『静かな炎天』(若竹七海)_書評という名の読書感想文

『静かな炎天』若竹 七海 文春文庫 2016年8月10日第一刷


静かな炎天 (文春文庫)

ひき逃げで息子に重傷を負わせた男の素行調査。疎遠になっている従妹の消息。依頼が順調に解決する真夏の日。晶はある疑問を抱く(「静かな炎天」)。イブのイベントの目玉である初版サイン本を入手するため、翻弄される晶の過酷な一日(「聖夜プラス1」)。タフで不運な女探偵・葉村晶の魅力満載の短編集。(文春文庫)

女探偵・葉村晶シリーズの最新作であるらしい。(文庫のみのオリジナル作品)

「静かな炎天」は、(噂通り)確かに面白い。真夏の日中、静まり返った炎天下の住宅街で起こる出来事は、静かなればこそ、狂気を孕んだ人の息遣いといったものが感じられます。

そこでは、決してしてはならない、ある非道な行為がなされようとしています。そして、する側にはする側で、そうする他ない止むに止まれぬ事情があります。糸永さん、お母様はご無事なんですか - 女探偵は、自分でも思いがけないことを口走ります。

糸永静男町内会長は本来、みんなから信頼されるに値するまっとうな人で、それ故あれこれ画策しすぎて墓穴を掘った。探偵は思います。小心な、正直者だからこそ、あれこれ考えすぎ、やりすぎてしまったのだと。

今ならまだ、言い訳は通る。ひとと大罪についての言い訳。例えば、W・F・ハーヴィーの「炎天」のラストの一文のような。-「この暑さじゃ、人間の頭だってたいがいへんになる。」(平井呈一訳『怪奇小説傑作集1』創元推理文庫より)

私は、この短編集に至るまでの「葉村晶」を何一つ知りません。読み始めるまでは、女性であることすら知りませんでした。ずいぶんと評判がいいようなので、その理由が何なのか、それが知りたくて読んでみようと。

そして、読んでわかったことがあります。(ファンならよくご存じでしょうが)彼女は、葉村晶という女性は、まるで女性らしくないのです。仮に男性であったとしても、それはそれでかまわないのではと思うくらい「女っ気」がありません。

常の言動や、時に吐く尖ったもの言い。あるいは乾いた、軽めのジョーク - それをワイズクラック(気の利いた皮肉やいやみ)というらしい - それらは、むしろ男性がするそれではないかと。

強みであれ弱みであれ、女性としての特性を極力排除したキャラクターで、いかにも潔い。余分なものがなく、それでいて(探偵稼業に)必要なものはすべて兼ね備えている。そんな感じがします。

何より良いと思うのは過度に深刻ぶらないところで、扱う事件は相応に重大であったり極悪なのですが、受ける感じはむしろ軽妙であるように思います。あいだ間に(事件とは別の)コミカルな場面が用意されており、女探偵の別の(素)顔が垣間見えたりします。

おそらくは、そのバランスが絶妙なのだと。ありそうでないのがこのシリーズで、いそうでいないのが、四十肩に苦しむ、まるで色気のない女探偵であるように思います。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


静かな炎天 (文春文庫)

 

◆若竹 七海
1963年東京都生まれ。
立教大学文学部史学科卒業。

作品 「ぼくのミステリな時」「心のなかの冷たい何か」「プレゼント」「ヴィラ・マグノリアの殺人」「悪いうさぎ」「暗い越流」他多数

関連記事

『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その1)

『新宿鮫』(その1)大沢 在昌 光文社(カッパ・ノベルス) 1990年9月25日初版 新宿鮫

記事を読む

『インストール』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『インストール』綿矢 りさ 河出書房新社 2001年11月20日初版 インストール &n

記事を読む

『それまでの明日』(原尞)_書評という名の読書感想文

『それまでの明日』原 尞 早川書房 2018年3月15日発行 それまでの明日 11月初旬のあ

記事を読む

『憤死』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『憤死』綿矢 りさ 河出文庫 2015年3月20日初版 憤死 (河出文庫)  

記事を読む

『さいはての彼女』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『さいはての彼女』原田 マハ 角川文庫 2013年1月25日初版 さいはての彼女 (角川文庫)

記事を読む

『それを愛とは呼ばず』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『それを愛とは呼ばず』桜木 紫乃 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 それを愛とは呼ばず

記事を読む

『純喫茶』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『純喫茶』姫野 カオルコ PHP文芸文庫 2016年3月22日第一刷 純喫茶 (PHP文芸文庫

記事を読む

『遮光』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『遮光』中村 文則 新潮文庫 2011年1月1日発行 遮光 (新潮文庫)  

記事を読む

『銃とチョコレート 』(乙一)_書評という名の読書感想文

『銃とチョコレート』 乙一 講談社文庫 2016年7月15日第一刷 銃とチョコレート (講談社

記事を読む

『すべての男は消耗品である』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『すべての男は消耗品である』村上 龍 KKベストセラーズ 1987年8月1日初版 すべての男は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『また次の春へ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『また次の春へ』重松 清 文春文庫 2016年3月10日第一刷

『老後の資金がありません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『老後の資金がありません』垣谷 美雨 中公文庫 2018年3月25日初

『その可能性はすでに考えた』(井上真偽)_書評という名の読書感想文

『その可能性はすでに考えた』井上 真偽 講談社文庫 2018年2月15

『ラメルノエリキサ』(渡辺優)_書評という名の読書感想文

『ラメルノエリキサ』渡辺 優 集英社文庫 2018年2月25日第一刷

『銀河鉄道の父』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『銀河鉄道の父』門井 慶喜 講談社 2017年9月12日第一刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑