『凶獣』(石原慎太郎)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『凶獣』(石原慎太郎), 作家別(あ行), 書評(か行), 石原慎太郎

『凶獣』石原 慎太郎 幻冬舎 2017年9月20日第一刷

神はなぜこのような人間を創ったのか?

2001年6月8日、未曽有の事件は起こった。大阪府池田市の小学校に刃物を持って侵入した宅間守は逃げまどう小学1年生と2年生の児童8名を殺害、15名に重軽傷を負わせた。初公判の日、入廷してきた宅間は三度口笛を吹いたという。なぜ彼は事件を起こしたのか? 綿密な取材とインタビューで宅間の実像に迫る戦慄の記録! (幻冬舎)

もう一度書いておこう。

【附属池田小学校事件】 とは・・・・・・・ 平成13年6月8日の午前10時過ぎ頃、大阪教育大学教育学部付属池田小学校に出刃包丁を持った男1名(宅間守被告人) が自動車専用門から校内に侵入し、校舎1階にある2年生と1年生の教室等で児童や教員を襲撃。児童8名が死亡、教員を含む15名が重軽傷を負った事件。

対する、著者・石原慎太郎のコメント。

汝は何者なりや。

しかしそれにしても彼の非行の軌跡はどう眺めても異形なものだ。五歳の時、三輪車で国道の真ん中を走り出し周りの次目を集め、それ以降彼の人生の軌跡をたどると母親が彼を妊娠した時、何故かしきりにこの子供を堕したいと夫に訴えたというのは何への予感だったのだろうか。(本文から)

ネットでみると不平不満のオンパレード。内容に対する評価は思いのほか厳しい。かねてよりの石原慎太郎ファンにとっては大いに期待はずれの出来であるらしい。

文字が大きすぎてスカスカであるとか、1,500円とはどう考えても高すぎるであるとか、公判記録や取材にかかるインタビューばかりが多くを占め、創作部分がいたって少ないであるとか・・・・・・・

諸々の意見はわからぬではありません。しかし、(少なくとも)私にとってそんなことはどうでもよくて、私は石原慎太郎が好きでこの本を読みたいと思ったのではなく、偏に、「宅間守」 という男に (他にはない) 強い興味があったので読みたいと思ったまでのことです。

多くのページが割いてある創作以外の部分 - 逮捕されて以後の、臨床心理士や弁護士との面談。そこでの、宅間が語る己自身の心情など - およそ 「普通ではない」 彼の心の縺れ (それを「心」と呼ぶならばということですが) こそを知りたいと。

幼い頃から培われ醸成された 「暴力」 は、成長するにつれ、宅間にとり 「あってあたり前」 のことになっていきます。他人からの視線がことさらに気になり、そしてそれはおしなべて自分を蔑んでいるようにみえ、ならばと、先制して相手を殴りつけようとしたりします。

暴力をもってしか十分に性欲を満たすことができなくなっていた宅間は、あたり前のようにして強姦を繰り返します。意に添わないことがあると平気で暴力を振るい、訴えられそうになると母親に頼み込んでは精神病院へ逃げ込みます。

時に、自分は精神を病んでいるのだと。どれもこれもが酒浸りの父親と阿呆な母親のせいだと。父からは勘当され、頼みの母を、やがて宅間は怨むようになります。(なかなかに考えられないことですが) 生涯、宅間は4度の結婚をしています。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆石原 慎太郎
1932年兵庫県神戸市生まれ。
一橋大学法学部卒業。

作品 「太陽の季節」「「NO」と言える日本-新日米関係の方策-」「化石の森」「生還」「天才」他多数

関連記事

『監殺』(古野まほろ)_書評という名の読書感想文

『監殺』古野 まほろ 角川文庫 2021年2月25日第1刷 唯一無二 異色の警察ド

記事を読む

『緋色の稜線』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『緋色の稜線』あさの あつこ 角川文庫 2020年11月25日初版 ※本書は、201

記事を読む

『バールの正しい使い方』(青本雪平)_書評という名の読書感想文

『バールの正しい使い方』青本 雪平 徳間書店 2022年12月31日初刷 僕たちは

記事を読む

『凶犬の眼』(柚月裕子)_柚月裕子版 仁義なき戦い

『凶犬の眼』柚月 裕子 角川文庫 2020年3月25日初版 広島県呉原東署刑事の大

記事を読む

『Mの女』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『Mの女』浦賀 和宏 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 ミステリ作家の冴子は、友人・亜美から

記事を読む

『ざんねんなスパイ』(一條次郎)_書評という名の読書感想文

『ざんねんなスパイ』一條 次郎 新潮文庫 2021年8月1日発行 『レプリカたちの

記事を読む

『静かにしなさい、でないと』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『静かにしなさい、でないと』朝倉 かすみ 集英社文庫 2012年9月25日第1刷

記事を読む

『完璧な病室』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『完璧な病室』小川 洋子 中公文庫 2023年2月25日改版発行 こうして小川洋子

記事を読む

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月20日 初版第1刷発行 認

記事を読む

『崩れる脳を抱きしめて』(知念実希人)_書評という名の読書感想文

『崩れる脳を抱きしめて』知念 実希人 実業之日本社文庫 2020年10月15日初版

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

『黒牢城』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『黒牢城』米澤 穂信 角川文庫 2024年6月25日 初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑