『にらみ』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『にらみ』長岡 弘樹 光文社文庫 2021年1月20日初版

にらみ (光文社文庫 な 51-1)

窃盗の常習犯・保原尚道が仮釈放中に保護司を殺害しようとして逮捕された。取り調べる片平成之は、以前、裁判で保原が供述を翻したりしないよう圧力をかけるべく “にらみ” をしていた。保原は自首しているのだが、片平は納得していない。保原は人を殺めようとするほどの悪人なのか - 。(表題作) 緻密な伏線、まさかのサプライズ、意外なツイスト、余韻のある結末 - 名手・長岡弘樹によるミステリー傑作集! (光文社文庫)

目次
餞別
遺品の迷い
実況中継
白秋の道標
雑草
にらみ
百万に一つの崖

以上七編、ひとつとして似通った題材、シチュエーション、あるいはミステリーとしてのトリックのない、多彩という一言に尽きる短編が並んでいる。シリーズキャラクターや共通するテーマも設けず、それぞれの一編に集中し、一期一会の驚きを読み手に届けようという書き手の強い意欲が感じ取れる作品ばかりだ。

先にその時点で意図が判然としない人間の行動や、ことさらに意味を感じないながらも記憶に残る光景の意外な “含み” が明らかになる、長岡ミステリーの定番ともいえる特徴と書いた。

長岡ミステリーの根底にある特徴、あるいは長岡らしさは確かにある。けれども、それが似通ったパターンの乱造に陥らないのは、自らのブランドを守りながら、絶えず - テーマ、手法あらゆる点で - 新たな領域を開拓しているからにほかならない。(解説より)

(幾分無理に思えるところがあるにはありますが) 基本すべての伏線がきっちり回収されているのが小気味いい。読むと、どれもに破綻がないのがわかります。なので、余分なことは気にせず、集中できていい。これは (ミステリーにとって) とても大事なことだと思います。

「教場」 ばかりが人気のようですが、私はそれより前の 『傍聞き』 が今でも一番気に入っています。『傍聞き』 を凌ぐ作品を読んでみたいと願っています。

この本を読んでみてください係数 80/100

にらみ (光文社文庫 な 51-1)

◆長岡 弘樹
1969年山形県山形市生まれ。
筑波大学第一学群社会学類卒業。

作品 「陽だまりの偽り」「傍聞き」「教場」「教場2 」「線の波紋」「波形の声」「群青のタンデム」「白衣の嘘」「血縁」他

関連記事

『ニュータウンは黄昏れて』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『ニュータウンは黄昏れて』垣谷 美雨 新潮文庫 2015年7月1日発行 ニュータウンは黄昏れて

記事を読む

『ヒポクラテスの憂鬱』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ヒポクラテスの憂鬱』中山 七里 祥伝社文庫 2019年6月20日初版第1刷 ヒポクラテスの

記事を読む

『線の波紋』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『線の波紋』長岡 弘樹 小学館文庫 2012年11月11日初版 線の波紋 (小学館文庫)

記事を読む

『三の隣は五号室』(長嶋有)_あるアパートの一室のあるある物語

『三の隣は五号室』長嶋 有 中公文庫 2019年12月25日初版 三の隣は五号室 (中公文庫

記事を読む

『山中静夫氏の尊厳死』(南木佳士)_書評という名の読書感想文

『山中静夫氏の尊厳死』南木 佳士 文春文庫 2019年7月15日第2刷 山中静夫氏の尊厳死

記事を読む

『人間に向いてない』(黒澤いづみ)_書評という名の読書感想文

『人間に向いてない』黒澤 いづみ 講談社文庫 2020年5月15日第1刷 人間に向いてない

記事を読む

『私は存在が空気』(中田永一)_書評という名の読書感想文

『私は存在が空気』中田 永一 祥伝社文庫 2018年12月20日初版 私は存在が空気 (祥伝

記事を読む

『あおい』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『あおい』西 加奈子 小学館文庫 2007年6月11日初版 あおい (小学館文庫) &n

記事を読む

『夏の騎士』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『夏の騎士』百田 尚樹 新潮社 2019年7月20日発行 夏の騎士 勇気 - それは人

記事を読む

『枯れ蔵』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『枯れ蔵』永井 するみ 新潮社 1997年1月20日発行 枯れ蔵 (新潮ミステリー倶楽部)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑