『エイジ』(重松清)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/09/23 『エイジ』(重松清), 作家別(さ行), 書評(あ行), 重松清

『エイジ』重松 清 新潮文庫 2004年7月1日発行


エイジ (新潮文庫)

 

重松清の小説が嫌いだと言う人はあまりいないと思います。
特にこの人と同年輩の読者は、特別好きではなくても、重松清が伝えようとするものには大いに納得して、感動もするのです。それは、同じ時代を生きてきた人間だからこそ分かる色合いや匂いを、この作家が世代を代表して語ってくれているからです。

小説の中にこんな一節があります。
「今夜の夕食はサバの味噌煮、大根とホタテ貝のサラダ、けんちん汁。好きなおかずはなにもない。ゆうべの残り物のカレーが小鉢に入っていたので、それをメインに食べることにした。」
中学生のエイジは、母親の献立を眺めてこんな風に思うのです。本編には関係ないのですが、こんなのを読むと気持ちが一気に中学生の頃に舞い戻るのは私だけでしょうか。私は質素な田舎育ちですから、ホタテ貝の入ったサラダなど見たこともありませんでしたし、その分カレーはなおご馳走でした。鶏肉がちょこっと印のように入ったカレーの残りを、次の朝惜しむように食べていたものです。

この小説の主人公・エイジがもし重松清自身の中学時代を模しているなら、時代は1977年ということになります。77年と言えば巨人の王貞治が対ヤクルト戦でホームランの世界新記録となる756号を打った年です。翌年には、世間をあっと言わせた江川卓の「空白の一日」がありました。人気アイドルグループのキャンディーズが解散し、インベーダーゲームが大流行して100円硬貨が不足する事態にまでなったのです。
・・・・・・・・・・
エイジは14歳、東京郊外の桜ヶ丘ニュータウンにある中学校の2年生です。
夏休み前に発生した連続通り魔事件は、8月には20件を超えるまでになっていました。町は事件の話で持ち切りです。二学期が始まったエイジのクラスでも、根も葉もないうわさ話が絶えません。

10月に入ったある日、とうとう犯人が捕まるのですが、何とそれはエイジの同級生でクラスメイトの石川貴史ことタカやんだったのです。タカやんは、クラスで目立つような存在ではありませんでした。改めてどんな奴だったのかを思い出そうとしても、具体的な像にならないエイジです。同級生たちも、タカやんの動機が何一つ思い浮かびません。

クラスは浮き足立ち、学校は激しい取材攻勢の対応に追われます。先生たちは事件のことについてはっきり説明しません。ただ気をつけろと言うだけで、タカやんの名前すら言わないのです。エイジは周囲の反応に翻弄され、自分の気持ちをつかみあぐねています。

エイジはタカやんのことを「かわいそう」だと思ってはいません。しかし、被害者の手記に書かれていたように「許さない」とも思っていないのです。ちょうどその中間にエイジの気持ちはあるのですが、それをどんな言葉で言えばいいのか、今は分からないのです。

小説に描かれているエイジは、模範的な優等生です。クラス委員を決める選挙ではダントツで勉強のできるタモツくんに次いで2位、バスケのクラブでは次期キャプテン候補でした。タモツくん曰く、エイジは健康優良児ならぬ「精神優良児」なのでした。

「精神優良児」であるが故に、エイジは悩みます。
大好きなバスケができせん。成長期の男子に多い「オスグッド・シュラッター病」を患い、膝の痛みでプレーできなくなり、現在は休部状態です。岡野とのペアは鉄壁でしたが、今は遠ざけてばかりです。バスケも岡野も好きなのに、素直になれません。

相沢志穂は小柄で、ちょっとだけ太めで、丸顔のショートヘアの同級生です。エイジは志穂がなるので、自分も福祉委員になります。エイジは志穂のことが好きでした。しかし、志穂にその気配はなく、後輩の女子を紹介される始末です。

エイジの父は都立高校の教師、母と高校生の姉の4人家族です。両親は大学の同級生で、熱烈な恋愛の末に結婚し、42歳の今も仲の良い夫婦です。かつて父はサザンに憧れ、母親はユーミンなら全て歌えるのでした。
どこからみても円満すぎるくらいの家庭ですが、エイジは時々それが作り物めいてみえることがあります。わざとらしさに同調できずに、冷やかな態度を取ってしまいます。

通り魔事件、友だちや家族、好意を寄せる女子への思いなどを通して、一人の少年が少しずつ成長して行きます。小学生の幼さは消え、高校生の生臭さにはまだ少し時間があり、感じてはいるけれどそれを正確に伝える言葉や行為が見つけ出せずにいる。そんなエイジの「戸惑い」が、手に取るように分かります。エイジはまだ、中学生なのです。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


エイジ (新潮文庫)

◆重松 清

1963年岡山県津山市生まれ。
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。角川書店の編集者として勤務後、執筆活動に入る。

作品「ナイフ」「定年ゴジラ」「カカシの夏休み」「ビタミンF」「十字架」「流星ワゴン」「疾走」「カシオペアの丘で」「あすなろ三三七拍子」「星のかけら」「ゼツメツ少年」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
おかげさまでランキング上位が近づいてきました!嬉しい限りです!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『いやしい鳥』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『いやしい鳥』藤野 可織 河出文庫 2018年12月20日初版 いやしい鳥 (河出文庫)

記事を読む

『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』山田 詠美 幻冬社 2013年2月25日第一刷

記事を読む

『宇喜多の捨て嫁』(木下昌輝)_書評という名の読書感想文

『宇喜多の捨て嫁』木下 昌輝 文春文庫 2017年4月10日第一刷 宇喜多の捨て嫁 (文春文庫

記事を読む

『あおい』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『あおい』西 加奈子 小学館文庫 2007年6月11日初版 あおい (小学館文庫) &n

記事を読む

『かたみ歌』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『かたみ歌』 朱川 湊人 新潮文庫 2008年2月1日第一刷 かたみ歌 (新潮文庫) &

記事を読む

『「いじめ」をめぐる物語』(角田光代ほか)_書評という名の読書感想文

『「いじめ」をめぐる物語』角田 光代ほか 朝日文庫 2018年8月30日第一刷 「いじめ」をめ

記事を読む

『命売ります』(三島由紀夫)_書評という名の読書感想文

『命売ります』三島 由紀夫 ちくま文庫 1998年2月24日第一刷 命売ります (ちくま文庫)

記事を読む

『アンチェルの蝶』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『アンチェルの蝶』遠田 潤子 光文社文庫 2014年1月20日初版 アンチェルの蝶 (光文社文

記事を読む

『 Y 』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『 Y 』佐藤 正午 角川春樹事務所 2001年5月18日第一刷 Y (ハルキ文庫) [

記事を読む

『しゃべれども しゃべれども』(佐藤多佳子)_書評という名の読書感想文

『しゃべれども しゃべれども』佐藤 多佳子 新潮文庫 2012年6月10日27刷  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

『カウントダウン』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『カウントダウン』真梨 幸子 宝島社文庫 2020年6月18日第1刷

『悪の血』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『悪の血』草凪 優 祥伝社文庫 2020年4月20日初版 悪の

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑