『ハーレーじじいの背中』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『ハーレーじじいの背中』坂井 希久子 双葉文庫 2019年1月13日第一刷

ハーレーじじいの背中 (双葉文庫)

坂井希久子は2008年、「虫のいどころ」 で第88回オール讀物新人賞を受賞。同作を収録した 『コイカツ-恋活』(文芸春秋・文庫化に際し 『こじれたふたり』 に改題) を皮切りに、当初は恋愛小説を中心に手がけていたが、大阪のラーメン屋を舞台にした人情小説 『泣いたらアカンで通天閣』(祥伝社文庫) で高い評価を得る。
その後、青春小説や人情小説を立て続けに刊行。代表作に、二軍の帝王と呼ばれた野球選手を周囲の人々が語る 『ヒーローインタビュー』(ハルキ文庫)、オリンピックを目指す女性マラソンランナーが妊娠して人生の岐路に立たされる 『ウィメンズマラソン』(同) などのスポーツものや、東京のバリキャリと京都の老舗のぼんの結婚がテーマの 『若旦那のひざまくら』(双葉社)、バラバラの家族がひとつになる様子を描いた 『ただいまが、聞きたくて』(角川文庫) といった家族ものなどがある。また、本書同様に、未来の見えない高校生の足掻きを描いた作品では 『17歳のうた』(文藝春秋) がお薦めだ。(大矢博子/解説より抜粋)

坂井希久子の小説は、これまでに 『ヒーローインタビュー』 『ウィメンズマラソン』 『ただいまが、聞きたくて』 を読みました。

三冊の中で、私は断然 『ウィメンズマラソン』 が好きです。『ウィメンズマラソン』 を読んだので、これも読みたいと思いました。

読むと、(三冊と比べ) この作品はそもそもの設定にちょっと無理があるような。そんな感じがします。実際世の中にそんな家族がいるのだろうか、とか、(都合が良すぎて) 普通そんなに上手くはいかないでしょうに - とか。

伝えようとすることは十分にわかるのですが、この物語に登場する人物らは、実は、思うほどには “悲惨でも不幸でも” ないのではないかと。何だかんだとあるにはありますが、それを “辛い” と言えてしまう心情には少なからず違和感があります。

「ウチには祖父母四人と両親がいて、子供は私一人なの。(中略) それって近い将来、私が全員養わなきゃいけないってことじゃない?」
こんなプレッシャーに喘ぐ高校三年生の少女に、私たち大人は何を言ってやれるだろう。何を言ってやるべきなのだろう。
本書 『ハーレーじじいの背中』 を読みながら、ずっとそれを考えていた。(同上)

- とあります。が、(大矢氏には悪いのですが) 私には、この物語の主人公・真理奈が、抱え切れない運命を背負い、そのプレッシャーに喘ぐばかりの幼気な少女だとはどうしても思えません。

たとえ自分が医学部を目指したばかりに実家が代々営む銭湯を廃業したとしても、その結果跡地に建った高層マンションの一室が我が家となり、そこでは両親の両親、つまりは祖父母四人と共に暮らすこととなり、その内の祖母の一人のぼけがひどくなったとしても、それが一体何だというのでしょう? 

大人たちは、全て承知で今在る暮らしを受け入れています。かつてを思い、懐かしんだりもしますが、今の暮らしが嫌なわけではありません。住む場所があり、(真理奈の進学資金を含め) 暮らすに足るだけの蓄えがあります。

世の中にはもっともっと “辛い暮らし” があるということ。それと比べ、自分たちが如何ばかりか恵まれているということを、大人たちは知っており、真理奈だけが気付かずにいます。

この本を読んでみてください係数 75/100

ハーレーじじいの背中 (双葉文庫)

◆坂井 希久子
1977年和歌山県生まれ。
同志社女子大学学芸学部日本語日本文学科卒業。

作品 「虫のいどころ」「ヒーローインタビュー」「虹猫喫茶店」「ただいまが、聞こえない」「泣いたらアカンで通天閣」「ウィメンズマラソン」「こじれたふたり」他

関連記事

『風味絶佳』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『風味絶佳』山田 詠美 文芸春秋 2008年5月10日第一刷 風味絶佳  

記事を読む

『春の庭』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『春の庭』柴崎 友香 文春文庫 2017年4月10日第一刷 春の庭 (文春文庫) 東京・世田

記事を読む

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』(成田名璃子)_書評という名の読書感想文

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』成田 名璃子 幻冬舎文庫 2019年2月10日初版

記事を読む

『白い部屋で月の歌を』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『白い部屋で月の歌を』 朱川 湊人 角川ホラー文庫 2003年11月10日初版 白い部屋で月の

記事を読む

『ベッドタイムアイズ』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ベッドタイムアイズ』山田 詠美 河出書房新社 1985年11月25日初版 ベッドタイムアイズ

記事を読む

『さよならドビュッシー』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『さよならドビュッシー』中山 七里 宝島社 2011年1月26日第一刷 さよならドビュッシー

記事を読む

『墓地を見おろす家』(小池真理子)_書評という名の読書感想文

『墓地を見おろす家』小池 真理子 角川ホラー文庫 2014年2月20日改訂38版 墓地を見おろ

記事を読む

『携帯の無い青春』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『携帯の無い青春』酒井 順子 幻冬舎文庫 2011年6月10日初版   携帯の

記事を読む

『また、同じ夢を見ていた』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『また、同じ夢を見ていた』住野 よる 双葉文庫 2018年7月15日第一刷 また、同じ夢を見て

記事を読む

『パリ行ったことないの』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『パリ行ったことないの』山内 マリコ 集英社文庫 2017年4月25日第一刷 パリ行ったことな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ウツボカズラの甘い息』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『ウツボカズラの甘い息』柚月 裕子 幻冬舎文庫 2018年10月10

『傲慢と善良』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『傲慢と善良』辻村 深月 朝日新聞出版 2019年3月30日第一刷

『ニワトリは一度だけ飛べる』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ニワトリは一度だけ飛べる』重松 清 朝日文庫 2019年3月30日

『県民には買うものがある』(笹井都和古)_書評という名の読書感想文

『県民には買うものがある』笹井 都和古 新潮社 2019年3月20日

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』中山 七里 宝島社文庫 2019年4月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑