『たまさか人形堂ものがたり』(津原泰水)_書評という名の読書感想文

『たまさか人形堂ものがたり』津原 泰水 創元推理文庫 2022年4月28日初版

人形修復店の謎解き譚 - 人形を修復することは、ひとの心を治すこと。人形修復を請け負う小さな店の素人店主と優秀な職人たちが出会う不可思議な謎

会社をリストラされ突如無職となった澪は、かつて祖母が営んでいた小さな人形店を継ぐことにした。人形マニアの青年・冨永と謎多き職人・師村の助けを得て、素人なりに、人形修復を主軸にどうにか店を営んでいる - 店に持ちこまれる、様々な来歴をもつ人形や縫いぐるみを通して人の心の謎を描く、珠玉のミステリ連作集。特別書き下ろし短編 「回想ジャンクション」 を収録する。(創元推理文庫)

私は、津原泰水という作家のことを大して知っているわけではありません。たしか読んだのは 『11 eleven』 と 『綺譚集』 の二冊だけだと思います。特に読みたいと思う本がない中で、思いつきのように買ってみただけのことでした。

今回 『たまさか人形堂ものがたり』 を読んで驚いたのは、私が勝手にイメージしていた津原泰水の小説とはまるで異なる作風だったからです。ちょっと妖しい、”アブナイ” 話を専門に書く人だとばかり思っていました。

ところが、幻想小説、怪奇小説、推理小説、SF小説、青春小説、恋愛小説、少女小説・・・・・・・と、あらゆるジャンルの小説を、文体を変え表現を変え、自在に書き分けて有名な作家さんだと (遅まきながら) 初めて知りました。

津原さんの物語は、読んだあと、うなだれて 読まなきゃよかった と思うことがある。自分では、物語をここまで精密に書けない、という事実に打ちひしがれるからだ。

おだやかで、静か。軽やかで、それでいてなんとも深い情感の物語。文章が淡麗であること、人物が魅力的であること、豊かな知識に基づいていること、強い興奮を覚えるような、ドラマチックな展開があること。でもそれらはみんな言わずもがなで、特筆するまでもない。充分な期待をして、心のままに、楽しんで欲しい。そして、この本よかったねと誰かと指をさして話して欲しい。

わたしもきっとそう言うことだろう。この本すごくよかった だって、優しい話だったからと。

作家としてのわたしは 優しいだけの話なんて と思ってしまう、ことがある。そんな、毒にも薬にもならない物語で、癒されたりなんかしたくない、って。でも、本当は、物語のもつ優しさって、そういうことじゃないのだ。

この物語には様々な人形が出てくるし、その人形達にはみな傷や不具合があり、人形堂に持ち込まれる。それだけで、感情であり物語だ。そして、登場人物達は皆、その人形を直そうとする。ひとが、ひとに、そうしようとするように。優しい話であり、救いがある。けれどそれ以上に、誰かに、何かに優しくしたいと求める物語なのだ。(紅玉いづき/解説より)

たまさか人形堂の、店主の澪さん。そこで働く、職人の師村さんと冨永くん。この三人の取り合わせが絶妙で気持ちいいのが一番のお勧めで、深刻ぶらず軽妙で、驕るそぶりが微塵もありません。三人は、持ち込まれた人形やその修復依頼などを通し、読み手である我々に - 誰かに優しくすることは、時に、恋をするよりも難しい - ということを教えてくれます。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆津原 泰水
1964年広島県広島市生まれ。
青山学院大学国際政治経済学部卒業。

作品 「蘆屋家の崩壊」「ルピナス探偵団の当惑」「赤い竪琴」「ブラバン」「11 eleven」「ルピナス探偵団の憂愁」他多数

関連記事

『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村 深月 講談社 2009年9月14日第一刷 辻村深月がこの小説で

記事を読む

『茄子の輝き』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『茄子の輝き』滝口 悠生 新潮社 2017年6月30日発行 離婚と大地震。倒産と転職。そんなできご

記事を読む

『叩く』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『叩く』高橋 弘希 新潮社 2023年6月30日発行 芥川賞作家が贈る 「不穏な人

記事を読む

『天頂より少し下って』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『天頂より少し下って』川上 弘美 小学館文庫 2014年7月13日初版 『天頂より少し下って

記事を読む

『うどん陣営の受難』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『うどん陣営の受難』津村 記久子 U - NEXT 2023年8月25日 第2刷発行 100

記事を読む

『つむじ風食堂の夜』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『つむじ風食堂の夜』吉田 篤弘 ちくま文庫 2005年11月10日第一刷 懐かしい町「月舟町」の十

記事を読む

『どろにやいと』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『どろにやいと』戌井 昭人 講談社 2014年8月25日第一刷 ひとたび足を踏み入れれば、もう

記事を読む

『太陽の坐る場所』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『太陽の坐る場所』辻村 深月 文春文庫 2011年6月10日第一刷 高校卒業から十年。元同級生

記事を読む

『逃亡作法 TURD ON THE RUN(上・下)』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『逃亡作法 TURD ON THE RUN』(上・下)東山 彰良 宝島社文庫 2009年9月19日第

記事を読む

『誰もいない夜に咲く』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『誰もいない夜に咲く』桜木 紫乃 角川文庫 2013年1月25日初版 7つの短編は、過疎、嫁

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑