『地獄への近道』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『地獄への近道』逢坂 剛 集英社文庫 2021年5月25日第1刷

地獄への近道 (集英社文庫)

お馴染み御茶ノ水署生活安全課保安二係の迷コンビ、斉木&梢田がまたも駆け回る! 神保町に新たにできたバーに、見回りと称してビールを飲みに入ったら、薬物取引の疑惑が突如浮上して・・・・・・・(「影のない女」)。最近できた映画館で流れるのは一日一作品限り、しかも何が流れるか分からない。その隠された理由とは (「地獄への近道」)。人気ユーモア・ミステリーシリーズ第6弾。著者初のいきなり文庫! (集英社文庫)

※本書は、「web集英社文庫」 2020年12月~2021年4月に配信された連載をまとめたオリジナル文庫です。

目次
1.影のない女
2.天使の夜
3.不良少女M
4.地獄への近道

さて、最初の 「影のない女」。
いかにもこのシリーズらしく神田神保町が細かく正確に書かれている。私も、この界隈には土地勘があり、作品のなかに懐かしい部分と変わってしまった部分が混在しており、とても感慨深かった。

相変わらず、斉木は小学校の時に自分をいじめた同級生で、今は直属の部下の梢田をいじめ返し、梢田は斉木の魔手を逃れるために昇任試験を受けては、落ち続けている。

しかし、大学と古本と出版社の街、神保町である。質より量の学生相手の飲食店と、領収書さえ完備されていればどんな高い店にも突撃していく編集者相手の飲食店がこれまた混在しており、その特殊性は昔とあまり変わっていないと思う。

当然、新宿歌舞伎町だのマニラだのNYブロンクスだのというような土地とは、起こる犯罪の悪さの質も違っているはずであり、そういう場所でも点数を稼がねばならぬという斉木&梢田の苦悩はつきることがないだろう。

しかし、もちろん事件は起こる。錐で延髄を一突きというだけが事件ではないのである。その背景にどういう 「悪」 が潜んでいるかが問題なのである。(山田裕樹/解説より)

言わずもがなですが、「錐で延髄を一突き」 とは、冷酷非情な殺人鬼を 「はやにえ」 で有名な鳥に譬えて人気の 「百舌シリーズ」 のことです。本作がシリアスな警察小説とは正反対の、軽妙でどこかコミカルなものだということが言いたいのだと思います。

さらに加えて、「スペインものの長大な時間の流れや、公安ものの巨悪への挑戦ばかりが、逢坂作品の特質ではないのである」 と山田氏は言います。長編で、凶悪で残忍な事件ばかりが事件ではないということ。「事件」 は、見方さえ変えれば如何様にも創り出せる。それこそが著者の才能である - と言いたいのだと。(あとはひとえに好みの問題です! )

この作品にはもう一人、欠くべからざる人物が登場します。名を五本松小百合といい、斉木や梢田と同じ御茶ノ水署の生活安全課に勤務する、れっきとした警察官です。五本松は、ある意味、斉木や梢田以上に活躍します。事件にかかる裏情報に精通しています。

時に、彼女は自分を 「松本ユリ」 と称しています。

この本を読んでみてください係数 80/100

地獄への近道 (集英社文庫)

◆逢坂 剛
1943年東京都文京区生まれ。
中央大学法学部法律学科卒業。

作品 「カディスの赤い星」「屠殺者よグラナダに死ね」「百舌シリーズ」「岡坂伸策シリーズ」「御茶ノ水警察署シリーズ」「イベリアシリーズ」「禿鷹シリーズ」他多数

関連記事

『泳いで帰れ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『泳いで帰れ』奥田 英朗 光文社文庫 2008年7月20日第一刷 泳いで帰れ (光文社文庫)

記事を読む

『らんちう』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『らんちう』赤松 利市 双葉社 2018年11月25日第一刷 らんちう 「犯人はここにい

記事を読む

『くちなし』(彩瀬まる)_愛なんて言葉がなければよかったのに。

『くちなし』彩瀬 まる 文春文庫 2020年4月10日第1刷 くちなし (文春文庫)

記事を読む

『あなたならどうする』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あなたならどうする』井上 荒野 文春文庫 2020年7月10日第1刷 あなたならどうする

記事を読む

『ジャズをかける店がどうも信用できないのだが・・・・・・。』(姫野 カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ジャズをかける店がどうも信用できないのだが・・・・・・。』姫野 カオルコ 徳間文庫 2016年3月

記事を読む

『海馬の尻尾』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『海馬の尻尾』荻原 浩 光文社文庫 2020年8月20日初版 海馬の尻尾 (光文社文庫)

記事を読む

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(上巻)伊集院 静 講談社文庫 2016年1月15日第一刷

記事を読む

『それまでの明日』(原尞)_書評という名の読書感想文

『それまでの明日』原 尞 早川書房 2018年3月15日発行 それまでの明日 11月初旬のあ

記事を読む

『遊佐家の四週間』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『遊佐家の四週間』朝倉 かすみ 祥伝社文庫 2017年7月20日初版 遊佐家の四週間 (祥伝社

記事を読む

『殺人鬼フジコの衝動』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『殺人鬼フジコの衝動』真梨 幸子 徳間文庫 2011年5月15日初版 殺人鬼フジコの衝動 (徳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑