『ドラママチ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2016/09/04 『ドラママチ』(角田光代), 作家別(か行), 書評(た行), 角田光代

『ドラママチ』角田 光代 文春文庫 2009年6月10日第一刷


ドラママチ (文春文庫)

 

〈高円寺〉、〈荻窪〉、〈吉祥寺〉・・・東京・中央線沿線の街を舞台にした〈待つ女〉の話が8編収められた作品集です。

表題作「ドラママチ」

眠る英俊を、向かいの席から私は眺める。こんな童話があったようだと私は考える。魔法がとけて、王子が蛙か蠅かになるのだ。(中略)英俊はそんな魔法なみの変化をとげた。腹が出て、首がYシャツにくいこみ、額がMの字形に広がった。窓ガラスに押しつけている頭頂部は、頭皮が透けて見えるほど薄くなってしまった。(本文より)

英俊はまだ30歳の半ばで、これから結婚しようという身ですから、男にとっては少々つらい状況です。場面は、英俊が温泉旅行を口実に〈私〉を誘い出し、2人の結婚を報告するために彼の実家へ行った帰り、中央線の電車の中での一コマです。

新幹線から降りて東京駅のホームに立ったとき、〈私〉は「何かおかしい、まちがっている」と気付きます。英俊はすこぶる上機嫌ですが、彼とは真逆で、〈私〉は「まちがっている何か」の正体について思いを巡らせています。

このときの〈私〉の偽らざる心境を抜粋すると、こんな感じになります。

学生の頃の、長身でスマートでこざっぱりしたみぎれいな英俊が、すっかり変身してしまったことが何より嘆かわしい。電車で大きな口を開けて眠る姿を眺めて、〈私〉は「いつ魔法がとけたのか。いつ魔法がとけてこの男は蛙になってしまったのか」と思っています。

正式なプロポーズもないまま実家へ連れて行かれ、「まるで2人で話し合って決めたことのように、すらすらと答えやがった」英俊に、「まんまとはめられた」ことに腹を立てています。

相手に会うことを待ち焦がれるような時間や、眠るのが惜しくて相手を見つめる夜、突然の贈り物に胸を躍らせるような瞬間も、もう二度とない。英俊と結婚してしまえば、そんな機会はもう永遠にないのだと思っています。
・・・・・・・・・・
家に帰るのが億劫で、〈私〉はひとり行きずりのバーに入ります。カウンターへ案内したのは、アフロヘアで頭が三倍ほどにふくれあがった男です。背後のカップルがひそかな笑い声をあげます。相手の顔だけを見つめて、テーブルの上で手を握りあって笑っています。

アフロを、〈私〉はじっと見つめます。頭が三倍にふくれあがったこの人が、今この瞬間、〈私〉を誘ってくれないか。コースターの裏側に電話番号を走り書きしてくれないか。そうしたら〈私〉はきっとついていくだろう、と思っています。

このまま何の変化もなくドラマもなく突入していくのであろう英俊との毎日、それ以外にも可能性があると認識するためになら、どこへだってついていくだろう、と思っています。
・・・・・・・・・・
思い描いていた理想と現実とのギャップを、〈私〉は中々素直に受け入れることができません。かつて眩しく輝いて見えた英俊が凡庸な男に成り下がり、その英俊と始めようとしている暮らしの行く末が思いやられ、希望が持てないでいます。

〈私〉は、唐突に「別れてしまおうか」などと思って、その思いつきに驚くほどわくわくするのです。英俊と別れさえすれば、きっと新しい恋だってできるはずで、わくわくすることも沢山あるだろうし、日常は小さなドラマに彩られるはずだと思うのです。
・・・・・・・・・・
〈私〉の心境はよ~く分かります。分かるのですが、男性の私はどうしても英俊に肩入れしたくなる。 蛙か蠅とは、ちょっとひどいじゃないですか。英俊だって、望んで蛙なんかになったわけではないのですから。

確かに、はっきりプロポーズしないのは英俊が悪いし、半分ごまかして実家へ連れて行くのも卑怯と言えば卑怯なことですが、同じ男からみれば、きっと英俊は言い切るだけの自信がないんだろうなと思ってしまうわけです。

なまじ若い頃チヤホヤされてモテたことが邪魔をして、〈普通の男〉になっただけなのに、英俊自身がどこか卑屈になっているから、堂々と〈私〉に対して物が言えなくなっているのを、どうか気付いてあげてください。私が思うに、英俊はけっこういい奴ですよ。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


ドラママチ (文春文庫)

◆角田 光代
1967年神奈川県横浜市生まれ。
早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。

作品 「空中庭園」「対岸の彼女」「紙の月」「八日目の蝉」「ロック母」「マザコン」「かなたの子」「私のなかの彼女」「笹の舟で海をわたる」「幾千の夜、昨日の月」ほか多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『空中庭園』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『空中庭園』角田 光代 文春文庫 2005年7月10日第一刷 空中庭園 (文春文庫) &

記事を読む

『中国行きのスロウ・ボート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『中国行きのスロウ・ボート』村上 春樹 文芸春秋 1983年5月20日初版 中国行きのスロウ・

記事を読む

『どろにやいと』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『どろにやいと』戌井 昭人 講談社 2014年8月25日第一刷 どろにやいと  

記事を読む

『櫛挽道守(くしひきちもり)』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『櫛挽道守(くしひきちもり)』木内 昇 集英社文庫 2016年11月25日第一刷 櫛挽道守 (

記事を読む

『蝶々の纏足・風葬の教室』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『蝶々の纏足・風葬の教室』山田 詠美 新潮社 1997年3月1日発行 蝶々の纏足・風葬の教室

記事を読む

『冬雷』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『冬雷』遠田 潤子 創元推理文庫 2020年4月30日初版 冬雷 (創元推理文庫) 因

記事を読む

『溺レる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『溺レる』川上 弘美 文芸春秋 1999年8月10日第一刷 溺レる (文春文庫) &nb

記事を読む

『金曜のバカ』(越谷オサム)_書評という名の読書感想文

『金曜のバカ』越谷 オサム 角川文庫 2012年11月25日初版 金曜のバカ (角川文庫)

記事を読む

『勁草』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『勁草』黒川 博行 徳間書店 2015年6月30日初版 勁草 (文芸書)  

記事を読む

『誰かが足りない』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『誰かが足りない』宮下 奈都 双葉文庫 2014年10月19日第一刷 誰かが足りない (双葉文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

『カウントダウン』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『カウントダウン』真梨 幸子 宝島社文庫 2020年6月18日第1刷

『悪の血』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『悪の血』草凪 優 祥伝社文庫 2020年4月20日初版 悪の

『雨の鎮魂歌』(沢村鐵)_書評という名の読書感想文

『雨の鎮魂歌』沢村 鐵 中公文庫 2018年10月25日初版

『メガネと放蕩娘』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『メガネと放蕩娘』山内 マリコ 文春文庫 2020年6月10日第1刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑