『うさぎパン』(瀧羽麻子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/08/14 『うさぎパン』(瀧羽麻子), 作家別(た行), 書評(あ行), 瀧羽麻子

『うさぎパン』瀧羽 麻子 幻冬舎文庫 2011年2月10日初版


うさぎパン (幻冬舎文庫)

 

まずは、ざっとしたあらすじを紹介することにします。

主人公の優子は、私立の女子中学から外部受験で男女共学の高校へ進学したばかりの女の子です。彼女は幼い頃に実母を亡くし、商社マンの父は単身で海外へ赴任しています。優子は現在、義母のミドリさん(彼女は義母のことをそう呼んでいます)と暮らしており、二人は極めて良好な関係を築いています。

そこへやって来るのが、家庭教師の美和ちゃんという女性。彼女は大学院で物理学を専攻している才女です。二人は気が合い、すぐに打ち解けて、勉強だけでなく次第にプライベートな話もするような親しい間柄になっていきます。

優子には、富田くんというちょっと気になる男子がいます。入学時の自己紹介がきっかけでお互いがパン好きだということが分かると、二人して放課後にパン屋めぐりなどをするようになります。優子には、それが楽しくて仕方ありません。

誰かに富田くんのことが言いたくてうずうずしているのですが、いくら仲がいいとは言え、さすがに母親であるミドリさんに話すのはどうかと思っています。そういうことからしても、美和ちゃんは優子にとって恰好の話し相手なのです。

やがて夏休みも終わり、優子は美和ちゃんの恋人の村上さんという男性とも知り合うことになり、富田くんを含めた4人で遊園地へダブルデートに出かけたりします。些細なことで優子と富田くんは喧嘩をするのですが、それも互いが好きだからこそのことで、いつしか二人は仲直りして、今更ながらに付き合うことを告白し合ったりするのです。
・・・・・・・・・・
ここまでは、言うなればお嬢様学校育ちの女子高生の、何ともほんわかした恋のお話です。読んでいると、優子や富田くんがかなり勉強のできる学生であることが分ってきますし、家庭教師の美和ちゃんは大学院生で、その恋人の村上くんは美和ちゃんが通う大学の教授になろうとしているような人物なのです。

おまけと言うと何ですが、優子の父親は海外で仕事をするようなエリートサラリーマン。みんな優秀で、経済的に余裕がある分、下卑たところが微塵もありません。

うーん・・・、これって、ちょっと「できすぎ感」がありまくりじゃございません? と感じるのは、私だけの、ただの捻くれ根性なのでしょうか。

何でしたっけ? 「ダ・ヴィンチ文学賞」なるものの大賞を受賞しているような作品なので、あからさまに貶すのもどうかと思うのですが、〈できた人物〉と〈恵まれた環境〉の中で語られる〈ほんわかとした恋の話〉が、そんなにいいのかしら?

実はこのあと、美和ちゃんと出会ったことで、優子はもう一人のある人物と「出会ってしまう」ことになります。それこそがこの小説の本質で、ちょっと現実的ではないような話なのですが、その出会いが優子を一回り大きく成長させると言うか、大人への階段を一歩登るきっかけになるわけです。

それを具体的に書く訳にはいきませんが、少なくとも著者の瀧羽麻子はそのことで小説の色合いが劇的に変わると信じて書いたと思います。気持ちは分かりますし、上手く書けていると思います。
・・・・・・・・・・
そう言っておけば、それで終わるのですが・・・、この本を買った私がどうかしていただけの話です。みなさん、幻冬舎文庫の表紙を見てみてください。何とも優し気で、メルヘンチックなイラストです。まるで、絵本の表紙のようでもあるではないですか。

何を血迷ってしまったのでしょう。いつもは見向きもしないのに、たまたま貰ったお菓子を食べたら甘すぎて、ひどく後悔したときのような読後感。

要するに、いい歳をしたオッサンが手に取るべき本ではなかったということです。瀧羽麻子さんには何の責任もないのです。

 

この本を読んでみてください係数 75/100


うさぎパン (幻冬舎文庫)

◆瀧羽 麻子
1981年兵庫県芦屋市生まれ。
京都大学経済学部卒業。

作品 「株式会社ネバーラ北関東支社」「白雪堂」「左京区七夕通り東入ル」「はれのち、ブーケ」「ふたり姉妹」他

関連記事

『冬雷』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『冬雷』遠田 潤子 創元推理文庫 2020年4月30日初版 冬雷 (創元推理文庫) 因

記事を読む

『からまる』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『からまる』千早 茜 角川文庫 2014年1月25日初版 からまる (角川文庫) 地方公務員

記事を読む

『薄闇シルエット』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『薄闇シルエット』角田 光代 角川文庫 2009年6月25日初版 薄闇シルエット (角川文庫)

記事を読む

『アミダサマ』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『アミダサマ』沼田 まほかる 光文社文庫 2017年11月20日初版 アミダサマ (光文社文庫

記事を読む

『鸚鵡楼の惨劇』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『鸚鵡楼の惨劇』真梨 幸子 小学館文庫 2015年7月12日初版 鸚鵡楼の惨劇 (小学館文庫)

記事を読む

『二十歳の原点』(高野悦子)_書評という名の読書感想文

『二十歳の原点』高野 悦子 新潮文庫 1979年5月25日発行 二十歳の原点 (新潮文庫)

記事を読む

『甘いお菓子は食べません』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『甘いお菓子は食べません』田中 兆子 新潮文庫 2016年10月1日発行 甘いお菓子は食べませ

記事を読む

『祝山』(加門七海)_書評という名の読書感想文

『祝山』加門 七海 光文社文庫 2007年9月20日初版 祝山 (光文社文庫) ホラー作家・

記事を読む

『一億円のさようなら』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『一億円のさようなら』白石 一文 徳間書店 2018年7月31日初刷 一億円のさようなら (文

記事を読む

『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1日発行 ただしくないひと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 カ

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑