『暗い越流』(若竹七海)_書評という名の読書感想文

『暗い越流』若竹 七海 光文社文庫 2016年10月20日初版


暗い越流 (光文社文庫)

5年前、通りかかった犬に吠えられ飼い主と口論になった末に逆上し車で暴走、死者5名、重軽傷者23名という事件を引き起こした最低の死刑囚・磯崎保にファンレターが届いた。その差出人・山本優子の素性を調べるよう依頼された「私」は、彼女が5年前の嵐の晩に失踪し、行方が知れないことをつきとめる。優子の家を訪ねた「私」は、山本家と磯崎家が目と鼻の先であることに気づいた。折しも超大型台風が迫っていた・・・・(「暗い越流」)。第66回日本推理作家協会〈短編部門〉受賞作「暗い越流」を収録。短編ミステリーの醍醐味と、著者らしいビターな読み味を堪能できる傑作!! (「BOOK」データベースより)

ミステリーが読みたくなって、どうせならあまり知らない人の方がいいかと思い買ってみました。立派な賞をとっているようなので、とりあえずは賞頼みで読んでみようと。

私はよくコレをやるのですが、言っちゃなんですが割と高い確率でハズレを引きます。特に〈短編〉がそうで、読む気を煽る帯の文章や褒め言葉ばかりの推薦文に、ついその気になって読んではみるのですが、大抵の場合そこまでのものとは思えないのです。

ひとつには、「期待し過ぎる」というのはあると思います。

「暗い越流」という受賞作もそうで、(少なくとも私には)他の人が言うほど面白いとは思えないし、〈ビター〉とも感じません。(大した期待もせずに)暇つぶしに読む分には文句はないのですが、期待を込めて読むと(残念ながら)「期待倒れ」と言わざるを得ません。

確かによく出来たストーリーだとは思います。なかなか思い付かない結末もそうですし、語り手の性別が曖昧なのも工夫があっていいと思います。巧みな伏線がいくつも施され、破綻なく完結しているのは如何にも鮮やかで、受賞に相応しい作品だとも思います。

では何が不足かといえば、語り手の「私」もそうなら、幾人もの人を殺した磯崎保もそうなのですが、登場する人物のそれぞれに、生きた人間の匂いがしません。他の読者はどうとあれ、私には感じられないのです。

現に今いる人としての存在感が希薄であるなら、端から〈ビター〉も何もないわけです。匂い立つような人物がいてこその〈ビター〉だと思うのですが、(そんな感じのする部分があるにはありますが)全体に渡ってそうかというと、まるでそうは思えません。お手本のような作品ではあるのでしょうが、何より湧き立つものがありません。

収められた5編の内「暗い越流」だけが読みたくて、それだけ読んで書いた好き勝手な感想です。どうかご容赦ください。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


暗い越流 (光文社文庫)

 

◆若竹 七海
1963年東京都生まれ。
立教大学文学部史学科卒業。

作品 「ぼくのミステリな時」「心のなかの冷たい何か」「プレゼント」「ヴィラ・マグノリアの殺人」「悪いうさぎ」他多数

関連記事

『クジラの彼』(有川浩)_書評という名の読書感想文

『クジラの彼』有川 浩 角川文庫 2010年6月25日初版 クジラの彼 (角川文庫) &

記事を読む

『がん消滅の罠/完全寛解の謎』(岩木一麻)_書評という名の読書感想文

『がん消滅の罠/完全寛解の謎』岩木 一麻 宝島社 2017年1月26日第一刷 【2017年・第

記事を読む

『吉祥寺の朝日奈くん』(中田永一)_書評という名の読書感想文

『吉祥寺の朝日奈くん』中田 永一 祥伝社文庫 2012年12月20日第一刷 吉祥寺の朝日奈くん

記事を読む

『黒冷水』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『黒冷水』羽田 圭介 河出文庫 2005年11月20日初版 黒冷水 (河出文庫) &nb

記事を読む

『月蝕楽園』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『月蝕楽園』朱川 湊人 双葉文庫 2017年8月9日第一刷 月蝕楽園 (双葉文庫) 癌で入院

記事を読む

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1刷 ここは、おしまいの地

記事を読む

『漁港の肉子ちゃん』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『漁港の肉子ちゃん』西 加奈子 幻冬舎文庫 2014年4月10日初版 漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文

記事を読む

『教団X』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『教団X』中村 文則 集英社文庫 2017年6月30日第一刷 教団X (集英社文庫) 突然自

記事を読む

『凶犬の眼』(柚月裕子)_柚月裕子版 仁義なき戦い

『凶犬の眼』柚月 裕子 角川文庫 2020年3月25日初版 凶犬の眼 (角川文庫) 広

記事を読む

『献灯使』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『献灯使』多和田 葉子 講談社文庫 2017年8月9日第一刷 献灯使 (講談社文庫) 大災厄

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 カ

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑