『金曜のバカ』(越谷オサム)_書評という名の読書感想文

『金曜のバカ』越谷 オサム 角川文庫 2012年11月25日初版


金曜のバカ (角川文庫)

 

天然女子高生と気弱なストーカーが繰り返す、週に一度の奇天烈な逢瀬の行き着く先は - ? (「金曜のバカ」)「また、星が降る夜に逢えたらいいね」- 流星雨の夜に出会った少女が残した言葉が、今胸によみがえる。(「星とミルクティー」)不器用だけど一途な思いを抱えた〈バカ〉たちが繰り広げる、愛と青春の日々。何かを好きになった時のときめきと胸の高鳴りに満ちた、ほっこりキュートな傑作短編集。(角川文庫より)

「金曜のバカ」「星とミルクティー」「この町」「僕の愉しみ 彼女のたしなみ」「ゴンとナナ」- と、まるで作風の異なる5つの作品からなる短編集です。

第一話「金曜のバカ」を読み出した時には、「えっ!? こんな軽い調子のバカ話ばかりかよ! 」と思わず読むのをやめてしまおうかと。しかし(何だか悔しくもあるのですが)読むうち段々とよくできた話だというのがわかり、結局いつの間にやら読み終えていました。

ただ、だからといって全面的に気を許したのかと言うとそういうことではありません。第二話以降を読み進めていくにつれ、最初感じた印象とは違い結構シリアスな話であったりもします。

登場するのはいずれも思春期真っ只中の若者らで、中身は至極真っ当な青春小説、その時代にありがちな錯覚や思い過ごし、気持ちばかりが先走りしてロクなことにならないあれやこれやについて激しく後悔するような話であるわけですが、

その思いを、いわば最大級の「バカさ」加減でもって描いているのが「金曜のバカ」と言えます。
・・・・・・・・・
カナは入学してまだ間もないピカピカの女子高生、本人が言うには「変質者にとっては最高級ブランド」の女子で、自転車通学で通る人通りの少ない道についても、母親からは危ないから遠回りしなさいなどと言われたりしています。

しかし、東京ならいざ知らず、カナがいるのは町で一番立派な建物が国道沿いにあるパチンコ屋というレベルの「スゲー」田舎で、人よりイタチを見かける回数の方がまだ多い田舎道にあって、犯罪者に出くわす確率などというのは格段に低いんじゃないかと思っています。

道路沿いには「たまー」に農家がある以外は、ほとんどが畑。一ヵ所、小さな笹薮の脇を通る以外は景色に変化がありません。その笹薮に差し掛かったあたりで、その日は珍しく一人の人間と遭遇します。

二十歳そこそこで、全体にひょろっとしており、なで肩。青いチェックのシャツ。「気が弱いオタク」という感じの若者が、私(カナ)の脚 - というか正確にいうならスカートの中 - を何だかびっくりしたような目で見て行き過ぎます。

振り返るとそいつは、立ち漕ぎしながらもの凄い勢いで遠ざかって行きます。カナは思います。「なに? そのラッキーって反応・・・」「だいたいスカートの下にショートパンツ穿いてるんだから、そんな必死に覗き込んだって下着なんかぜったい見え - 」

「ボウシェッ! 」- カナから思わずネイティブばりの悪態が口をついて出てしまいます。日頃あれだけ気を付けているのに、今日に限ってショートパンツを穿き忘れています。というか、穿いてないのを忘れていたのです。

考え事をしていたからけっこう脚も開いていたはず、「たぶん、モロ見られた」とカナは思います。しかも、3枚1,000円の安パンツ。いやいや、最高級のシルクショーツだろうが、幼稚園児のおぱんつだろうが、絶対見られたくないことに変わりはありません。

と、ここまでが「カナ目線」による導入部です。対して、次にあるのがオタク風に見られた「青年目線」での語りで、

彼は、僥倖にも(!?)自分好みの女子高生 - それも下着が丸見えの - とまったく人気のないはずの、普段は通ることのない未舗装の細道で出会うなどということは、偶然にしてはできすぎているんじゃないかという思いに至ります。

僕はきっと、何かに導かれてあの時間あの場所に向かったのだろう - 事実はそうではないかもしれないけれど - 全くもってその通りで、カナは通りすがりのオタク風の男にパンツを見られたことに大いに気分を害しています - そう考えたい。これは運命なんだと。

さて、このあと二人は一体どうなってゆくのか。どんなことが二人の間でなされ、互いの気持ちがどんな風に変化をするのかしないのか。その行程こそが「バカさ」満開で、満開であるが故に、ちょっと羨ましくも、悔しくもあるわけです。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


金曜のバカ (角川文庫)

 

◆越谷 オサム
1971年東京都足立区生まれ。
学習院大学経済学部中退。

作品 「ボーナス・トラック」「階段途中のビッグ・ノイズ」「陽だまりの彼女」「空色メモリ」「せきれい荘のタマル」「いとみち」他

関連記事

『屋根をかける人』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『屋根をかける人』門井 慶喜 角川文庫 2019年3月25日初版 屋根をかける人 (角川文庫

記事を読む

『合意情死 がふいしんぢゆう』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『合意情死 がふいしんぢゆう』岩井 志麻子 角川書店 2002年4月30日初版 合意情死(がふ

記事を読む

『ヘヴン』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ヘヴン』川上 未映子 講談社文庫 2012年5月15日第一刷 ヘヴン (講談社文庫)

記事を読む

『農ガール、農ライフ』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『農ガール、農ライフ』垣谷 美雨 祥伝社文庫 2019年5月20日初版 農ガール、農ライフ

記事を読む

『奴隷小説』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『奴隷小説』桐野 夏生 文芸春秋 2015年1月30日第一刷 奴隷小説  

記事を読む

『キッドナッパーズ』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『キッドナッパーズ』門井 慶喜 文春文庫 2019年1月10日第一刷 キッドナッパーズ (文

記事を読む

『福袋』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『福袋』角田 光代 河出文庫 2010年12月20日初版 福袋 (河出文庫) 私たちは

記事を読む

『ちょっと今から人生かえてくる』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ちょっと今から人生かえてくる』北川 恵海 メディアワークス文庫 2019年7月25日初版

記事を読む

『片想い』(東野圭吾)_書評という名の読書感想文

『片想い』東野 圭吾 文春文庫 2004年8月10日第一刷 片想い (文春文庫) 十年ぶりに

記事を読む

『水やりはいつも深夜だけど』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『水やりはいつも深夜だけど』窪 美澄 角川文庫 2017年5月25日初版 水やりはいつも深夜

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑