『ふたたび嗤う淑女』(中山七里)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2023/09/11 『ふたたび嗤う淑女』(中山七里), 中山七里, 作家別(な行), 書評(は行)

『ふたたび嗤う淑女』中山 七里 実業之日本社文庫 2021年8月15日初版第1刷

標的の運命を残酷に操るダークヒロイン、再臨!?
巧みな話術で唆し、餌食となった者の人生を狂わせる - 稀代の悪女・蒲生美智留が世間を震撼させた凶悪事件から三年。”野々宮恭子” と名乗る美貌の投資アドバイザーが現れた。国会議員の資金団体で事務局長を務める藤沢優美は、彼女の指南を受け、不正運用に手を染めるが・・・・・・・金と欲望にまみれた人々を弄ぶ恭子の目的とは!? 人気シリーズ第2弾! (実業之日本社文庫)

[目次]
一 藤沢優美
二 伊能典膳
三 倉橋兵衛
四 咲田彩夏
五 柳井耕一郎
エピローグ

第二話伊能典膳」 場面2より
「早まったことをしてくれたな、藤沢さん」
官給のノートパソコン。その画面に映し出された死体写真を見つめながら、丸の内署・知能犯係の富樫はぼそりと呟いた。

一億二百万円を詐取されたと見る影もなく落ち込んでいたが、それでも彼女が死んでカネが返ってくる訳ではないし、出資元が優美を免罪するとも思えない。要するにただの犬死にだ。死を選ばすとも破産宣告や民事再生の手続きを取れば、少なくとも法律上の支払義務は免除ないし軽減される。どうしてその方途を選択しなかったのか。富樫は詐欺事件が発生した際に覚えるあの憤怒と無力感を反芻する。

スマートフォンの発信記録を調べようとしたのは、ほんの思いつきだった。死を決意した優美が最期に誰と話したのか、あるいは誰と話そうとしたのか興味が湧いた。

発信相手は二人しかいなかった。自殺の直前には 「神崎亜香里」 宛てに三回、そして 「野々宮恭子」 宛てには実に十五回もの発信記録が残っている。無論これだけの回数が続いているのは相手が出なかったせいだ。ずらりと連なる 「野々宮恭子」 の名前が、優美の恨みの深さを物語っているように見える。そのうち、富樫は妙な気分に襲われ始めた。

平成十八年二月二十五日、生活プランナーの看板を掲げる蒲生美智留は自身の顧客であった鷺沼紗代に銀行のカネ二億三千万円を横領させ、そのうち二億円あまりを詐取した上で紗代を東京メトロ表参道駅のホームから突き落として轢死させた。更に平成十九年八月二十日、共犯者の実家に潜り込み、共犯者の実弟である野々宮弘樹を言葉巧みに操り、同家の父親と共犯者を殺害させた。その他にもぞろぞろと余罪が発覚し、蒲生美智留は稀代の悪女として世間を騒がすことになる。そして、この共犯者こそが野々宮恭子だった。

ところが検察側絶対有利と思われた公判においてとんでもない事実が判明する。野々宮家の事件が起きた時、野々宮恭子は思慕していた蒲生美智留そっくりに整形しており、危うく弟の手から逃れることができた。つまり本物の蒲生美智留は恭子と間違われて弘樹に殺害されてしまったのだ。(本文より)

これが世に言う 〈蒲生事件〉 のあらまし。結果として誤認逮捕された野々宮恭子は無罪放免となり、裁判は終結します。

蒲生美智留の手口は類い稀な話術で他人を唆し、つい昨日までは平々凡々だった人間を犯罪者に変貌させてしまうことでした。そして、この手口のあり様は、今回 「野々宮恭子」 と名乗る女が藤沢優美に仕掛けた策謀とまるで同じものでした。第二話で、富樫がようやくそれに気付きます。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆中山 七里
1961年岐阜県生まれ。
花園大学文学部国文科卒業。

作品 「切り裂きジャックの告白」「七色の毒」「闘う君の唄を」「連続殺人鬼カエル男」「セイレーンの懺悔」「護られなかった者たちへ」他多数

関連記事

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版 ※本書は、201

記事を読む

『向日葵の咲かない夏』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『向日葵の咲かない夏』道尾 秀介 新潮文庫 2019年4月30日59刷 直木賞作家

記事を読む

『花の鎖』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『花の鎖』湊 かなえ 文春文庫 2018年8月1日19刷 両親を亡くし仕事も失った矢先に祖母がガン

記事を読む

『ハコブネ』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『ハコブネ』村田 沙耶香 集英社文庫 2016年11月25日第一刷 セックスが辛く、もしかしたら自

記事を読む

『夢魔去りぬ』(西村賢太)_書評という名の読書感想文

『夢魔去りぬ』西村 賢太 講談社文庫 2018年1月16日第一刷 三十余年ぶりに生育の町を訪れた

記事を読む

『枯れ蔵』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『枯れ蔵』永井 するみ 新潮社 1997年1月20日発行 富山の有機米農家の水田に、T型トビイロウ

記事を読む

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版 富裕層の入居者に

記事を読む

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行 兎田孝則は焦っ

記事を読む

『八番筋カウンシル』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『八番筋カウンシル』津村 記久子 朝日文庫 2014年4月30日第一刷 小説の新人賞受賞を機に会社

記事を読む

『薄情』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『薄情』絲山 秋子 河出文庫 2018年7月20日初版 地方都市に暮らす宇田川静生は、他者への深入

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

『黒牢城』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『黒牢城』米澤 穂信 角川文庫 2024年6月25日 初版発行

『消された一家/北九州・連続監禁殺人事件』(豊田正義)_書評という名の読書感想文

『消された一家/北九州・連続監禁殺人事件』豊田 正義 新潮文庫 20

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑