『少年と犬』(馳星周)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2020/08/24 『少年と犬』(馳星周), 作家別(は行), 書評(さ行), 馳星周

『少年と犬』馳 星周 文藝春秋 2020年7月25日第4刷

【第163回 直木賞受賞作】少年と犬 (文春e-book)

傷つき、悩み、惑う人びとに寄り添っていたのは、一匹の犬だった - 。

2011年秋、仙台。震災で職を失った和正は、認知症の母とその母を介護する姉の生活を支えようと、犯罪まがいの仕事をしていた。ある日和正は、コンビニで、ガリガリに痩せた野良犬を拾う。多聞という名らしいその犬は賢く、和正はすぐに魅了された。その直後、和正はさらにギャラのいい窃盗団の運転手役の仕事を依頼され、金のために引き受けることに。そして多聞を同行させると仕事はうまくいき、多聞は和正の 「守り神」 になった。だが、多聞はいつもなぜか南の方角に顔を向けていた。多聞は何を求め、どこに行こうとしているのか・・・・・・・

犬を愛するすべての人に捧げる感涙作! (文藝春秋)

第163回 直木賞受賞作、馳星周の 『少年と犬』 を読みました。

この作品は、人と犬とを繋ぐ6話からなる連作短編集です。東日本大震災後、多聞という名のその犬は、行く先々で助けられ、幾人もの人の心に寄り添いながら、5年もの月日を経て、遠く離れた愛しい人のもとへとたどり着いたのでした。

第一話 男と犬 (宮城県仙台市名取川付近) 家族のために犯罪に手を染めた男。拾った犬は男の 「守り神」 になりました。

第二話 泥棒と犬 (仙台 ~ 新潟) 仲間割れを起こした窃盗団の男は、守り神の犬を連れて故国を目指します。

第三話 夫婦と犬 (新潟 ~ 富山) 壊れかけた夫婦は、その犬をそれぞれ別の名前で呼びました。

第四話 娼婦と犬 (富山 ~ 滋賀県大津市) 体を売って男に貢ぐ女。どん底の人生で女に温もりを与えたのは犬でした。

第五話 老人と犬 (大津 ~ 島根) 老猟師の死期を知っていたかのように、その犬はやってきたのでした。

最終話 少年と犬 犬は海を渡ります。震災のショックで心を閉ざした少年は、その犬を見た瞬間、微笑んだのでした。

小学生の頃のことです。私は学校の図書室で本を借りて読むのが好きでした。中でも繰り返し借りて読んだのが 『名犬ラッシー』 でした。映画やテレビドラマにもなりましたが、私はオリジナル・ストーリー 『名犬ラッシー 家路』 を元に制作された (子ども向けの半ば絵本の) 作品が大好きでした。7回も、8回も、借りて読んだと思います。

遠い遠いあの頃の、そんな日を思い出しました。

この本を読んでみてください係数  85/100

【第163回 直木賞受賞作】少年と犬 (文春e-book)

◆馳 星周
1965年北海道生まれ。
横浜市立大学卒業。

作品 「不夜城」「鎮魂歌 不夜城Ⅱ」「漂流街」「生誕祭」「復活祭」「アンタッチャブル」「比ぶ者なき」「神の涙」「暗手」「蒼き山嶺」「雨降る森の犬」他多数

関連記事

『迅雷』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『迅雷』黒川 博行 双葉社 1995年5月25日第一刷 迅雷 (文春文庫)  

記事を読む

『ジャズをかける店がどうも信用できないのだが・・・・・・。』(姫野 カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ジャズをかける店がどうも信用できないのだが・・・・・・。』姫野 カオルコ 徳間文庫 2016年3月

記事を読む

『なまづま』(堀井拓馬)_書評という名の読書感想文

『なまづま』堀井 拓馬 角川ホラー文庫 2011年10月25日初版 なまづま (角川ホラー文庫

記事を読む

『片想い』(東野圭吾)_書評という名の読書感想文

『片想い』東野 圭吾 文春文庫 2004年8月10日第一刷 片想い (文春文庫) 十年ぶりに

記事を読む

『蜃気楼の犬』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『蜃気楼の犬』呉 勝浩 講談社文庫 2018年5月15日第一刷 蜃気楼の犬 (講談社文庫)

記事を読む

『ファイナルガール』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『ファイナルガール』藤野 可織 角川文庫 2017年1月25日初版 ファイナルガール (角川文

記事を読む

『スペードの3』(朝井リョウ)_書評という名の読書感想文

『スペードの3』朝井 リョウ 講談社文庫 2017年4月14日第一刷 スペードの3 (講談社文

記事を読む

『静かにしなさい、でないと』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『静かにしなさい、でないと』朝倉 かすみ 集英社文庫 2012年9月25日第1刷 静かにしな

記事を読む

『さよなら渓谷』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『さよなら渓谷』 吉田 修一 新潮社 2008年6月20日発行 さよなら渓谷 (新潮文庫)

記事を読む

『十九歳のジェイコブ』(中上健次)_書評という名の読書感想文

『十九歳のジェイコブ』中上 健次 角川文庫 2006年2月25日改版初版発行 十九歳のジェイコブ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑