)_書評という名の読書感想文

『そして、バトンは渡された』瀬尾 まいこ 文春文庫 2020年9月10日第1刷

そして、バトンは渡された (文春文庫)

幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない “父” と暮らす。血の繋がらない親の間をリレーされながらも出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つとき - 。大絶賛の本屋大賞受賞作。解説・上白石萌音 (文春文庫)

遅まきながら、2019年の本屋大賞 『そして、バトンは渡された』 を読みました。どこまでもヒューマンで心温まる物語 - それが想像できたので、読むのを少し躊躇していました。善良に過ぎて 「ちょっとしんどいかも」 と思っていました。

私には父親が三人、母親が二人いる。家族の形態は、十七年間で七回も変わった。これだけ状況が変化していれば、しんどい思いをしたこともある。新しい父親や母親に緊張したり、その家のルールに順応するのに混乱したり、せっかくなじんだ人と別れるのに切なくなったり。けれど、どれも耐えられる範囲のもので、周りが期待するような悲しみや苦しみとはどこか違う気がする。(本文より)

森宮優子、17歳。高校二年生。
彼女は、生まれた時は水戸優子でした。その後、田中優子となり、泉ヶ原優子を経て、現在は森宮を名乗っています。

優子という名前は、とても気に入っています。しかし、名付けた人物 (実の父と母) が近くにいないため、どういう思いでつけられた名前かはわかりません。

そもそも、幼い頃に亡くなった母のことは (思い出そうとしても) 思い出し様がありません。父は、仕事で行くと決まったブラジルへ一緒に行こうと言ったのでした。

ついて行くか行くまいか、優子は大いに悩みます。その結果、彼女は父と一緒に行くよりも、(日本に残るという) 父の再婚相手の梨花さんと暮らすことを選びます。

これがすべての発端で、その後、優子の意思とは裏腹に、家族の “在り様” が次々と変化していきます。

そして、現在。優子は三人目の “父” となる、森宮壮介と暮らしています。(森宮は 35歳。東大卒で、一流企業に勤めています)

※中々にない状況に、ちょっと戸惑うかもしれません。家族や親子関係について、たとえ血が繋がっていたとしても、何かと揉めることが多い中で、「なわけないでしょうに」 と。

ところが、当の優子はというと、(自分の置かれた状況が) 他人が思うほどには辛くも何ともないらしい。臆せず、健気に、あるがままに受け入れています。そしてその結果、

五人の父と母がおり、血の繋がっていない人ばかりではあるけれど、その全員を大好きだ。

困ったことに、全然不幸ではないのだ。

と。

読めばわかるのですが、これは彼女の見栄や強がりでは決してありません。それが証拠に、登場する人物すべてが善意の塊で、1ミリの悪意もありません。優子はそれを肌で感じています。

この本を読んでみてください係数 80/100

そして、バトンは渡された (文春文庫)

◆瀬尾 まいこ
1974年大阪府生まれ。
大谷女子大学文学部卒業。

作品 「卵の緒」「図書館の神様」「天国はまだ遠く」「優しい音楽」「幸福な食卓」「僕らのごはんは明日で待ってる」「戸村飯店 青春100連発」他多数

関連記事

『蜃気楼の犬』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『蜃気楼の犬』呉 勝浩 講談社文庫 2018年5月15日第一刷 蜃気楼の犬 (講談社文庫)

記事を読む

『盤上に散る』(塩田武士)_書評という名の読書感想文 

『盤上に散る』塩田 武士 講談社文庫 2019年1月16日第一刷 盤上に散る (講談社文庫)

記事を読む

『寝ても覚めても』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『寝ても覚めても』柴崎 友香 河出文庫 2014年5月20日初版 寝ても覚めても (河出文庫)

記事を読む

『ざらざら』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ざらざら』川上 弘美 新潮文庫 2011年3月1日発行 ざらざら (新潮文庫) &nb

記事を読む

『坂の途中の家』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『坂の途中の家』角田 光代 朝日文庫 2018年12月30日第一刷 坂の途中の家 (朝日文庫

記事を読む

『アンダーリポート/ブルー』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『アンダーリポート/ブルー』佐藤 正午 小学館文庫 2015年9月13日初版 アンダーリポート

記事を読む

『迅雷』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『迅雷』黒川 博行 双葉社 1995年5月25日第一刷 迅雷 (文春文庫)  

記事を読む

『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その2)

『新宿鮫』(その2)大沢 在昌 光文社(カッパ・ノベルス) 1990年9月25日初版 新宿鮫

記事を読む

『四十回のまばたき』(重松清)_書評という名の読書感想文

『四十回のまばたき』重松 清 幻冬舎文庫 2018年7月25日18版 四十回のまばたき (幻冬

記事を読む

『虹』(周防柳)_書評という名の読書感想文

『虹』周防 柳 集英社文庫 2018年3月25日第一刷 虹 (集英社文庫) 二十歳の女子大生

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑