『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

ひとでちゃんに殺される(新潮文庫)

表紙の絵とタイトルに、軽いノリで買ってみました。新潮文庫のための書き下ろしだそうです。可愛い顔をしたひとでちゃんが人を殺す!? いいえ、そうではありません。死ぬのは、彼女が選んだ人です。

悪魔から逃れるためには生贄を選ぶしかない

宙を舞うスキー板が、地下鉄の鉄扉が、墜落する信号機が、次々と呪われた生徒の首を断つ・・・・・・・。怪死事件が相次ぐ教室に、謎の転校生がやって来た。「縦島ひとで、十六歳です」 圧倒的な美貌で周囲を虜にし、匂い立つような闇を纏う彼女の正体は!? 助かるためには誰か一人を生贄に差し出すしかない - 悪魔に魅入られた高校生たちが迫られる究極の命の選択。戦慄の学園サスペンスホラー 。(新潮文庫)

黒い女を見たのは、昨日の早朝だった。
真っ黒な顔と身体に、足元まで伸びた髪。細い体躯にひょろ長い手脚。顔には渦巻きのような目があって、それが人間じゃないのは一目瞭然だ。その女は美味しそうに、人間の生首をぺろぺろと舐めていた。

ハッと目を覚まし、すぐに夢だということに気がついた。
けれどただの夢じゃない。トラウマのように刻まれた古い記憶が蘇る。幼い頃、境内の奥にある蔵で、その女の絵を見たことがあったのだ。

そして今日、一條は死んだ。

奴があの黒い女に殺されたのは、疑いようのない事実。
天が裁きを下したのだ。
そう思うと清々しかった。

仁志と三ツ橋。さらに率先して葵を馬鹿にしていた海老原と花田、玉井の名前を刻み込む。葵のスタンプを作った脇と、陰で全員を煽っている美園。そこまで彫ったところで、我に返った。

※物語の前半、全てはクラスの優等生・鷹守清史郎が仕組んだことでした。

チャイムが鳴ると、すぐに (担任の) 若宮が入ってきた。

「えぇっと、こんなタイミングだけど、我らが1年4組に転校生が来ました」
教室がざわつく。なんでこの状況のうちのクラスに。と思ったが、2人も生徒が減ったからかもしれない。

とてつもなく美人だった。
男子も女子も、その容姿に釘付けになっている。
若宮がドヤ顔をしながら、黒板に名前を書く。チョークの音に重ねるように、彼女は自ら話し出した。

「お父さんの転勤が多くて色んな街に住んできたけど、生まれは熊本です。9歳まで住んでいました。小さい頃から、ひとでなしのひとでちゃんって呼ばれています。仙台も、宮城県も初めてです。色々教えてください。どうぞ、よろしくお願いします」

※この人物こそが、物語の主人公・縦島ひとで、その人でした。彼女がこの学校の、このクラスに転校してきたのには、実は、訳があります。それを、今は誰も知りません。

後半になり、クラスののけ者の佐藤水色だけがひとでの正体を知ることになります。彼女が自分をひとでなしだという本当の理由を、身をもって知ることになります。

この本を読んでみてください係数 80/100

ひとでちゃんに殺される(新潮文庫)

◆片岡 翔
1982年北海道生まれ。

作品 2014年に映画 「1/11」 を監督。脚本家として 「町田くんの世界」 「I”s」 「トーキョーエイリアンブラザーズ」 「きいろいゾウ」 などを手がける。‘17年、初の小説 『さよなら、ムッシュ』 を刊行。他に 『あなたの右手は蜂蜜の香り』 がある。

関連記事

『リリース』(古谷田奈月)_書評という名の読書感想文

『リリース』古谷田 奈月 光文社 2016年10月20日初版 リリース 女性首相ミタ・ジョズ

記事を読む

『感染領域』(くろきすがや)_書評という名の読書感想文

『感染領域』くろき すがや 宝島社文庫 2018年2月20日第一刷 【2018年・第16回「こ

記事を読む

『ボラード病』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『ボラード病』吉村 萬壱 文春文庫 2017年2月10日第一刷 ボラード病 (文春文庫) B

記事を読む

『墓標なき街』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『墓標なき街』逢坂 剛 集英社文庫 2018年2月25日初版 墓標なき街 (集英社文庫)

記事を読む

『犯罪小説集』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『犯罪小説集』吉田 修一 角川文庫 2018年11月25日初版 犯罪小説集 (角川文庫)

記事を読む

『死んでもいい』(櫛木理宇)_彼ら彼女らの、胸の奥の奥

『死んでもいい』櫛木 理宇 早川書房 2020年4月25日発行 死んでもいい (ハヤカワ文庫

記事を読む

『ロック母』:「ゆうべの神様」と「ロック母」(角田光代)_書評という名の読書感想文

『ロック母』:「ゆうべの神様」と「ロック母」角田 光代 講談社文庫 2010年6月15日第一刷

記事を読む

『ほろびぬ姫』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『ほろびぬ姫』井上 荒野 新潮文庫 2016年6月1日発行 ほろびぬ姫 (新潮文庫) &

記事を読む

『対岸の彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『対岸の彼女』角田 光代 文春文庫 2007年10月10日第一刷 対岸の彼女 (文春文庫)

記事を読む

『人のセックスを笑うな』(山崎ナオコーラ)_書評という名の読書感想文

『人のセックスを笑うな』山崎 ナオコーラ 河出書房新社 2004年11月30日初版 人のセック

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑