『どこから行っても遠い町』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『どこから行っても遠い町』川上 弘美 新潮文庫 2013年9月1日発行


どこから行っても遠い町 (新潮文庫)

 

久しぶりに川上弘美の本を読みました。

元々たくさん読んでいるとは言えないのですが、良い小説を書く人だという印象はずっと持っていました。

改めてプロフィールをみると、この人えらく才媛でしかも理系女子なんですね。作家になる前の一時期、高校の生物科の先生やってたらしい。
失礼ですが、もっと若い人だと思っていました。(作家紹介の写真なんか二十歳代でも十分通用しそうに若くて可愛い!)
ところが、私とそんなに年齢変わらない...だからどうだ、ということもないのですが。

閑話休題。

この小説の舞台は都心近くの、マンションやアパート、一戸建ての住宅がごちゃごちゃと混ざった中にある商店街です。
その商店街に住んでいる人々が、入れ替わりで物語の主人公になります。彼らの生活や人生の一部を切り取って繋ぐ連作短編小説です。

川上弘美の小説が、他とは違う独自の「空気感」を持っていると評されていることは知っていました。
この小説もその通りで、強い断定を避けて市井の暮らしぶりをありのままに描いては、余韻を残しながら次の物語へと移って行きます。
言葉遣いが丁寧で、細やかに生活の風景が書き取られていきます。読み易いので、その分話の核心を見逃さないように注意しなければなりません。
11の小編にはそれぞれに、作者からの確かなメッセージが含まれています。その「空気感」を手にする必要があります。

少し特別に感じたのは、表題になっている「どこから行っても遠い町」のラストに近い部分です。
主人公の高之が、不倫相手の女性・純子から夫と離婚すると聞かされる場面です。純子は離婚はするものの、高之と一緒になろうとするわけではありません。
高之には「何も心配しなくていいよ」と言い、息子と暮らすことだけを望んでいます。
純子:「高之のこととは、関係ない」
高之:「おれに、何も望まないのか」
純子:「だって高之が苦しいと、あたしもいやだから」

この直後に、高之はある事実に突然気が付きます。
自分と関係するすべての人間に謝ろうとしても謝りきれないこと。罰されようとしても、罰されきれないこと。
なぜなら、自分はかかわり、ふれ、心を動かしてしまったから。
生きてきたというそのことだけで、つねに事を決めてきたのは他ならぬ自分だったということ。
自分が決め、他の人々すべてが決めて、この地球をとりまく幾千万もの因果が決めた結果として、今自分はここにいること、を知覚するのです。

珍しく直接的な言葉が連続しています。しかも、すごく力が籠められています。

川上弘美がこの小説で伝えたかったものは、すでにこの部分を読む前から十分読者に届いています。それこそ独自の「空気感」の成せる業として。
にも関わらず念押しするかのように言葉を重ねたのは、川上弘美らしくないと言えばらしくなく、あるいはそれでも書かずにおれないほどの迫る思いがあったからなのでしょうか。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


どこから行っても遠い町 (新潮文庫)

◆川上 弘美

1958年東京都生まれ。本名は山田弘美。

お茶の水女子大学理学部卒業。高校の生物科教員などを経て作家デビュー。俳人でもある。

作品 「蛇を踏む」「溺レル」「センセイの鞄」「真鶴」「風花」「これでよろしくて?」「パスタマシーンの幽霊」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『左手首』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『左手首』黒川 博行 新潮社 2002年3月15日発行 左手首 (新潮文庫)  

記事を読む

『谷崎潤一郎犯罪小説集』(谷崎潤一郎)_書評という名の読書感想文

『谷崎潤一郎犯罪小説集』谷崎 潤一郎 集英社文庫 2007年12月20日第一刷 谷崎潤一郎犯罪

記事を読む

『女たちの避難所』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『女たちの避難所』垣谷 美雨 新潮文庫 2017年7月1日発行 女たちの避難所 (新潮文庫)

記事を読む

『恋』(小池真理子)_書評という名の読書感想文

『恋』小池 真理子 新潮文庫 2017年4月25日11刷 恋 (新潮文庫) 1972年冬。全

記事を読む

『はぶらし』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『はぶらし』近藤 史恵 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版 はぶらし (幻冬舎文庫) 脚

記事を読む

『破蕾』(雲居るい)_書評という名の読書感想文

『破蕾』雲居 るい 講談社文庫 2021年11月16日第1刷 破蕾 (講談社文庫) あ

記事を読む

『宇喜多の捨て嫁』(木下昌輝)_書評という名の読書感想文

『宇喜多の捨て嫁』木下 昌輝 文春文庫 2017年4月10日第一刷 宇喜多の捨て嫁 (文春文庫

記事を読む

『ねこまたのおばばと物の怪たち』(香月日輪)_書評という名の読書感想文

『ねこまたのおばばと物の怪たち』香月 日輪 角川文庫 2014年12月25日初版 ねこまたのお

記事を読む

『蓬萊』(今野敏)_書評という名の読書感想文

『蓬萊』今野 敏 講談社文庫 2016年8月10日第一刷 蓬莱 新装版 (講談社文庫) この

記事を読む

『太陽の坐る場所』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『太陽の坐る場所』辻村 深月 文春文庫 2011年6月10日第一刷 太陽の坐る場所 (文春文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑