『監殺』(古野まほろ)_書評という名の読書感想文

『監殺』古野 まほろ 角川文庫 2021年2月25日第1刷

唯一無二 異色の警察ドラマ!  晴らせぬ組織人の恨み、晴らします -

優秀な警部が警察署内で首を吊った。闘病の末の自殺だという。背景にあったのは組織ぐるみの陰湿なパワハラだった。警察の罪を取り締まる目的で集められた異端児集団 「監殺部隊SG班」 は、悪徳上司たちに “処分” を下すため、秘密裏に動きはじめる・・・・・・・。出世レース、派閥争い、人間関係の軋轢 - 私怨と義憤が渦巻く中、声なき者の無念は晴らせるのか。組織で働くすべての人に贈る、元警察官作家による圧巻の復讐ドラマ! (角川文庫)

犯罪の取締りは、警察の代表的な職務である。
そのために、警察には、強力な権限が与えられている。

逮捕する。捜索する。検証する。取調べをする -
こういった権限は、一般企業、一般市民には普通、認められないものだ。
また検察、海保、麻取といった競合他社は、犯罪の数%を捜査しているに過ぎない。
すなわち警察は、犯罪の取締りを、ほぼ独占する組織である。

三十万人の治安関係総合商社、警察 -
ならば。
この三十万人の実力組織のなかで犯罪が行われたら?
この三十万人の実力組織の誰かが犯罪を行ったら?
この独占企業に、誰がメスを入れるのであろうか。
それが、監察である。

シンプルには、監察とは、警察自身による内部調査だ、ということになる。

これに関して、警察は、様々な更新プログラムをインストールし続けた。
二十年前、三十年前に比べると、監察機能は著しく強化されている。観察結果の透明性は、説明責任のシステム化によって、著しく向上している。

しかし・・・・・・・
『警察の監察』 が、当の警察のなかに在るという、問題の本質は絶対に解決されない。
プログラムのバグに泣く者、システムのエラーに憤る者は、必ず生産され続ける。

そう、警察の不祥事に泣く者、警察の非違に憤る者が。
『警察の警察』 の機能不全を怨嗟する者が。
その不作為に、隠蔽に、虚偽に憤慨する者が -

その怒りは誰が拾うのか。
その無念は誰が晴らすのか。
監察が駄目なら誰がやる?

これからの物語は、とある県警における、監殺を担う警察官たちの記録である。(本文より)

※県警内部で暗躍する悪徳警察官たちを一掃するため、密かに集められたのは、B県警察 - 巡回教養班 (SG班) に所属する5人のメンバーでした。

中村文人 (警視)   警務部警務課SG班班長 「チート昇任の中村」
秦野 鉄 (警部)   SG班班長補佐 (第1係担当) 「機動隊の狂犬」
漆間雄二 (警部)   SG班班長補佐 (第2係担当) 「公安警察の茶人」
後藤田秀 (巡査部長) SG班第1係主任 「ポリスの王子様」
國松友梨 (巡査)   SG班第2係係員 「Gと呼ばれた嬢王」
注:SGはサテライト・ガイダンスの略で 「巡回教養」 を意味します。

これはもう 「必殺仕掛人」 から続く必殺シリーズの現代版、警察内部版という他にない作品で、班長の中村文人は表向きとぼけた性格で、(藤田まこと演じる) 中村主水に限りなく寄せたに違いありません。よく知る人ならわかるはずです。面白くない、わけがありません。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆古野 まほろ
東京大学法学部卒業。リヨン第3大学法学部第3段階専攻修士課程修了。警察庁Ⅰ種警察官として交番、警察署、警察本部、海外、警察庁等で勤務の後、警察大学校主任教授にて退官。

作品 「天使のはしたなき果実」で第35回メフィスト賞を受賞しデビュー。他に 「老警」「女警」「新任巡査」「新任刑事」「R.E.D.警察庁特殊防犯対策官室」シリーズ、他

関連記事

『草にすわる』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『草にすわる』白石 一文 文春文庫 2021年1月10日第1刷 草にすわる (文春文庫)

記事を読む

『キッドナップ・ツアー』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『キッドナップ・ツアー』角田 光代 新潮文庫 2003年7月1日発行 キッドナップ・ツアー (

記事を読む

『ミート・ザ・ビート』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『ミート・ザ・ビート』羽田 圭介 文春文庫 2015年9月10日第一刷 ミート・ザ・ビート (

記事を読む

『暗いところで待ち合わせ』(乙一)_書評という名の読書感想文

『暗いところで待ち合わせ』 乙一 幻冬舎文庫 2002年4月25日初版 暗いところで待ち合わせ

記事を読む

『ツ、イ、ラ、ク』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ツ、イ、ラ、ク』姫野 カオルコ 角川文庫 2007年2月25日初版 ツ、イ、ラ、ク (角川文

記事を読む

『偏愛読書館/つかみどころのない話』(林雄司)_書評という名の読書感想文

『偏愛読書館/つかみどころのない話』林 雄司 本の話WEB 2016年5月12日配信 http:/

記事を読む

『メタモルフォシス』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『メタモルフォシス』羽田 圭介 新潮文庫 2015年11月1日発行 メタモルフォシス (新潮文

記事を読む

『火口のふたり』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『火口のふたり』白石 一文 河出文庫 2015年6月20日初版 火口のふたり (河出文庫)

記事を読む

『県民には買うものがある』(笹井都和古)_書評という名の読書感想文

『県民には買うものがある』笹井 都和古 新潮社 2019年3月20日発行 県民には買うものが

記事を読む

『かわいそうだね?』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『かわいそうだね?』 綿矢 りさ 文春文庫 2013年12月10日第一刷 かわいそうだね? (

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑