『おまえじゃなきゃだめなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『おまえじゃなきゃだめなんだ』角田 光代 文春文庫 2015年1月10日第一刷


おまえじゃなきゃだめなんだ (文春文庫)

 

新刊の文庫オリジナル・恋愛短編集を読みました。
ティファニー、プラチナ・ギルド・インターナショナル、JT、星野リゾート等の企業から依頼されたもので、高級ブランドのジュエリーや婚約指輪、高級旅館等を題材に、若い男女の恋の事情が綴られています。掌サイズの物語を含め23編が収められています。

高価なジュエリーに関して角田光代曰く、「素直に、貰って嬉しい人がいる一方で、そうじゃない人達も必ず存在する。私はやっぱり、そっち側を書きたいんです」と、インタビューでコメントしています。単なるコマーシャル・メッセージではないのです。
・・・・・・・・・・
この本の中で、私は表題の「おまえじゃなきゃだめなんだ」が圧倒的に好きです。丁度収まりの良い短編です。高価な宝石や高級な旅館は登場しませんが、人生の感慨に深く浸りたい方、これだけでも読んでみてください。

「おまえじゃなきゃだめなんだ」
コーヒー豆を輸入販売する会社に勤めている芦川さんは、あまり個性のない、中年の夫婦が乗っているようなグレイの車で、待ち合わせの駅へやって来ました。車中での芦川さんとの会話は特別盛り上がったわけでもなかったけれど、不思議と楽しいものでした。

芦川さんが昼食場所に決めたのは、何だかくたびれたファミリーレストラン風の店で、奇妙な看板の下には「山田うどん」と書かれています。店内はまるでお洒落でなく、色気も情緒もありません。どこか学食に似ている素っ気なさでした。

私は、男の人にこんな店に連れてこられたことが一度もありません。食事と言えばフランス料理かイタリア料理、懐石料理だったし、ランチでさえコース料理が普通でした。

「芦川さんは、私に、ここでランチを食べろって言っている?」
うどんと天丼。うどんとかつ丼。うどんとカレー。セットはすべて炭水化物と炭水化物、値段は一杯200円から300円台。席に着いている客の多くは作業着姿の若い男でした。

子供の頃よく通ったという芦川さんが注文したのは、かつ丼とうどんのセット。私はどうでもよくなって、値段の一番高いうどんを頼みました。こんな店で食事をしようと言った芦川さんは、私を恋愛相手と見なしてなどいない。見くびられている、安く見積もられていると感じる私でした。

天を仰ぐように顔を上げた芦川さんは「やっぱり山田うどんじゃなきゃだめなんだよなぁ」と呟き、照れたように笑って、ものすごい勢いでうどんをすすりはじめるのでした。うどんは、仰天するほどおいしくはありませんでした。まずいわけでもなく、ふつうでした。ふつうにおいしかったのです。
・・・・・・・・・・
バブル最盛期と青春が重なって己の貞操観念が欠落していたのを自覚したのは、30代に突入して数年たった頃でした。恋愛のかかわる関係において、真人間になろうと決意してつき合ったはじめての相手が、宗岡辰平でした。私は、宗岡からの求婚を待っていました。

宗岡から呼び出されて「結婚しようと思うんだ」と切り出されたとき、宗岡の結婚相手がまさか私以外の女性だとは思いもしませんでした。勘違いをした私に、涙と鼻水を垂らしながら詫びる宗岡を、私は怒る気持ちになれませんでした。過去の自分の不誠実が、今こんなかたちの誠実になって返ってきた、と思うばかりでした。
・・・・・・・・・・
私は、38歳になりました。宗岡にふられたことに深く傷つきはしたものの、浮ついていた昔の自分と相殺したつもりで納得して、真人間として邁進して行こうと、士気を高めています。今は転職して、飲料水の営業でバンを運転し関東近郊をまわっています。

街道沿の「山田うどん」は、タイムスリップしたかと思う程、あの時と同じ空気が店内に漂っています。私は、うどんとかつ丼のミニセット、少し悩んで餃子を追加で注文します。

一度しか食べたことがないうどんを、なつかしいと思う私は、芦川さんと来たときに感じたほわほわとした気持ちの正体にやっと気付きます。あれは、母親の作ったうどんの思い出でした。風邪を引いたとき母親が作ってくれて、あたり前のように食べていたうどんと子供の頃の気配を感じ取っていたのでした。

涙を拭うこともせず、私はひたすらかつ丼を食べ、うどんをすすります。「山田じゃなきゃだめなんだ」と思わず口走った芦川さんの声がよみがえります。私は、本当はそう言われる女になりたかった。ずっとずっと。「おまえじゃなきゃだめなんだ」と言ってもらえる女に。鼻水のせいで、もううどんの味はわからなくなっています。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


おまえじゃなきゃだめなんだ (文春文庫)

◆角田 光代

1967年神奈川県横浜市生まれ。

早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。
大学在学中に初めての小説を書く。卒業して1年後に角田光代として発表したテビュー作『幸福な遊戯』で第9回海燕新人文学賞を受賞する。以後、数々の文学賞を受賞している。

作品 「まどろむ夜のUFO」「キッドナップ・ツアー」「空中庭園」「対岸の彼女」「紙の月」「八日目の蝉」「ロック母」「ツリーハウス」「かなたの子」「私のなかの彼女」ほか多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
おかげさまでランキング上位が近づいてきました!嬉しい限りです!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『おらおらでひとりいぐも』(若竹千佐子)_書評という名の読書感想文

『おらおらでひとりいぐも』若竹 千佐子 河出書房新社 2017年11月30日初版 おらおらでひ

記事を読む

『折れた竜骨(上)』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『折れた竜骨(上)』米澤 穂信 東京創元社 2013年7月12日初版 折れた竜骨 上 (創元推

記事を読む

『炎上する君』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『炎上する君』西 加奈子 角川文庫 2012年11月25日初版 炎上する君 (角川文庫)

記事を読む

『一億円のさようなら』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『一億円のさようなら』白石 一文 徳間書店 2018年7月31日初刷 一億円のさようなら (文

記事を読む

『相棒に気をつけろ』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『相棒に気をつけろ』逢坂 剛 集英社文庫 2015年9月25日第一刷 相棒に気をつけろ (新潮

記事を読む

『夫の墓には入りません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『夫の墓には入りません』垣谷 美雨 中公文庫 2019年1月25日初版 夫の墓には入りません

記事を読む

『侵蝕 壊される家族の記録』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『侵蝕 壊される家族の記録』櫛木 理宇 角川ホラー文庫 2016年6月25日初版 侵蝕 壊され

記事を読む

『夜また夜の深い夜』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『夜また夜の深い夜』桐野 夏生 幻冬舎 2014年10月10日第一刷 夜また夜の深い夜

記事を読む

『雨に殺せば』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『雨に殺せば』黒川 博行 文芸春秋 1985年6月15日第一刷 雨に殺せば (創元推理文庫)

記事を読む

『昨夜のカレー、明日のパン』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『昨夜のカレー、明日のパン』木皿 泉 河出文庫 2016年2月20日25刷 昨夜のカレー、明

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

『カウントダウン』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『カウントダウン』真梨 幸子 宝島社文庫 2020年6月18日第1刷

『悪の血』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『悪の血』草凪 優 祥伝社文庫 2020年4月20日初版 悪の

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑