『殺人鬼フジコの衝動』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『殺人鬼フジコの衝動』真梨 幸子 徳間文庫 2011年5月15日初版


殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)

 

小学5年生、11歳の少女は自分をブスだと思っています。十人いれば、下から数えて二番目か三番目、もしかしたらビリッケツ。頭もよくないし、スポーツもできない。特技もなければ、後ろ盾もない。愛嬌もない上に、性格も捻じ曲がっている。

おまけにこんな両親のもとに生まれてきたので、自分の人生など高が知れている、せいぜい両親の二の舞か、下手をすれば犯罪者だ。・・・少女の両親は、悪い親の見本のような人間です。収入はあるのに浪費癖で、子供の給食費さえ滞納するような始末です。

体操着の話は、切実で胸が痛くなります。少女には妹がいるのですが、家には一着の体操着しかありません。もはや全く体型に合わないこの体操着を、姉妹は着回して使っています。さすがに運動会だけはどうにもならず、少女は妹のために学校を休みます。

3年前に買った体操着の生地は、信じられないくらい薄くなっています。そのせいで、乳房と乳首がくっきりと露わになるのが嫌でした。男子が「乳首、乳首」と囃し立てます。少女は絆創膏を探すと、それを両の乳首に貼り付けるのでした。
・・・・・・・・・・
フジコの本名は、森沢藤子。彼女は、小学生のときに何者かに両親と妹を殺害され、自らも殺されかけるという経験をします。フジコが途中で意識を失ったことで、犯人は不明のまま、物語の最後まで真相が明かされることはありません。

この事件は、読者をかなりやきもきさせます。フジコが一人殺されずに生き残ったこともそうですし、彼女が唯一目にしたピンク色の口紅を手がかりに容疑者に迫るものの、いずれも確証には到らず、可能性だけが暗示され続けます。

この事件の後、フジコは叔母の茂子に引き取られます。茂子はフジコの母親の妹で、2人の仲は決して良くはなかったのですが、茂子はあくまでも優しくフジコを受け入れます。母親のように自堕落な人間にならぬよう、茂子は事あるごとにフジコに言い含めます。

しかし、どうもこの茂子が怪しい。茂子はカルト教団の熱心な信者です。フジコが初めて家に来たときも、お守りだと言っていの一番にピンクの数珠を渡したりします。フジコをわが子のように育てる背景に、密かな企みがありそうでなりません。

フジコは何かと死んだ母親のことを持ち出す茂子を疎ましく思いますが、何より忌まわしい家庭から逃れられた解放感で一杯です。さらに、周囲から〈同情される〉自分を手に入れたことが嬉しくてなりません。憐れに見せれば、勝手に人が同情するのです。

みんなに嫌われてはならない、嫌われないよう上手く立ち回ってみせる。自分は母親とは違って、幸せな人生を必ず手に入れてみせる-この強い上昇志向とそれに付随する嫉妬心、これこそがその後のフジコの人生を貫く唯一無二の羅針盤となります。

フジコが幾多の殺人を犯した論理はこうです。自分の行く手を阻むものは、何があっても排除する。たとえ罪を犯したとしても、分からなければそれでいい。分からないのは何も無いのと等しく、何も無ければ過去など消えてなくなる。私は、何をしたわけでもない。
・・・・・・・・・・
殺人鬼としてフジコが逮捕されるまでのストーリーは、彼女の論理の滅茶苦茶さとストレートさがかえって強い説得力を生み出しているようで、大変面白く読めます。しかし、フジコばかりに気を取られていると、著者が仕組んだ本来の意図を読み損ねてしまいます。

重要なのは、フジコの生涯を語っている〈ある人物〉がいるということ。なぜ「はしがき」があり、「あとがき」があるのか、そのことを十分頭に入れて読み進む必要があります。

フジコ以外の登場人物、ここでは叔母の茂子が怪しいと書きましたが、茂子の他にも、小学5年生のフジコが初めて殺した同級生の母親や、フジコと2人目の夫との間に生まれた娘の存在を、今一度思い返してみてください。

冒頭で語られる「夢見るシャンソン人形」の逸話も重大なヒントです。この曲の原題「蠟人形、おがくず人形」の意味する先にたどり着けば、ラストに至って、それまでの景色が突如色を違えて見えてくるはずです。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)

◆真梨 幸子
1964年宮崎県生まれ。
多摩芸術学園映画科(現、多摩芸術大学映像演劇学科)卒業。

作品 「孤虫症」「えんじ色心中」「女ともだち」「深く深く、砂に埋めて」「四〇一二号室」「プライベートフィクション」「鸚鵡楼の惨劇」「人生相談」「お引っ越し」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
おかげさまでランキング上位が近づいてきました!嬉しい限りです!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『さよなら、ニルヴァーナ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ニルヴァーナ』窪 美澄 文春文庫 2018年5月10日第一刷 さよなら、ニルヴァー

記事を読む

『東京奇譚集』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『東京奇譚集』村上 春樹 新潮社 2005年9月18日発行 東京奇譚集 (新潮文庫) &

記事を読む

『作家的覚書』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『作家的覚書』高村 薫 岩波新書 2017年4月20日第一刷 作家的覚書 (岩波新書) 「図

記事を読む

『さくら』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『さくら』西 加奈子 小学館 2005年3月20日初版 さくら (小学館文庫) 「この体で、また年を

記事を読む

『あの家に暮らす四人の女』(三浦しおん)_書評という名の読書感想文

『あの家に暮らす四人の女』三浦 しおん 中公文庫 2018年9月15日7刷 あの家に暮らす四人

記事を読む

『桜の首飾り』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『桜の首飾り』千早 茜 実業之日本社文庫 2015年2月15日初版 桜の首飾り (実業之日本社

記事を読む

『花の鎖』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『花の鎖』湊 かなえ 文春文庫 2018年8月1日19刷 花の鎖 (文春文庫) 両親を亡くし

記事を読む

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷 その愛の程度 (講談社

記事を読む

『作家刑事毒島』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『作家刑事毒島』中山 七里 幻冬舎文庫 2018年10月10日初版 作家刑事毒島 (幻冬舎文庫

記事を読む

『レキシントンの幽霊』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『レキシントンの幽霊』(沈黙)村上 春樹 文春文庫 1999年10月10日第1刷 レキシントンの幽

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『本性』(黒木渚)_書評という名の読書感想文

『本性』黒木 渚 講談社文庫 2020年12月15日第1刷 本

『庭』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『庭』小山田 浩子 新潮文庫 2021年1月1日発行 庭(新潮

『プリズム』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『プリズム』百田 尚樹 幻冬舎文庫 2014年4月25日初版

『ナキメサマ』(阿泉来堂)_書評という名の読書感想文

『ナキメサマ』阿泉 来堂 角川ホラー文庫 2020年12月25日初版

『諦めない女』(桂望実)_書評という名の読書感想文

『諦めない女』桂 望実 光文社文庫 2020年10月20日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑