『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』浦賀 和宏 角川文庫 2020年7月5日再版

デルタの悲劇 (角川文庫)

ひと気のない公園の池で10歳の少年の溺死体が発見された。少年をイジメていたクラスメイトの悪童3人組は事件への関与を疑われることを恐れたが、真相は曖昧なまま事故として処理される。ところが10年後、少年の幼なじみを名乗る男が3人の前に現れ罪の告白を迫ってきた。次第に壊れゆく3人の日常。果たして少年を殺したのは誰なのか。人間の本性を暴き出し、二転三転しながら迎える衝撃の結末。予測不能の神業ミステリ! (角川文庫)

[目次]
プロローグ 八木法子からの手紙
デルタの悲劇 浦賀和宏
解説 桑原銀次郎
エピローグ 八木法子からの手紙

(浦賀和宏の本名は、八木剛。小説には八木剛、つまりは浦賀和宏本人が登場します。しかも滅法重要な役どころで。そして、死にます。八木法子とは、浦賀和宏の母のことです)

斎木明丹治義行緒川広司 の三人は横浜の鶴見で生まれ育った。家が近いことから、三人はいつもつるんで行動していた。彼らは幼稚園の頃からその悪童ぶりを発揮し、町内の子どもたちを仕切り、我が物顔で街を闊歩した。小学校に上がってすぐに万引きを覚え、級友が仲間に加わらないとみるや、容赦なくイジメの対象にした。

三人と同じクラスに山田信介という生徒がいた。彼は三人とは別の問題を抱えていた。何をするにせよ行動がトロく、皆を苛立たせたのだ。次第に教師も生徒も、彼に何もやらせないようになった。そんな彼が悪童三人組に目をつけられるのは必然だった。

普段から三人の悪さに手を焼いていた教師たちも、相手が山田信介となると、見逃したり、軽く注意したりするだけに止めた。あんなにトロくて皆に迷惑をかけているのだから、イジメられても仕方がない、それがクラス内での共通認識となっていた。三人組以外にも山田信介を殴り飛ばして憂さを晴らしている生徒は大勢いたのである。

だから、彼らが四年生の冬の日の早朝、山田信介の水死体が近所の三ツ池公園の池で発見された時も、三人組にイジメ殺されたのではないかと考える人間は多くはなかった。

死んだ生徒が皆に好かれていたら事態は違っただろうが、トロくさい山田信介の死は、ほとんど誰にも悼まれなかった。警察は彼が足を滑らせて池に落ちたと断定し、捜査らしい捜査を行わなかった。

山田信介の死は、他の多くの事故と同じように処理され、人々の記憶から消えていった。山田信介の母親も、警察にこれ以上の捜査を望まなかった。息子が迷惑をかけるたびに皆に謝っていた母親は、信介が死んでもなお、ペコペコと関係者に頭を下げていた。(本文P8 ~ P11/一部割愛)

事が動き出すのは、事件が起きた10年後のことです。斎木明は、その年の成人式の日、突然に 八木剛 と名乗る男の訪問を受けます。斎木には、まるで聞き覚えがありません。八木は唐突に、「山田信介君の件でお邪魔したんです」 と言ったのでした。

※章の頭に付いているアルファベットには、(あたり前ですが) 意味があります。事は20年後、30年後にも発生します。残念ながら、一度に全部理解するのは不可能だと思います。

この本を読んでみてください係数 80/100

デルタの悲劇 (角川文庫)

◆浦賀 和宏
1978年神奈川県生まれ。2020年2月25日逝去。(享年41歳)

作品 「記憶の果て」「彼女は存在しない」「眠りの牢獄」「こわれもの」「ifの悲劇」「ファントムの夜明け」「緋い猫」他多数

関連記事

『きれいなほうと呼ばれたい』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『きれいなほうと呼ばれたい』大石 圭 徳間文庫 2015年6月15日初刷 きれいなほうと呼ばれ

記事を読む

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 2018年8月30日初版 愛

記事を読む

『奴隷小説』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『奴隷小説』桐野 夏生 文芸春秋 2015年1月30日第一刷 奴隷小説  

記事を読む

『1ミリの後悔もない、はずがない』(一木けい)_書評という名の読書感想文

『1ミリの後悔もない、はずがない』一木 けい 新潮文庫 2020年6月1日発行 1ミリの後悔

記事を読む

『路地の子』上原 善広_書評という名の読書感想文

『路地の子』上原 善広 新潮文庫 2020年8月1日発行 路地の子(新潮文庫) 金さえ

記事を読む

『貘の耳たぶ』(芦沢央)_取り替えた、母。取り替えられた、母。

『貘の耳たぶ』芦沢 央 幻冬舎文庫 2020年2月10日初版 貘の耳たぶ (幻冬舎文庫)

記事を読む

『残された者たち』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『残された者たち』小野 正嗣 集英社文庫 2015年5月25日第一刷 残された者たち (集英社

記事を読む

『九年前の祈り』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『九年前の祈り』小野 正嗣 講談社 2014年12月15日第一刷 九年前の祈り &nbs

記事を読む

『月と蟹』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『月と蟹』道尾 秀介 文春文庫 2013年7月10日第一刷 月と蟹   海辺

記事を読む

『タイガー理髪店心中』(小暮夕紀子)_わたしの血は、よもや青くなってはないだろうな。

『タイガー理髪店心中』小暮 夕紀子 朝日新聞出版 2020年1月30日第1刷 タイガー理髪店

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

『向こう側の、ヨーコ』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『向こう側の、ヨーコ』真梨 幸子 光文社文庫 2020年9月20日初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑