『湯を沸かすほどの熱い愛』(中野量太)_書評という名の読書感想文

『湯を沸かすほどの熱い愛』中野 量太 文春文庫 2016年10月10日第一刷


湯を沸かすほどの熱い愛 (文春文庫 な 74-1)

夫が出奔し家業の銭湯は休業状態。そんな幸野双葉に突然、余命二ヶ月の宣告が。その時から双葉は「絶対にやっておくべきこと」を実行していく。失踪中の夫を連れ戻して銭湯を再開し、娘たちを独り立ちさせた。だが幸野家にはまだ大きな秘密が残されていた。熱い家族愛と驚きのラスト。話題の映画の監督自身による原作小説。(文春文庫)

「私ね・・・・・少しの延命のために、自分の、生きる意味を見失うのは絶対に嫌、私には、どうしてもやらなきゃいけない事が、まだある」

双葉が、どうしてもやらなきゃいけない事、それが何なのか俺には分かっている。辛く厳しいあの秘密に立ち向かおうとしている。強い意志を持った双葉の横顔は、今の彼女に適切な言い方じゃないかもしれないけれど、とても美しく生き生きしていた。(本文より)

ネットで何度か(映画の)予告編を観ることがありました。

日本アカデミー賞で幾つもの賞を獲ったことは知っていました。宮沢りえの演技が素晴らしく、彼女の娘を演じた杉咲花も(その年頃の少女を演じて)実に上手かったらしい。

遅ればせながら書店へ行き、原作であるこの本を買いました。一日で読み、読むとどうしても映画が観たくなり、TSUTAYAへ行ってDVDを借りました。

小説を読んで泣いて、映画を観てまた泣きました。

これは、母としているべき人間が、理不尽にもその本分を全うできないでいる様子と、それを承知で、健気に生きようとする少女や青年の姿を描いた物語です。

双葉がそうなら、双葉が守ろうとする家族もそう。探偵の滝本とその娘、流浪の旅の途中で双葉と出合う向井拓海という青年もまたそうで、彼らは自分の意思とは無関係に、知らぬあいだに、元あった家族の形が別のものへと姿を変え、否応なく今に至っています。

おしなべてそれは不幸な出来事で、彼らは一様にその境遇を耐え忍んでいます。前を向けず、ただ佇んでいます。そんな中、余命宣告を受け死に逝く双葉だけが、なお生きようと克己する姿が描き出されています。

※参考:映画では探偵の滝本を駿河太郎、向井拓海を松坂桃李が演じています。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


湯を沸かすほどの熱い愛 (文春文庫 な 74-1)

◆中野 量太
1973年京都府京都市生まれ。
京都産業大学卒業後、日本映画学校(現・日本映画大学)に入学。

作品 卒業制作の『バンザイ人生まっ赤っか』が日本映画学校今村昌平賞、TAMA NEW WAVEグランプリなどを受賞。以後、制作した映画で数多くの受賞歴あり。

関連記事

『妖談』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『妖談』車谷 長吉 文春文庫 2013年7月10日第一刷 妖談 (文春文庫)  

記事を読む

『嗤う淑女』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女』中山 七里 実業之日本社文庫 2018年4月25日第6刷 嗤う淑女 (実業之日本

記事を読む

『セイレーンの懺悔』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『セイレーンの懺悔』中山 七里 小学館文庫 2020年8月10日初版 セイレーンの懺悔 (小

記事を読む

『ダブル』(永井するみ)_極上のサスペンスは日常から生まれる

『ダブル』永井 するみ 双葉文庫 2020年2月15日第1刷 ダブル<新装版> (双葉文庫)

記事を読む

『憂鬱たち』(金原ひとみ)_書評という名の読書感想文

『憂鬱たち』金原 ひとみ 文芸春秋 2009年9月30日第一刷 憂鬱たち (文春文庫)

記事を読む

『十九歳のジェイコブ』(中上健次)_書評という名の読書感想文

『十九歳のジェイコブ』中上 健次 角川文庫 2006年2月25日改版初版発行 十九歳のジェイコブ

記事を読む

『アミダサマ』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『アミダサマ』沼田 まほかる 光文社文庫 2017年11月20日初版 アミダサマ (光文社文庫

記事を読む

『痺れる』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『痺れる』沼田 まほかる 光文社文庫 2012年8月20日第一刷 痺れる (光文社文庫)

記事を読む

『夜明けの音が聞こえる』(大泉芽衣子)_書評という名の読書感想文

『夜明けの音が聞こえる』大泉 芽衣子 集英社 2002年1月10日第一刷 夜明けの音が聞こえる

記事を読む

『七色の毒』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『七色の毒』中山 七里 角川文庫 2015年1月25日初版 七色の毒 (単行本) &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑