『蝶々の纏足・風葬の教室』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『蝶々の纏足・風葬の教室』山田 詠美 新潮社 1997年3月1日発行


蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)

 

「風葬の教室」(平林たい子文学賞受賞作)

『僕は勉強ができない』、併録の『蝶々の纏足』と並び、山田詠美が描く少年少女ものの傑作。この作品には特別な思い入れがあるという人がたくさんいるのではないかと思います。中に、私にとって1番 の小説ですと言う人がいるかも知れません。

主人公は、小学5年生になる「本宮杏」という少女。父親の仕事の関係で転校を繰り返し、今回は田舎の小学校へ転入してきます。早熟で、元々が都会っ子の杏にとって、その小学校のクラスメイトは「田舎くさい」というより、むしろ「精神的に幼い」子どもに思えます。

特別に好かれるような事態はもっての外、目立たず、波風を立てずに溶け込みたいと願う杏は、最初こそ無難にクラスメイトや先生との関係を築いていきますが、やがて、彼女が放つ都会的な雰囲気は嫉妬の対象となり、それがイジメへと繋がっていきます。

杏は子供心に、自殺を考えるまでに追い詰められます。しかし、あるとき、ある人の言葉が彼女を救います。杏をイジメから解放し、彼女が確実に一歩大人の世界へと踏み出すきっかけとなったのは、同級生たちを「軽蔑する」ということでした。軽蔑し、彼らを心の中で殺し、葬り去るということだったのです。
・・・・・・・・・・
なぜこの小説が多くの人の支持を得ているのか。今もって古びず、読み継がれて、人の心を刺すように刺激的なのか。それを考えるとき、いかに幼い頃のイジメに纏わる経験が切実で、大人になっても忘れることができない忌まわしい記憶であるかがわかります。

そして、多くの大人がこの忌まわしい記憶を共有してのがわかります。たかが小学生と侮ってはなりません。彼らは小さな身体と幼い頭で、日毎自分の立ち位置をキープすることに腐心しています。まるで大人と同じで、繕わない分、大人よりもなお傷ついているのです。

杏はこんな風に思います。

私は、この人たちを嫌っていないのだから、皆、私のことも嫌いにならないといいなあ、と漠然と考えています。私は、嫌われないことが一番好きです。それが、とても楽なことだと思うからです。

そして、こうも続けます。

私は、私と同じ年齢の子たちに好かれるのが、とても面倒臭い。でも、嫌われるのはもっと嫌です。学校の生活がうまく運ばなくなりますから。学校での生活は眠る時間より長いのです。私ぐらいの年齢の子にとっては、一番、時間をかけていることが人生です。

杏にしてみれば、学校こそ人生なのです。大人のように、自分の人生を自分で決めるわけにはいきません。窮屈で、不自由で、理不尽極まりない「人生」を、それでも幼い子どもたちは必死になって生きています。その思いを、どうか汲み取ってください。「風葬の教室」というタイトルに込められた、杏の覚悟を知ってください。

小説は、随所に、幼かったあの頃を思い起こさせるようなシーンや会話、杏のつぶやきなどに溢れています。ああそうだ、私もそんな気持ちだったと思うことがいくつもあります。例えば、女性のあなた。あの頃あなたも、やっぱりこんな風だったのでしょうか。

それにしても、一緒におトイレにいくお友だちがいないというのはせつないことです。所詮、おしっこをする時は、ひとりなのだから関係ないじゃないかと言う人も中にはいるかもしれません。けれど、問題はそのことではないのです。

おトイレにいくまでの道のりなのです。ひとりでいくおトイレまでの道のりは、ものすごく遠い。すれ違う男子が、ああこれから、おしっこをするのか、と見詰めているような気がします。たかが、おしっこをするのに、つき合ってくれるお友だちがいないのかと他のクラスの人たちに思われているような気がします。(本文より)

 

◆この本を読んでみてください係数  90/100


蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)

◆山田 詠美
1959年東京都板橋区生まれ。
明治大学日本文学科中退。

作品 「僕は勉強ができない」「ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー」「ジェントルマン」「ベッドタイムアイズ」「A2Z」「風味絶佳」「学問」「放課後の音符」「熱血ポンちゃんシリーズ」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『ギッちょん』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『ギッちょん』山下 澄人 文春文庫 2017年4月10日第一刷 ギッちょん (文春文庫) 四

記事を読む

『東京放浪』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『東京放浪』小野寺 史宜 ポプラ文庫 2016年8月5日第一刷 (12-4)東京放浪 (ポプラ

記事を読む

『ノースライト』(横山秀夫)_書評という名の読書感想文

『ノースライト』横山 秀夫 新潮社 2019年2月28日発行 ノースライト 一家はどこ

記事を読む

『孤狼の血』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『孤狼の血』柚月 裕子 角川文庫 2017年8月25日初版 孤狼の血 (角川文庫) 昭和63

記事を読む

『犯罪小説集』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『犯罪小説集』吉田 修一 角川文庫 2018年11月25日初版 犯罪小説集 (角川文庫)

記事を読む

『だれかの木琴』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『だれかの木琴』井上 荒野 幻冬舎文庫 2014年2月10日初版 だれかの木琴 (幻冬舎文庫)

記事を読む

『誰かが足りない』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『誰かが足りない』宮下 奈都 双葉文庫 2014年10月19日第一刷 誰かが足りない (双葉文

記事を読む

『どこから行っても遠い町』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『どこから行っても遠い町』川上 弘美 新潮文庫 2013年9月1日発行 どこから行っても遠い町

記事を読む

『儚い羊たちの祝宴』(米澤穂信)_名手が放つ邪悪な五つの物語

『儚い羊たちの祝宴』米澤 穂信 新潮文庫 2019年6月5日12刷 儚い羊たちの祝宴 (新潮

記事を読む

『地下鉄に乗って〈新装版〉』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『地下鉄に乗って〈新装版〉』浅田 次郎 講談社文庫 2020年10月15日第1刷 地下鉄に乗

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『地獄への近道』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『地獄への近道』逢坂 剛 集英社文庫 2021年5月25日第1刷

『ブルーもしくはブルー』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『ブルーもしくはブルー』山本 文緒 角川文庫 2021年5月25日改

『天国までの百マイル 新装版』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『天国までの百マイル 新装版』浅田 次郎 朝日文庫 2021年4月3

『七怪忌』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『七怪忌』最東 対地 角川ホラー文庫 2021年4月25日初版

『1リットルの涙/難病と闘い続ける少女亜也の日記』(木藤亜也)_書評という名の読書感想文

『1リットルの涙/難病と闘い続ける少女亜也の日記』木藤 亜也 幻冬舎

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑