『国道沿いのファミレス』(畑野智美)_書評という名の読書感想文

『国道沿いのファミレス』畑野 智美 集英社文庫 2013年5月25日第一刷


国道沿いのファミレス (集英社文庫)

佐藤善幸、外食チェーンの正社員。身に覚えのない女性問題が原因で左遷された先は、6年半一度も帰っていなかった故郷の町にある店舗だった。淡々と過ごそうとする善幸だが、癖のある同僚たち、女にだらしない父親、恋人の過去、親友の結婚問題など、面倒な人間関係とトラブルが次々に降りかかり・・・・。ちょっとひねくれた25歳男子の日常と人生を描いた、第23回小説すばる新人賞受賞作。(集英社文庫)

●佐藤善幸(主人公)
地元の高校を卒業すると同時に町を出て、東京の大学に進学し、東京に本社がある外食チェーンの会社に就職。彼が配属されたのはファミリーレストランの「チェリーガーデン」。都心の店舗で働き、やがては本社勤務というエリート枠での採用でした。

ところが、あと半年も経てば本社勤務になるという時期に問題が起こり、予定外の転勤が決まります。(幸か不幸か)転勤先の店舗は彼の生まれ故郷にあり、善幸は6年半ぶりに、戻るつもりのなかった関東地方の片隅の山に囲まれた小さな町に戻ることとなります。

●シンゴ(善幸の幼なじみ)
現在は図書館司書をしている彼と善幸は唯一無二の親友で、シンゴの母親の茜さんはゴールデン街の一郭で「スナック茜」を経営し、女手でひとつでシンゴを育て上げた気丈な女性です。ハーフでイケメンのシンゴの父親が外国人であるのは確かなのですが、

父親はおらず、どこの誰なのかも分かりません。シンゴには、吉田さんという恋人がいます。吉田さんは高校の時に学校全体でも一、二を争うくらいにかわいいと言われていた女性です。吉田さんとシンゴと善幸、彼ら三人は同じ中学・高校の同級生です。

●「チェリーガーデン」で働く面々(主に学生アルバイト)
ミカちゃん - 高校2年生。小柄で黒髪の、ちょっと地味めな女の子。
アキエちゃん - 大学の法学部の2年生。彼女は弁護士を目指しています。
宮本君 - アキエちゃんと同じ大学の同じ学部に通う、彼女ほどには真面目でない2年生。
星野君 - 職歴10年のベテランフリーター。30歳。キッチン担当。

●善幸の家族。(母親、じいちゃん、そして父親)
母親とじいちゃんとが血の繋がった親子。若い頃に放浪の旅人として日本中を回っていた父親は、旅の途中でまず茜さんと知り合い、そのうち茜さんと友達の母親と知り合ったあとすぐに善幸ができ、一人娘である母親のために佐藤家に婿入りした人物です。

じいちゃんが始めた電器屋を継ぐべく婿入りした父親だったのですが、彼は滅多と家にはいません。外に愛人を作ってはその愛人と暮らし、忘れかけた頃に戻って来たと思えばまた別に愛人ができ、すぐに姿をくらまします。

それでも母親は、離婚しようとはしません。愛情などこれっぽっちもないのに、父親は恥じることも隠すこともなく平然としているのに、母親が尚夫婦でいるのが善幸には理解ができません。父親こそ善幸が実家に帰りたくない元凶で、何より恨みに思っています。

●善幸の現在の恋人・佐藤綾(綾ちゃん)と、職場のもう一人の社員・山岸粧子さん
綾ちゃんは、町一番のショッピングモール「サクライ」にある携帯電話屋で働く29歳の女性です。善幸が機種変更に行ったあと、同じ佐藤姓だから覚えていたと声をかけられ、そののちすぐに関係を持ち、今では半同棲のような生活をしています。

粧子さんはバイト上がりで、短大卒業後すぐに社員になった人で、現在24歳。善幸より年下ですが、社歴は4年目で1年先輩になります。勤勉実直、善幸と違いアルバイト連中のミスに対しても容赦がありません。働き出した当初の善幸は、完全に「使えない人」だと思われてしまいます。

他には、不動産屋を営む吉田さんの父親であるとか、チェリーガーデンの店長・汐見さんといった人物も登場します。

さて、それでは一体、誰と誰がどうなふうになり、結果どうなってしまうのか?

後半は結構ハラハラ・ドキドキで、最後は「う~ん・・・、どうなのよ」と首を傾げる人がいるかも知れません。しかし、この小説が賞をとり版を重ねているのは、今どきの若者にとってはかなりリアルで、抜き差しならない何かを孕んでいる証拠なのだと思います。

主人公の善幸以外の、例えば綾ちゃんや粧子さんや星野君などについては、ある意味善幸以上に、今を生きる若者らの「実像」に近いのではないかと。彼らは誰一人自分が思うようには生きられていない - それは善幸以上にそうだと思うからです。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


国道沿いのファミレス (集英社文庫)

 

◆畑野 智美
1979年東京都生まれ。
東京女学館短期大学国際文化学科卒業。

作品 「夏のバスプール」「海の見える街」「罪のあとさき」「タイムマシンでは、行けない明日」「感情8号線」「オーディション」など

関連記事

『哀原』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『哀原』古井 由吉 文芸春秋 1977年11月25日第一刷 哀原 (1977年) 原っぱ

記事を読む

『孤独論/逃げよ、生きよ』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『孤独論/逃げよ、生きよ』田中 慎弥 徳間書店 2017年2月28日初版 孤独論 逃げよ、生き

記事を読む

『ミスター・グッド・ドクターをさがして』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『ミスター・グッド・ドクターをさがして』東山 彰良 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版 ミ

記事を読む

『おはなしして子ちゃん』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『おはなしして子ちゃん』藤野 可織 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 おはなしして子ちゃ

記事を読む

『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』羽田 圭介 講談社文庫 2018年11月15日第一刷 コン

記事を読む

『誘拐』(本田靖春)_書評という名の読書感想文

『誘拐』本田 靖春 ちくま文庫 2005年10月10日第一刷 誘拐 (ちくま文庫) 東京オリ

記事を読む

『ミート・ザ・ビート』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『ミート・ザ・ビート』羽田 圭介 文春文庫 2015年9月10日第一刷 ミート・ザ・ビート (

記事を読む

『公園』(荻世いをら)_書評という名の読書感想文

『公園』荻世 いをら 河出書房新社 2006年11月30日初版 公園  

記事を読む

『月桃夜』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『月桃夜』遠田 潤子 新潮文庫 2015年12月1日発行 月桃夜 (新潮文庫nex) この世

記事を読む

『回遊人』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『回遊人』吉村 萬壱 徳間書店 2017年9月30日初刷 回遊人 (文芸書) 妻か、妻の友人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

『破局』(遠野遙)_書評という名の読書感想文

『破局』遠野 遙 河出書房新社 2020年7月30日初版 破局

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑