『203号室』(加門七海)_書評という名の読書感想文

『203号室』加門 七海 光文社文庫 2004年9月20日初版


203号室 (光文社文庫)

 

「ここには、何かがいる・・・」。大学に受かり、念願の一人暮らしを始めた沖村清美が選んだアパートの一室は、どこかがおかしかった。絶えずつきまとう腐臭、部屋に残る得体の知れない足跡・・・次々と起こる怪異が、清美をじわりじわりと追いつめていく。著者自身の実体験も盛り込まれたリアル過ぎる恐怖! 読み出したら止まらない、戦慄のノンストップ・ホラー! (「BOOK」データベースより)

そりゃあ、売りたい人はこう書きますわ。私が書いたとしても同じこと。-「怖いと思うか思わないか、それは読んでからのお愉しみ。期待外れでも怒らないで下さい。戦慄するかしないか - それは、あなた次第です!! 」なんて書かれて、買う奴はいないのですから。

『203号室』というタイトルがいかにも思わせぶりで、文庫の表紙も悪くない。例えば、買いたい本が見つからず、でも何か欲しいよなあなんて(ちょうどこのうだるような暑さの夏なんかにありがちな)気分のとき、ついこの手の本を買ってしまうことがありますよね?

私は何も知らなかったのですが、加門七海という人は立派な伝記作家でありエッセイストでもある、(名前からは若い人だと想像していたのですが)それなりに年配の女性なんですね。実績のある人なのです。(でなけりゃ、あんなにたくさん並ばない。)

「騙された」とまでは言いませんが、「宣伝にしてやられた」というところですか。決して全部がダメだというわけでもないのですが、何と言いましょうか、ホントはもっともっと怖い話を読みたかった、身体の芯からゾクゾクしたかった、みたいな感じです。

随所に「おぉー、ちょっと怖くなってくるぞ」といったフリの部分はあるのです。こっちは、来たるべき本物の恐怖に身構えながらそーっとページを捲ります。ところが、その先がいけません。「え? これでお終い? 」みたいな気分を何度も味わうことになるのです。

ひとつ、中身の話をします。
清美の部屋の隣には、ちょっと怖そうなお兄さんが住んでいます。この男が、突然怒鳴り込んでくる場面があります。「毎晩、毎晩うるせえんだよ」と男は言うのですが、清美には何が何だか分りません。テレビの音かと聞けば、そうではないと言います。

「毎晩、殺すの出ていけの。大喧嘩ばかりしてんなら、とっとと別れりゃ、いいだろう?! 相手の男はどこ行った。男を出せよっ! おい、出て来い! 」男は清美を突き飛ばし、土足のまま部屋に上がり込んで辺りを捜すのですが、もちろん誰がいるわけでもありません。

清美は一人で暮らしているのに、隣には毎晩言い争う声が聞こえているのです。想像するに、これってちょっと怖くありません? ここら辺りは結構「きたぞ、きたぞ」という期待を込めて待ち構えているのですが、結局これはこれだけの話として終わってしまいます。先に書いた、肩すかしの典型的なパターンです。
・・・・・・・・・・
そう言えば、物語の冒頭に「203号室」という部屋番号について、清美が感想を言う場面があります。彼女は、下見にきた当初からこの番号に妙な親しさを覚えていたと言います。ニヒャクサンゴウシツ-その響きが何となく、自分の気持ちに馴染むと言うのです。

彼女はそのことを、入学当初から何気に好意を寄せる新見という青年に話します。すると新見は意外なことを言い出します。清美の203号室に対する親近感は、〈203高地〉という語感からくるものだと言って、彼女に向かって日露戦争の歴史の話を始めるのです。

203高地とは、旅順を陥とすために乃木希典が攻略した場所の名前であること。その戦いで、日本軍は3,000人以上の死者と7,000人近い負傷者を出したのだと言います。新見の博識に素直に感心しながらも、清美は微かに不快な気持ちを抱きます。
・・・・・・・・・・
これって実は何でもない話で、清美が、気のある男に、何気に自分が一人暮らしなのをアピールしただけのことなのです。何かが始まる期待に胸を膨らませ、はずみでつい同調を誘うようなことを言っただけのことを、新見はみごとに的外れな返答をしてしまうわけです。

清美が不快になるのは当然です。夢に見た一人暮らしが今まさに始まろうとする高揚感に水を差すような話をされてしまうのですから。さらにこのことで、清美は小学生の頃に観た、彼女のトラウマだという、広島長崎原爆の記録映画のことを思い出します。

- そして場面は現在に戻り、清美が部屋へ入ろうとしてドアから顔を差し入れた、まさにその瞬間、部屋にはただならぬ異臭が・・・、と続きます。

・・・「ああ、これはきっと何かの伏線に違いない」- 誰だってそう思いますよ。ところが、そうではないのです。残念ながら、これもここだけの話。203高地も、広島や長崎の原爆のことも、この後の話の中には一言も出てこないのです。

多分、こういうところが読者には我慢ならないのです。

 

この本を読んでみてください係数  70/100


203号室 (光文社文庫)

◆加門 七海
1962年東京都墨田区生まれ。
多摩美術大学大学院修了。伝記作家、エッセイスト。

作品 「美しい家」「オワスレモノ」「心理MAX」「怪談徒然草」「うわさの人物 神霊と生きる人々」「女切り」など多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『おまえじゃなきゃだめなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『おまえじゃなきゃだめなんだ』角田 光代 文春文庫 2015年1月10日第一刷 おまえじゃなき

記事を読む

『夏の騎士』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『夏の騎士』百田 尚樹 新潮社 2019年7月20日発行 夏の騎士 勇気 - それは人

記事を読む

『大きな鳥にさらわれないよう』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『大きな鳥にさらわれないよう』川上 弘美 講談社文庫 2019年10月16日第1刷 大きな鳥

記事を読む

『涙のような雨が降る』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『涙のような雨が降る』赤川 次郎 双葉文庫 2018年4月15日第一刷 涙のような雨が降る (

記事を読む

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 抱く女 (新潮文庫) 女は男の従属物

記事を読む

『虹』(周防柳)_書評という名の読書感想文

『虹』周防 柳 集英社文庫 2018年3月25日第一刷 虹 (集英社文庫) 二十歳の女子大生

記事を読む

『夜の谷を行く』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『夜の谷を行く』桐野 夏生 文芸春秋 2017年3月30日第一刷 夜の谷を行く 39年前、西

記事を読む

『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『ふがいない僕は空を見た』窪 美澄 新潮文庫 2012年10月1日発行 ふがいない僕は空を見た

記事を読む

『二人道成寺』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『二人道成寺』近藤 史恵 角川文庫 2018年1月25日初版 二人道成寺 (角川文庫)

記事を読む

『アニーの冷たい朝』(黒川博行)_黒川最初期の作品。猟奇を味わう。

『アニーの冷たい朝』黒川 博行 角川文庫 2020年4月25日初版 アニーの冷たい朝 (角川

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑